« 小野上温泉 | トップページ | 明野ふるさと太陽館・茅の湯 »

春の茅ヶ岳、金ヶ岳

そろそろ暖かくなったので、スタイルを夏向きにしてみました。

で、本日はゴン太さんのblogで元旦に行かれていた記事を参考に、茅ヶ岳に行ってきました。

Img_2456

駅前からも茅ヶ岳、金ヶ岳はよく見えます。

Img_2463

韮崎市営バスで穂坂へ。もちろん乗客は私一人。穂坂から歩き始めます。道の途中にはダンコウバイがたくさん咲いていました。

Img_2466

深田久弥氏の石碑。

Img_2467

反対を見るとしっかり茅ヶ岳が見えますね。

Img_2470

登る途中で出会ったテングチョウ。

Img_2471

女岩はしっかり水が出てました。

Img_2478

残念ながら南アルプスや富士山は霞んでいましたが、八ヶ岳だけはきれいに見えました。

Img_2491

山頂に舞うヒオドシチョウ。

Img_2507

下りもこれでもかとダンコウバイが咲いていました。

Img_2533

八ヶ岳と南アルプスの眺めの素晴らしい道。天気が良ければもっといいのでしょうが、それでも十分楽しい道でした。こんな所で余生を暮らしてみたいなぁ、なんてちょっと思ってしまうぐらい、素晴らしい所でした。

« 小野上温泉 | トップページ | 明野ふるさと太陽館・茅の湯 »

登山(奥秩父)」カテゴリの記事

コメント

茅ヶ岳、ついに行かれたのですね。

帰りのバス、間に合ったでしょうか? リブルさんの足だと、早く着きすぎてしまったかな?

>こんな所で余生を暮らしてみたいなぁ、なんてちょっと思ってしまう

そうそう、私も同じ場所で同じこと考えてましたヨ。それぐらいいいとこですよね。

私の方は、この週末は腰痛などで出かけられず、18きっぷは使いきれずに終わってしまいそうです。
(ToT)

ゴン太さん、こんにちは。

はい、私もいつかは行きたいと思ってましたが、ゴン太さんの記事で背中を押されました。

帰りは温泉で入浴して、タクシーに乗っちゃいました。3200円ぐらいでしたから、思ったほど高くはありませんでした。タクシーの車内でバスの文字を見掛けて、あっと思ったのですが、季節運行でこの時期は運行していなかったので、ほっとしました。

いやぁ、明野はいい所ですね。タクシーの運転手も甲府とあのあたりでそんなに離れていないのに、ずいぶん天気も違うし、台風なんかもほとんど来ないって言ってました。アルプスの山々をみながらのんびり過ごしたい場所ですね。

お仕事も大変なのに、腰痛とは大変ですね。私も先週土曜日は使い切れそうになかったので、さくっと日帰り温泉に行きました。ぜひ、ゴン太さんも青春18切符で日帰り温泉入浴してみてください。群馬の温泉もいいですけど、塩山温泉なんかもぬるぬるのお湯でいいですよ。もう少し頑張れるなら上諏訪あたりかな。ホリデー快速ビューやまなし号を行き帰りに使えば楽ですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春の茅ヶ岳、金ヶ岳:

« 小野上温泉 | トップページ | 明野ふるさと太陽館・茅の湯 »

フォト

山の本

  • 冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集

    冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集
    元の本は冠松次郎氏の山行記録が五冊に分かれ、八十八編も収録されているようですが、この本はそのうちの主要な二十二編を収録しているようです。それでも600ページ以上あり、読むのにもかなり骨が折れました。たっぷりと冠氏の世界に浸れる本だと思います。

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

無料ブログはココログ

カウンタ