« 明野ふるさと太陽館・茅の湯 | トップページ | ノスタルジックに浸る 上州三峰山 »

すみれ散策 高尾山

やっぱりこの時期と言えば高尾山のすみれ。ということで土曜日は出掛けてきました。

バスを日影で下車して歩き出します。

Img_2558

一歩林道に足を踏み入れると沢沿いにはニリンソウがたくさん咲いています。もちろんスミレも林道脇に咲きまくっていました。

Img_2567

ヒカゲスミレかな?

Img_2571

手前の葉の長さを見るとナガバノスミレサイシンなのかなぁ?それとも白色に近いタチツボスミレですかね?

Img_2574

やっぱり日を浴びたスミレは生き生きとしていますね。

Img_2576

ちょっと怒った顔って感じ。

Img_2578

ミミガタテンナンショウは自分の腰ぐらいまでの高さがありました。

Img_2581

これもナガバノスミレサイシンかなぁ。

Img_2583

これはいつものタチツボスミレですよね。でも、結構形がきれいですね。

Img_2584

ようやく発見エイザンスミレ。比較的小さいせいか、自分のカメラではやっぱり土にピントが合ってしまうことが多くて苦労しました。

Img_2607

これもナガバノスミレサイシンなのか、他のスミレなのか、よく分かりません。知っている方がいましたら教えてください。

Img_2619

しっかり咲いたタチツボスミレはいいですね。

Img_2623

日に当たるミヤマキケマンが鮮やかでした。

« 明野ふるさと太陽館・茅の湯 | トップページ | ノスタルジックに浸る 上州三峰山 »

登山(高尾・中央線沿線)」カテゴリの記事

コメント

リブルさん、急に接写の腕をあげましたね。どのスミレもとてもきれいで素晴らしいです。2つめのスミレも、エイザンの下のスミレもナガバノスミレサイシンでいいですよ。タチツボとは唇弁のすじの入り方が違うので比べてみてください。

イワカガミさん、こんにちは。
お褒めの言葉、ありがとうございます。これもやはりイワカガミさんのサイトを参考にさせてもらったからですね。

どうしたらコンパクトデジカメでもうまく撮れるかな、とちょっと写真の本を買ってみました。以前はズームかつオートで撮っていたのです。でも、ズームしてもしなくてもピントの合い方が同じことに気づいたんです。絞り優先マニュアルで、露出を低めに、絞りを開放気味にして撮ってみたら、意外にピントが合うようになってくれました。

なるほど、すじの入り方が一緒ですね。ありがとうございました。昨日も群馬でスミレを見てきました。スミレは奥深いですね。ますます好きになってしまいました。高尾も通うことになりそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: すみれ散策 高尾山:

« 明野ふるさと太陽館・茅の湯 | トップページ | ノスタルジックに浸る 上州三峰山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ