« 百蔵山から扇山 | トップページ | 水の山 八溝山 »

三浦富士から武山

疲れていたこともあって、ゆっくり起きた朝。せっかくのいい天気なので、出掛けたくなり、遅い時間からでも出掛けられる三浦富士から武山に行くことにしました。

津久井浜駅から歩き出します。

Img_2069

たくさんのキャベツ畑を見ながら歩いていきます。

Img_2072

三浦富士山頂にはたくさんの石碑と祠があります。木が邪魔しているので、眺めは今ひとつでしたが、海を見ることができました。

Img_2073

砲台山へ向かうと途中に展望台がありました。

Img_2074

砲台山には本当に砲台跡がありました。

Img_2078

武山には展望台があり、ちょっとビルとか邪魔ですが、悪くない眺めでした。わずか2時間の軽いウォーキングでしたが、なかなか楽しめました。

« 百蔵山から扇山 | トップページ | 水の山 八溝山 »

ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

僕は一騎塚から津久井浜へ歩いたことがあります。
かなり人工的な場所が多いのだけど、ウォーキングだと思えば、楽しいですよね。
なんか同じようなとこで写真撮ってるんで、背中がかゆいですよ~。

畑のバックに連なる、山並みは僕も印象に残っていて、パチリとやりました。

あれ?でも今井浜ってどこだろ?変なこと聞いちゃってごめんね~。

歩き出したら、結構きゃべつ畑が広がっていて、のんびりした雰囲気でなかなかですね。ちょっと短いけど、楽しめました。
やっぱり写真のスポットはそんなに多くないし、同じになるのかなぁ。

>あれ?でも今井浜ってどこだろ?変なこと聞いちゃってごめんね~。

うわっ、寝ぼけてたみたいです。どっから出てきたのかな。
ご指摘感謝です。(^^A アセアセ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三浦富士から武山:

« 百蔵山から扇山 | トップページ | 水の山 八溝山 »

フォト

山の本

  • 冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集

    冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集
    元の本は冠松次郎氏の山行記録が五冊に分かれ、八十八編も収録されているようですが、この本はそのうちの主要な二十二編を収録しているようです。それでも600ページ以上あり、読むのにもかなり骨が折れました。たっぷりと冠氏の世界に浸れる本だと思います。

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

無料ブログはココログ

カウンタ