« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

足柄駅から金時山、矢倉岳

23日(土)は久しぶりに箱根の金時山に行きました。

足柄駅を出て歩き出します。朝は冷え込んで霜が降りていて、かなり凍てついていました。

Img_1993

山へ向かう道。

Img_1994

右後ろを振り返ると富士山ですね。

Img_1996

味のある道標があるなぁ、と思っていたら、なんと岩田さんの道標ですね。こんな所にあるとは思いませんでした。

Img_1997

少し登った所の道標。

Img_1998

林道に出た所の道標。左の大崩落って、どんなふうになっているんでしょうね。

Img_1999

分かれ道の道標。裏には今年1月の日付が書かれていて、まだ道標を付けられているんですね。もうだいぶお年を召されていると聞いていたのに、ちょっと驚いたのと同時に頭の下がる思いでした。

尾根道になり、登っていきます。やがて足柄峠からの道と合流し、山頂直下はかなりの登り。

Img_2003

どーんと素晴らしい富士山の眺め。

Img_2006

山頂にはいつも通り、それなりに人がいます。芦ノ湖方面の眺めもなかなかです。

Img_2015

途中から車道を歩いて足柄城跡へ。富士山はだいぶ雲がかかってしまいました。

Img_2021

最後に急坂を登って、矢倉岳へ。だいぶ霞んできていましたが、まだ富士山の眺め。最後まで楽しめました。

Img_2026

矢倉沢へは急な下り。林道に出ると今回も茶畑が広がっていました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

やませみの湯(西里温泉)と美肌湯(静岡温泉)

山の帰りはやっぱり温泉。やませみの湯(西里温泉)と美肌湯(静岡温泉)に入りました。

やませみの湯は興津駅から但沼車庫行きのバスに乗り、さらに大平行きのバスに乗り換えないといけません。但沼車庫から大平行きのバスは静岡市の自主運行となっています。時間によりますが、西里温泉経由のバスならば、すぐ近くにバス停があります。違うバスならば寺尾島バス停からしばらく歩かねばなりません。

Yamaseminoyu

入浴料は2時間500円でした。券売機で買うと、初めてかどうか聞かれて、初めてだと答えると案内してくれました。浴場は内湯が一つ、露天風呂は小さめの浴槽が3つほど、あと冷泉があります。

お湯は透明でした。少し循環臭、カルキ臭があります。ただそんなに強くはありません。まあ普通のお湯かな。と思って入っていると意外にしこしこした感じがあります。アルカリ性のお湯なんでしょうね。少しぬるめの感じの露天風呂が気に入りました。残念ながらバスは1時間後。次のバスでは遅くなってしまうので、ゆっくりとは入れず、冷泉も見るだけに終わってしまいました。もう少しのんびりできたらいいのになぁ。ちょっと残念でした。

美肌湯は静岡駅から中部運転免許センター方面のバスに乗り、妙見下バス停で下車します。写真は撮り忘れました。数分で美肌湯に着きます。ここは美肌湯と書いて「びじんゆ」と読みます。以前、南アルプスの山歩きの帰りにここに寄ろうとしたときに「びはだゆ」だと思っていて、タクシーの運転手も分からなかったというエピソードがあります。

入浴料は3時間1000円。ちょっと山の帰りには高いですが、ここのお湯はなかなかです。2種類のお湯があるようですが、私はやはりカブラヲ温泉が最高です。含硫黄、ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉のお湯はぬるめですが、十分に硫化水素臭があり、しかも肌が本当にすべすべになります。これはやっぱり「びはだゆ」です。しかも、たいした時間入っていた訳でもないのに、成分が濃いのか、ふらふらしそうになるぐらい温まりました。

サウナもありますし、もちろん休憩室や食堂などもありますので、日帰り温泉施設としてはここだけでも十分楽しめるでしょう。いい温泉でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

真冨士山

17日は雨の予報だったので比較的ゆっくりめに起きて見ると雨は降っていないものの、どんよりと曇ってました。それでも雨のち晴れの予報を信じ、7時40分頃の梅ヶ島温泉方面行きのバスに乗り、俵沢で下車します。

俵峰へは、林道を登っていくのですが、じぐざぐの道はかなりきついです。汗だくになって歩いていきます。登山口がどこか分からず、作業中のおじいさんに聞いてみたところ、やさしく教えてくれました。登山口からはかなりの登り。大滝を過ぎてもさらに登り。

Mafujitenbou

ようやく伐採地に出ますが、ご覧の通り水墨画の世界でした。北風も冷たく、パーカーを着てちょうどいいくらいでした。

Mafujitoge

長いトラバース道を過ぎ、これまた急な登りを頑張って、ようやく峠のような所に着きます。小さな石仏がありました。ここから真冨士山までは10分もかかりませんでした。

Mafujisancho

山頂に着くと、ようやく天気が少しずつ回復してきて、日差しもありました。残念ながら富士山は霞がかかってほとんど見えない状態。もっと天気が良い日なら、いい眺めなんでしょうね。

Mafujitenbo2

下りは真富士峠へ下るつもりでしたが、ヲイ平へ直接下る道に入ってしまいました。まあいいか。急な下りがあります。ヲイ平を過ぎ、最後の眺め。もう天気はかなり良くなりました。

Mafujirindo

相変わらずの失敗でショートカットルートを見落とし、林道を長々と歩く羽目に。

Mafujirindo2

でも、真冨士山の眺めが楽しめてよかった気がします。

大平からバスに乗り、途中下車して、「美肌湯」で入浴し、温まって帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高ドッキョー

16日(土)~17日(日)で静岡の山に行きました。

16日は早朝の電車に乗り、興津駅へ。今回もバスの時間を間違えて1時間近く待つ羽目に。せっかくなので海の方に行ってみましたが、国道が邪魔しているので、ちょっとうるさかったのが難点でした。

バスで但沼車庫へ。たくさんバスが並んでました。

Img_1957

板井沢行きは私も含めて二人。途中で一人が降りてしまい、終点までは私一人でした。

Tarusyuraku

樽集落は山間の集落。茶畑が多いのはやはり静岡らしいですね。暖かくて、天気も良かったのですが...。

Takadokyotenboudai

樽峠までは結構長い登り。途中には水場も3箇所ほどあります。ヒュッテのある小峠ではたくさんの水が出てました。残念ながらどんより曇ってしまい、せっかくの展望台からの眺めは今二つ。

Takadokyo

山頂までは結構かかりました。誰にも会わなかったのですが、ようやく山頂手前で初めての登山者に会い、山頂にもお一人いました。ちょっと話をしたのですが、どうやら車で来ていたようでした。普通そうだよね。せっかく富士山の眺めを楽しみに来たのに、隣の山さえ見えない残念な山頂となりました。

Takadokyotsuribashi

下りは徳間峠へ。ロープの付いた下りはかなり急でちょっとびびりました。徳間峠からは普通の下りになり、久しぶりに吊り橋。揺れる橋はスリル満点です。でも、そんなに高くはないのであまり怖くはないです。

Takdokyokoyo

林道を歩いていると、まだ紅葉が残っていました。やっぱり暖かいのかな。

Oohirachabatake

大平も茶畑が広がっていました。なんとか大平車庫まで下ると3時台のバスに間に合い、やませみの湯に入って温まってから、また但沼車庫行きのバスに乗りました。この日は静岡へ出て、駅近くのホテルに泊まりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

皇鈴山から釜伏山

昨日10日(日)は久しぶりに秩父へハイキングに行きました。

東上線で小川町駅へ。下車するとすごい人。なんだなんだ、と思っていたら、たくさんのバスに吸い込まれていきます。どうやら小川町のマラソン大会が開催されるようでした。白石車庫行きのバスの時間を調べて行ったはずなのに、駅で時刻表を見ると、なんと10分前に行ったばかり。次は約1時間後になってます。ありゃ、平日と土日のダイヤを見間違えていたようです。仕方ないので、のんびりと待ちます。

かなりの人が乗ったバスを内出で下車します。バスの中の案内は打出になっているし、バス停は内出だし、山の案内書は打出だし、どれが本当なんでしょうか?

Img_1930

少し登るとお地蔵さんが山を向いていました。やっぱり里山はいい雰囲気だなぁ。

Img_1936

のんびり登っていくと、植林の中を通り、その後は自然林の気持ちいい尾根。車道に出てしばらくで二本木峠に着きます。

Img_1939

少しだけきつい登りの所もありますが、愛宕山を越えて、小さなピークも越えれば、皇鈴山のピーク。東屋もあり、休むには良い頂上です。東屋の置くには秩父の山々が見えます。

Img_1940

なんと言っても分かりやすいのはぎざぎざの両神山ですね。八丁峠に向かう道はきつかったなぁ、なんてちょっと回想気分。

Img_1945

皇鈴山からしばらく歩くと、右側がひらけた所が出ます。寄居方向でしょうか。

Img_1955

釜伏神社で安全祈願。静かな神社には誰もおらず、なんとも侘びしく感じてしまいました。釜伏山の山頂は静かな場所であまり山頂らしくない場所です。少し先から岩のある急な下りで日本水への分岐がありますが、なんと崩落の危険性がある、とのことで通行止めです。でも、40mと書かれていたので、自己責任で行ってしまいます。しっかり水が出ていて、飲んで見ると悪くない水でした。でも、普通は煮沸して飲むように注意書きがあります。

その先も結構歩きにくい場所がありましたが、林道に出れば後はのんびり歩き。風布の集落は昔は静かな場所だったのでしょうが、今はバイパスができて車の音がうるさい場所になっていました。風の道はところどころ遊歩道があり、ちょっとアップダウンがありますが、車道を歩くよりは楽しさがあります。カブスカウトの集団が歩いていて、歌を歌ったりしているのを見て、ちょっと微笑ましく思ってしまいました。

Img_1956

本当にローカルな小さな波久礼駅に着きます。北風が強く、かなり寒くなりました。もう冬はそこまで来ていますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

温泉豆知識

 本日9日(土)は冷たい雨でしたね。こんな日は温泉入浴ということで、いつもの百観音温泉に行きました。まあ、特に変わったところもないので、入浴しながら温泉について考察してみました。

 温泉が体に良いことは体験的に知られているものの、なぜ体に良いのかを完全に説明した理論は残念ながら存在しません。そもそも温泉を研究する学者がそんなに多くないようです。まあ、温泉を調べてもなかなか食べていくのは難しいからかな?

 温泉が体に効く理由はいろいろ言われていますが、私が本当にそうなのかな、と思った話は、次のようなものです。

 人間の体には良い菌、悪い菌、いろいろな菌類が住んでいることはみなさんご存じの通りです。ヨーグルトが胃腸にいいのは大腸菌に効くからですね。で、これらの菌類のうち、悪玉菌が一番住みやすい温度は普通に生活している状態での体温です。しかし、スポーツをしたり、温泉(お湯)に入ると、体温が上がります。善玉菌はこの温度になっても死滅するようなことはありませんが、悪玉菌は温度が上がると、減少することが知られています。普通のお湯でもぬるめのお湯に長い時間入れば体温が上がり、同じ効果がありますが、温泉は泉質にもよりますが保温効果のあるお湯であれば、長い時間体温を高くすることができ、普通のお湯に浸かるよりも悪玉菌を減らすことができる、ということです。昔から多浴は体に良い、と経験則として言い伝えられています。普通のお湯でも、多少の効果があると思いますが、温泉の効能が高いこともこのような話から十分にうなずけられるはずです。

 また、自分に合うお湯、合わないお湯、というものは必ず存在します。いろいろなお湯を経験することで、やはりいいお湯、自分に合うお湯がだんだんと分かってくると思います。たまには温泉に行って、リラクゼーション効果だけでなく、温泉そのものの素晴らしさを堪能してみましょう。明日の活力が沸いてくると思いますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »