« 高尾山と城山 | トップページ | 桃の木温泉 »

雪山を見る 高谷山

3日(木)は雪山を見に高谷山に出掛けてきました。

甲府駅から夜叉神峠行きのバスに乗ります。テレビが来ていて山に入る登山者の取材をしていました。リポーターの女の子がとってもキュートで、印象的でした。

夜叉神峠へ。

Dsc_0024

峠からの白鳳三山の眺めは最高です。しばらく眺めてました。

Dsc_0028

山頂は静かな雰囲気。中池方面から登って来た人と大きなザックを持った人が一人来ただけで、後は山頂独り占めでした。

Dsc_0030

やっぱり望遠レンズは手持ちだとちょっと手ぶれますね。でも、なんとか撮れたという感じです。

Dsc_0039

結構下りは急降下の所が多いです。

Dsc_0043

ツツジが咲いていましたが、なんとなく今ひとつでした。

思っていたよりも早く桃の木温泉に下り着きました。

« 高尾山と城山 | トップページ | 桃の木温泉 »

登山(南アルプス)」カテゴリの記事

コメント

まさかぁ~まさかぁ~買ったのはデジイチ??@^^@
アタチも欲すぃなぁ~~
マクロ欲しくなるし、レンズの他にも色々と欲しくなるよぉ!(笑)
まぁ一眼じゃなくても、
新しいカメラって持ってるだけでウキウキしちゃうよね^^
とりあえず、バシバシ撮っちゃったりなんかして(笑)

>リポーターの女の子がとってもキュートで、印象的でした

あらららら~(笑)
ついて行きそうだったぁ?(* ̄w ̄*)ぷぷぷ

れれちゃん、こんにちは。

はい、買ったのはデジイチです。予算オーバーで高倍率のレンズ一本しか買えなかったので、もっときれいに撮れるレンズがもう欲しくなってます。やっぱりマクロが先かなぁ。

>ついて行きそうだったぁ?(* ̄w ̄*)ぷぷぷ

さすがにそんな年じゃないです。(^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雪山を見る 高谷山:

« 高尾山と城山 | トップページ | 桃の木温泉 »

フォト

山の本

  • 冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集

    冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集
    元の本は冠松次郎氏の山行記録が五冊に分かれ、八十八編も収録されているようですが、この本はそのうちの主要な二十二編を収録しているようです。それでも600ページ以上あり、読むのにもかなり骨が折れました。たっぷりと冠氏の世界に浸れる本だと思います。

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

無料ブログはココログ

カウンタ