« ノスタルジックに浸る 上州三峰山 | トップページ | 軍茶利山ウォーキング »

みなかみ町営三峰の湯

上州三峰山から下っていくと、林道に出て、しばらく車道を歩きます。右に温泉の案内があったので、旧道みたいな林道を下っていくと、意外に早く着きました。今はみなかみ町営ですが、以前は月夜野町営だったと思います。

Img_2677

入浴料は350円とやっぱり安い。お湯はアルカリ単純泉です。しかし、こんな山の中だからお湯は折り紙つき。地元や近くの人がほとんどだと思いますが、ちょっとぬるつきのある感じのお湯でした。温泉臭がしっかりあって、気泡もわずかですが体に付きます。露天風呂は内湯に比べるとお湯は今ひとつに感じましたが、それでも普通の温泉に比べたら良い方でしょう。こんな温泉なら何度でも来たいけれど、車じゃないと不便すぎる場所です。ちなみにここから駅までは約40分の道のり。逆に歩くと登りなので1時間はかかるでしょう。

いい山といいお湯に出会えて、幸せになった一日でした。

« ノスタルジックに浸る 上州三峰山 | トップページ | 軍茶利山ウォーキング »

温泉(関東)」カテゴリの記事

コメント

いい感じの温泉ですね~。
この掘っ立て小屋がいいんですよね~。
なんかこの画像を見ているだけで温泉の臭いが伝わってきます。
結構、以前は福島とかの工事関係者用で無料で入れる温泉もあったみたいですね

是非、この温泉に入りに行きたいと思います~

Mineraさん、こんにちは。
返答が大変遅くなってすいません。

ここはお風呂に入ると分かるのですが、石造りの露天風呂にプレハブを後から乗せただけの作りになってます。取り壊したら露天風呂だけ残りそうな感じ。

温泉は飲まないでください、という表示がありました。おそらく循環はしているのでしょう。でも、内湯の新鮮さは本当にいい感じです。お湯自体はそんなに特筆するようなお湯ではないけれど、それがまた温泉好きにはたまらないです。

また行きたいけど、車ならともかく、歩いてはなかなか行けないのが残念です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: みなかみ町営三峰の湯:

« ノスタルジックに浸る 上州三峰山 | トップページ | 軍茶利山ウォーキング »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ