« 皇鈴山から釜伏山 | トップページ | 真冨士山 »

高ドッキョー

16日(土)~17日(日)で静岡の山に行きました。

16日は早朝の電車に乗り、興津駅へ。今回もバスの時間を間違えて1時間近く待つ羽目に。せっかくなので海の方に行ってみましたが、国道が邪魔しているので、ちょっとうるさかったのが難点でした。

バスで但沼車庫へ。たくさんバスが並んでました。

Img_1957

板井沢行きは私も含めて二人。途中で一人が降りてしまい、終点までは私一人でした。

Tarusyuraku

樽集落は山間の集落。茶畑が多いのはやはり静岡らしいですね。暖かくて、天気も良かったのですが...。

Takadokyotenboudai

樽峠までは結構長い登り。途中には水場も3箇所ほどあります。ヒュッテのある小峠ではたくさんの水が出てました。残念ながらどんより曇ってしまい、せっかくの展望台からの眺めは今二つ。

Takadokyo

山頂までは結構かかりました。誰にも会わなかったのですが、ようやく山頂手前で初めての登山者に会い、山頂にもお一人いました。ちょっと話をしたのですが、どうやら車で来ていたようでした。普通そうだよね。せっかく富士山の眺めを楽しみに来たのに、隣の山さえ見えない残念な山頂となりました。

Takadokyotsuribashi

下りは徳間峠へ。ロープの付いた下りはかなり急でちょっとびびりました。徳間峠からは普通の下りになり、久しぶりに吊り橋。揺れる橋はスリル満点です。でも、そんなに高くはないのであまり怖くはないです。

Takdokyokoyo

林道を歩いていると、まだ紅葉が残っていました。やっぱり暖かいのかな。

Oohirachabatake

大平も茶畑が広がっていました。なんとか大平車庫まで下ると3時台のバスに間に合い、やませみの湯に入って温まってから、また但沼車庫行きのバスに乗りました。この日は静岡へ出て、駅近くのホテルに泊まりました。

« 皇鈴山から釜伏山 | トップページ | 真冨士山 »

登山(静岡・伊豆)」カテゴリの記事

コメント

リブルさん、こんばんは。

高ドッキョウ、私も3月に行ってきましたが、結構最後の登りが厳しかった覚えがあります。展望は春霞で富士が霞みの向こうにうっすらという感じでした。

私は日帰りで時間の余裕もなかったので、やませみの湯には寄りませんでしたが、お湯の方は如何でしたか?

ゴン太さん、こんにちは。

以前から駿河の山には行きたかったのですが、なんとなく足が向いていなかった時にゴン太さんのページを見て、びっくりしたのでした。ということで、今回もしっかりゴン太さんのページを参考にさせてもらいました。

板井沢や大平は、もっと鄙びた感じの場所かと思いましたが、茶畑もあるし、住んでいる人も多いし、そんなに田舎っぽくないですね。普通の都市郊外という感じの雰囲気だったのは意外でした。

宿を予約した時は土日とも晴れの予報だったのですが、前日になったら、急に天気が悪い予想になっていて、行ってみたらやはりという感じでした。でも、雨には降られなかったし、まあ、これも仕方ないかな。しかし、今年は冬まで雨が多いですね。そろそろ晴れが続いてもいい頃なんだけどなぁ。

確かに最後の登りは少しきつかったです。アルペンガイドの時間はかなり健脚向きですね。下りはともかく、登りはこの時間では次の日の真富士山も含めてとても無理でした。

しかし、ゴン太さんの山選びは渋いですよね。今度「師匠」と呼んでもよろしいですか?先週の稲含山もいいですね。私もいつか行きたいと思っていながら、まだ実現できていなかったのです。林道歩きは長いみたいですけど...。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高ドッキョー:

« 皇鈴山から釜伏山 | トップページ | 真冨士山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ