« 軍茶利山ウォーキング | トップページ | 高尾山と城山 »

カタクリを見に御前山

本日はカタクリを見に御前山に行ってきました。

Img_2714

奥多摩湖から登り始めます。新緑がきれいです。

Img_2717

サス沢山を過ぎるとようやくカタクリが出てきます。思ったよりも寒いせいか、中腹ぐらいがいい感じですね。

Img_2719

結構きれいなナガバノスミレサイシンもありました。

Img_2730

カタクリはそんなに華やかな花ではないですが、やっぱりいいものですね。

Img_2731

おっとかなりきれいなアケボノスミレ。淡いピンク色がなんとも言えなかったですが、やっぱり写真では色の表現が今ひとつですね。

Img_2733

隣にもありました。

Img_2737

結構きれいなエイザンスミレ。こちらも淡いピンク色が目に焼き付きました。

Img_2746

天気が今ひとつなせいか、山頂の人出は思ったよりも少なかったです。つい先日降ったらしく雪があり、まるで3月みたいでした。

Img_2753

選挙にも行かないといけないので、さっと帰ろうと境橋へ。下っていくと、ヨゴレネコノメが結構咲いてました。地味ですね。でもちょっと蛍光ペンで塗られたみたいです。

Img_2757

アズマイチゲを結構見ました。私のコンパクトカメラだと白飛びしてしまうのですが、今日は曇っていたのでうまく撮れました。

Img_2767

タチツボにしてはきれいな株。

Img_2769

ヤマエンゴサクかな?

Img_2770

こっちもかな?ケマンは結構咲いてました。

Img_2776

沢沿いになると、やっぱりニリンソウの群落ですね。

Img_2780

最後はヤマブキがたくさんあって、目を楽しませてくれました。

« 軍茶利山ウォーキング | トップページ | 高尾山と城山 »

登山(奥多摩)」カテゴリの記事

コメント

リブルさん、スミレの同定苦労されてますね。
ちょっとお手伝いしましょう。

1.ナガバノスミレサイシン
2.アケボノスミレ
3.エイザンスミレ これは合ってます。
4.パピリオナケア 外来種です。
  

いつもありがとうこざいます。

おっと、1は以前に教えて頂いたんですよね。うーん、どうも間違えて覚えてしまったみたいです。

2はアケボノスミレなんですか。決め手は葉ですか?私の図鑑の色とまったく違っているのでまったく念頭になかったです。

4は外来種だとは。町中ならいざしらず、奥多摩の山の中まで広がっているとは驚きです。そのうちタチツボスミレも珍しいスミレになってしまう日が来るのかもしれませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カタクリを見に御前山:

« 軍茶利山ウォーキング | トップページ | 高尾山と城山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ