« すみれ散策 高尾山 | トップページ | みなかみ町営三峰の湯 »

ノスタルジックに浸る 上州三峰山

昨日は群馬の上州三峰山に行きました。後閑駅から歩き出し、三峰山を目指します。

Img_2631

尾根に入るところには石仏がありました。冠をかぶっているようにも思えますね。

Img_2635

やっぱりスミレがありました。かなり色の濃いスミレでしたが、品種が分かりません。

Img_2637

登っていく途中にはキブシが咲いていました。

Img_2641

簡易舗装路に出るとやっばりスミレ。タチツボスミレとは思えないけど、これもなにスミレか分かりません。

Img_2659

途中は静かな歩きでしたが、山頂は団体さんが酒飲んでうるさかったです。でも、眺めはやっぱり最高ですね。去年登れなかった武尊山がちょっとうらめしいです。

Img_2663

雪が少ないと言っても、やっぱり谷川連峰はそれなりにありますね。真ん中は朝日岳あたりなのかなぁ。真っ白ですね。

Img_2676

下りは後閑林道コースへ。ガイドにはあまり歩かれていないということでしたが、思ったよりも分かりやすいコースになっていました。先週の金ヶ岳ほどではないにしてもダンコウバイがところどころ咲いていました。

« すみれ散策 高尾山 | トップページ | みなかみ町営三峰の湯 »

登山(谷川・榛名・群馬)」カテゴリの記事

コメント

1.ニオイタチツボスミレ
2.アカネスミレ

あらら、アカネスミレは城山町で一度会っているはずですよー。
地域によって個体によって、印象は様々なので、迷ってしまうこともありますね。

イワカガミさん、こんにちは。
いつもすいません。

最初のはニオイタチツボスミレでしたか。ちょっとそんな気もしたのですが。天気も良かったですし、香りを嗅いでみれば良かったですね。

下はアカネスミレなんですね。ノジスミレかな、なんて思ってました。どうも見分けがついていないようです。(^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ノスタルジックに浸る 上州三峰山:

« すみれ散策 高尾山 | トップページ | みなかみ町営三峰の湯 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ