« 高ドッキョー | トップページ | やませみの湯(西里温泉)と美肌湯(静岡温泉) »

真冨士山

17日は雨の予報だったので比較的ゆっくりめに起きて見ると雨は降っていないものの、どんよりと曇ってました。それでも雨のち晴れの予報を信じ、7時40分頃の梅ヶ島温泉方面行きのバスに乗り、俵沢で下車します。

俵峰へは、林道を登っていくのですが、じぐざぐの道はかなりきついです。汗だくになって歩いていきます。登山口がどこか分からず、作業中のおじいさんに聞いてみたところ、やさしく教えてくれました。登山口からはかなりの登り。大滝を過ぎてもさらに登り。

Mafujitenbou

ようやく伐採地に出ますが、ご覧の通り水墨画の世界でした。北風も冷たく、パーカーを着てちょうどいいくらいでした。

Mafujitoge

長いトラバース道を過ぎ、これまた急な登りを頑張って、ようやく峠のような所に着きます。小さな石仏がありました。ここから真冨士山までは10分もかかりませんでした。

Mafujisancho

山頂に着くと、ようやく天気が少しずつ回復してきて、日差しもありました。残念ながら富士山は霞がかかってほとんど見えない状態。もっと天気が良い日なら、いい眺めなんでしょうね。

Mafujitenbo2

下りは真富士峠へ下るつもりでしたが、ヲイ平へ直接下る道に入ってしまいました。まあいいか。急な下りがあります。ヲイ平を過ぎ、最後の眺め。もう天気はかなり良くなりました。

Mafujirindo

相変わらずの失敗でショートカットルートを見落とし、林道を長々と歩く羽目に。

Mafujirindo2

でも、真冨士山の眺めが楽しめてよかった気がします。

大平からバスに乗り、途中下車して、「美肌湯」で入浴し、温まって帰りました。

« 高ドッキョー | トップページ | やませみの湯(西里温泉)と美肌湯(静岡温泉) »

登山(静岡・伊豆)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真冨士山:

« 高ドッキョー | トップページ | やませみの湯(西里温泉)と美肌湯(静岡温泉) »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ