« 深川七福神 | トップページ | 百蔵山から扇山 »

芳賀富士(栃木の里山ウォーク)

本日3日(祝)は栃木の里山ウォークに行ってきました。ついでにちょっと鉄もね。(^^;

Img_2032

小山駅から水戸線で下館駅へ。水戸線でも十分ローカル色満載ですが、真岡鉄道はやっぱり気動車一両の超ローカル。人は少なく、やっぱり赤字なんでしょうね。

Img_2034

七井駅で下車します。きれいな駅舎でちょっと似合わない感じ。駅前は民家しかありません。ちょっと間違った方向へ行ってしまい、8分ほどロス。

Img_2037

ようやく芳賀富士が見えてきました。

Img_2040

ようやく安善寺に到着。かなり古い寺院です。1730年に再建されたものらしいですが、十分に古刹です。

Img_2041

ようやく芳賀富士に到着。しっかり三角点がありました。

Img_2043

下って安楽寺へ向かいます。新春用に藁を干しているのかな。

Img_2045

途中から道標に従って入るのですが、あんまり人が歩いていない感じがあって、なかなかいい道でした。

Img_2047

農地に入り、芳賀富士がようやく見えました。

Img_2049

最後は茂木駅。のんびりとまた真岡鉄道に乗り、帰途につきます。早い時間でしたので、いつもの百観音温泉で今年の初湯に入り、いい一日でした。

« 深川七福神 | トップページ | 百蔵山から扇山 »

ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

リブルさんあけましておめでとうございます。
真岡鉄道に乗ったのは、10数年前ですかね、益子の陶器まつり
で賑わっていた5月の雨巻山でした。

藁の塔は(左義長・ドンド焼き)火祭りの行事じゃないでしょうか

リブルさん、こんばんわ。
そしてあけましておめでとうございます。

3日、歩かれたのですね。ボクは朝起きたのですが、空が雲で白くなっていたので行く気になれず、また寝てしまいました。(^^ゞ 北関東はまぁまぁの天気だとは聞いていましたが、知識も土地勘もないので、幅広くいろいろ歩いているとこういう時いいですね。

あの藁の塔、ぼくもどんと焼きのだと思います。今年もどうぞ宜しくお願い致します。

takigoyamaさん、こんにちは。

>真岡鉄道に乗ったのは、10数年前ですかね、益子の陶器まつりで賑わっていた5月の雨巻山でした。

真岡鉄道が益子を通るなんて行ってみて初めて知りました。(^^;
またいつかあのあたりに行くことがあったら立ち寄ってみたいですね。

>藁の塔は(左義長・ドンド焼き)火祭りの行事じゃないでしょうか

情報ありがとうございます。なるほど、焼くんですね。

それでは、今年もよろしくお願いします。

komadoさん、こんにちは。

>ボクは朝起きたのですが、空が雲で白くなっていたので行く気になれず、また寝てしまいました。(^^ゞ

komadoさんの事だから、どこか出掛けられたのかなぁ、なんて思ってました。本当は南の方の別の山に行くつもりだったんですが、天気が良くないみたいだし、里山ウォーキングなら多少雨が降っても傘をさせば大丈夫かな、なんて感じで出掛けました。青春18切符利用だからこその歩きですね。ちなみに、参考にしたガイドはなんとあの松浦さんの記事なんですよ。超低山でも知らない町を歩いて見るのは、なかなか楽しいですよ。

>あの藁の塔、ぼくもどんと焼きのだと思います。今年もどうぞ宜しくお願い致します。

了解です。こちらこそ、今年もよろしくお願いします。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 芳賀富士(栃木の里山ウォーク):

« 深川七福神 | トップページ | 百蔵山から扇山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ