« 雪山を見る 高谷山 | トップページ | リベンジ長作尾根 »

桃の木温泉

高谷山から下山すると桃の木温泉の目の前に降り立ちます。

Img_2791

温泉と聞けば、もちろん入らない訳には行きません。入浴料は600円と旅館にしては安価。本館は内湯のみです。露天風呂は新和荘の方へと書かれていましたが、バスの時間も気になりますし、人が少ないと思ったので、こちらにしました。

お湯は成分表を見掛けなかったので正式には分かりませんが、きっとアルカリ単純泉なのでしょう。しかし、お湯はがんがん掛け流されています。飲泉もでき、胃腸に良いということなので、飲んでみるととても飲みやすいお湯でした。とても柔らかいお湯です。

白い小さなゴミのようなものがお湯に混じっているので、汚れかと思ったのですが、どうやら湯の花のようでした。ほんのわずかに硫化水素臭があるので、湯の花が出てもまったく不思議ではありません。

長く入ろうと思いましたけど、結構温まるお湯ですぐに熱くなってしまいました。新館はそれなりの値段するみたいですけど、登山者にはこちらの本館でも十分ではないでしょうか。雪山を降りてきて、静かな山の温泉に泊まって疲れを癒す、なんて最高だろうなと思いました。

« 雪山を見る 高谷山 | トップページ | リベンジ長作尾根 »

温泉(関東)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桃の木温泉:

« 雪山を見る 高谷山 | トップページ | リベンジ長作尾根 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

無料ブログはココログ