« 酉谷山とタワ尾根 | トップページ | シロヤシオを見に川苔山 »

片倉城跡と絹の道のお散歩

本日は天気が良かったので、片倉城跡公園と絹の道を散歩してきました。

片倉城跡公園はJR横浜線片倉駅から歩いて数分の所にあります。天体望遠鏡かと思うような大きな望遠レンズと三脚を立てている人がいました。野鳥を撮るのでしょうけど、2時30分頃ということもあってあまり鳥がいないのか、暇そうでした。

Dsc_0165

良い香りの花が咲いてましたが、エゴノキかなぁ?

Dsc_0168

絹の道は前にも歩いていますが、この時期は花もあまりないし、着いたのも夕方4時頃になってしまったので静かでした。帰りはバスに乗ろうと鑓水へ出たのですが、結局、バス停が見つからず、南大沢駅まで歩いてしまいました。

« 酉谷山とタワ尾根 | トップページ | シロヤシオを見に川苔山 »

ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

リブルさんはじめまして、ケムンパスと申します。
リブルさんのレポはニフティの会議室でよく拝見しておりました。
私も数年前まで、よく多摩丘陵の里山を歩いていたので、懐かしくなって出てきました。

エゴノキの花は、私が里山歩きを始めたきっかけとなった七国峠の相原側の入口にもあって、最初に訪れたときもちょうど満開でした。多摩丘陵の里山歩きで最初に出会った、私にとって記念すべき花なのです。(だから何だと言われてしまいそうですね)

写真の道了堂跡も懐かしいなあ。午後遅くなるとひっそりとして、住宅地の近くとしてはやや危険な場所になりますが(堂主が殺されているのでなおさらそう感じる)、静かでいいですね。
夏の夕方、のんびりここのベンチで涼んでいる時間は至福の時ですよ。

また里山歩きたくなったなあ。
里山を思い出させてくれて、ありがとうございました。

ケムンパスさん、いらっしゃいませ。

blogを始める前から里山散歩も結構好きで、ときどき出掛けています。ほとんど記録は残していないですけどね。

エゴノキは七国峠にもあるのですか。私は行ったのがずいぶん前で朱雀路という優雅な名前の道と切り開きから見えた造成中の住宅地ぐらいしか覚えてないですけど...。

やっぱり里山はいいですね。山歩きのように頑張る必要もありませんし。のんびり気分で歩けました。また、いろいろ行きたいと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 片倉城跡と絹の道のお散歩:

« 酉谷山とタワ尾根 | トップページ | シロヤシオを見に川苔山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ