« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

カタクリを見に御前山

本日はカタクリを見に御前山に行ってきました。

Img_2714

奥多摩湖から登り始めます。新緑がきれいです。

Img_2717

サス沢山を過ぎるとようやくカタクリが出てきます。思ったよりも寒いせいか、中腹ぐらいがいい感じですね。

Img_2719

結構きれいなナガバノスミレサイシンもありました。

Img_2730

カタクリはそんなに華やかな花ではないですが、やっぱりいいものですね。

Img_2731

おっとかなりきれいなアケボノスミレ。淡いピンク色がなんとも言えなかったですが、やっぱり写真では色の表現が今ひとつですね。

Img_2733

隣にもありました。

Img_2737

結構きれいなエイザンスミレ。こちらも淡いピンク色が目に焼き付きました。

Img_2746

天気が今ひとつなせいか、山頂の人出は思ったよりも少なかったです。つい先日降ったらしく雪があり、まるで3月みたいでした。

Img_2753

選挙にも行かないといけないので、さっと帰ろうと境橋へ。下っていくと、ヨゴレネコノメが結構咲いてました。地味ですね。でもちょっと蛍光ペンで塗られたみたいです。

Img_2757

アズマイチゲを結構見ました。私のコンパクトカメラだと白飛びしてしまうのですが、今日は曇っていたのでうまく撮れました。

Img_2767

タチツボにしてはきれいな株。

Img_2769

ヤマエンゴサクかな?

Img_2770

こっちもかな?ケマンは結構咲いてました。

Img_2776

沢沿いになると、やっぱりニリンソウの群落ですね。

Img_2780

最後はヤマブキがたくさんあって、目を楽しませてくれました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

軍茶利山ウォーキング

今日は疲れていたので山はお休み。でも、やっぱりいいお天気に誘われて出掛ける気になり、千葉の軍茶利山を歩くことにしました。

Img_2680

東浪見駅から歩き出します。東浪見寺の軍茶利明王立像は平安末期か鎌倉初期の作らしいです。

Img_2681

さすがに痛みが激しいみたいですね。

Img_2683

歩いていくとやっぱりスミレを見つけました。タチツボスミレはところどころに結構咲いていました。

Img_2692

大欠ノ堰のあたりは歌碑が並んでのんびりした感じです。

Img_2700

高藤山城跡は山城の跡。訪れる者も少ない場所のようで、ひっそりとしていて鳥の声と風の音だけが聞こえる場所でした。

Img_2709

たくさん咲いているのはナシの花かな?

Img_2711

家の庭ですが、これだけ咲くときれいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みなかみ町営三峰の湯

上州三峰山から下っていくと、林道に出て、しばらく車道を歩きます。右に温泉の案内があったので、旧道みたいな林道を下っていくと、意外に早く着きました。今はみなかみ町営ですが、以前は月夜野町営だったと思います。

Img_2677

入浴料は350円とやっぱり安い。お湯はアルカリ単純泉です。しかし、こんな山の中だからお湯は折り紙つき。地元や近くの人がほとんどだと思いますが、ちょっとぬるつきのある感じのお湯でした。温泉臭がしっかりあって、気泡もわずかですが体に付きます。露天風呂は内湯に比べるとお湯は今ひとつに感じましたが、それでも普通の温泉に比べたら良い方でしょう。こんな温泉なら何度でも来たいけれど、車じゃないと不便すぎる場所です。ちなみにここから駅までは約40分の道のり。逆に歩くと登りなので1時間はかかるでしょう。

いい山といいお湯に出会えて、幸せになった一日でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ノスタルジックに浸る 上州三峰山

昨日は群馬の上州三峰山に行きました。後閑駅から歩き出し、三峰山を目指します。

Img_2631

尾根に入るところには石仏がありました。冠をかぶっているようにも思えますね。

Img_2635

やっぱりスミレがありました。かなり色の濃いスミレでしたが、品種が分かりません。

Img_2637

登っていく途中にはキブシが咲いていました。

Img_2641

簡易舗装路に出るとやっばりスミレ。タチツボスミレとは思えないけど、これもなにスミレか分かりません。

Img_2659

途中は静かな歩きでしたが、山頂は団体さんが酒飲んでうるさかったです。でも、眺めはやっぱり最高ですね。去年登れなかった武尊山がちょっとうらめしいです。

Img_2663

雪が少ないと言っても、やっぱり谷川連峰はそれなりにありますね。真ん中は朝日岳あたりなのかなぁ。真っ白ですね。

Img_2676

下りは後閑林道コースへ。ガイドにはあまり歩かれていないということでしたが、思ったよりも分かりやすいコースになっていました。先週の金ヶ岳ほどではないにしてもダンコウバイがところどころ咲いていました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

すみれ散策 高尾山

やっぱりこの時期と言えば高尾山のすみれ。ということで土曜日は出掛けてきました。

バスを日影で下車して歩き出します。

Img_2558

一歩林道に足を踏み入れると沢沿いにはニリンソウがたくさん咲いています。もちろんスミレも林道脇に咲きまくっていました。

Img_2567

ヒカゲスミレかな?

Img_2571

手前の葉の長さを見るとナガバノスミレサイシンなのかなぁ?それとも白色に近いタチツボスミレですかね?

Img_2574

やっぱり日を浴びたスミレは生き生きとしていますね。

Img_2576

ちょっと怒った顔って感じ。

Img_2578

ミミガタテンナンショウは自分の腰ぐらいまでの高さがありました。

Img_2581

これもナガバノスミレサイシンかなぁ。

Img_2583

これはいつものタチツボスミレですよね。でも、結構形がきれいですね。

Img_2584

ようやく発見エイザンスミレ。比較的小さいせいか、自分のカメラではやっぱり土にピントが合ってしまうことが多くて苦労しました。

Img_2607

これもナガバノスミレサイシンなのか、他のスミレなのか、よく分かりません。知っている方がいましたら教えてください。

Img_2619

しっかり咲いたタチツボスミレはいいですね。

Img_2623

日に当たるミヤマキケマンが鮮やかでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

明野ふるさと太陽館・茅の湯

茅ヶ岳の帰りは温泉へ。明野ふるさと太陽館・茅の湯はフラワーセンターの前にあります。普段はバス便はありませんが、季節運行でフラワーセンター経由のバスがあるようです。タクシーだと韮崎駅まで3200円ぐらいでした。

Img_2537

入浴料は700円です。お湯はナトリウム - 塩化物・炭酸水素塩泉ということです。入ってみると、かなりすべすべ度の高いお湯。若干循環していますが、それでも思ったよりも塩素臭も少なく、いいお湯でした。お風呂からは南アルプスが一望できます。もう少しいいお天気だったらな、と思いましたが、タクシーの運転手さんの話ではこの時間でも全部見えているからいい方だよ、ということでした。

人が少ないせいか静かで、記憶に残るお湯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春の茅ヶ岳、金ヶ岳

そろそろ暖かくなったので、スタイルを夏向きにしてみました。

で、本日はゴン太さんのblogで元旦に行かれていた記事を参考に、茅ヶ岳に行ってきました。

Img_2456

駅前からも茅ヶ岳、金ヶ岳はよく見えます。

Img_2463

韮崎市営バスで穂坂へ。もちろん乗客は私一人。穂坂から歩き始めます。道の途中にはダンコウバイがたくさん咲いていました。

Img_2466

深田久弥氏の石碑。

Img_2467

反対を見るとしっかり茅ヶ岳が見えますね。

Img_2470

登る途中で出会ったテングチョウ。

Img_2471

女岩はしっかり水が出てました。

Img_2478

残念ながら南アルプスや富士山は霞んでいましたが、八ヶ岳だけはきれいに見えました。

Img_2491

山頂に舞うヒオドシチョウ。

Img_2507

下りもこれでもかとダンコウバイが咲いていました。

Img_2533

八ヶ岳と南アルプスの眺めの素晴らしい道。天気が良ければもっといいのでしょうが、それでも十分楽しい道でした。こんな所で余生を暮らしてみたいなぁ、なんてちょっと思ってしまうぐらい、素晴らしい所でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »