« リベンジ長作尾根 | トップページ | 酉谷山とタワ尾根 »

タクシー相乗りで石保戸山

  昨日は、奥秩父の藤尾山と石保戸山を歩いてきました。

一度行ってみたい山でしたが、とても一人でタクシーを犬切峠まで乗る勇気はありません。そこでkomadoさん、かずさん、ゴン太さんに声を掛けたところ、快諾して頂き、相乗りすることになりました。犬切峠でかずさんと下車します。komadoさん、ゴン太さんはそれぞれ別な山に向かいました。

Dsc_0064

気持ちのよい尾根を歩いて藤尾山に向かいます。

Dsc_0065

途中にはオオカメノキが何本か咲いていました。

Dsc_0074

スミレなどを見ながら藤尾山へ。防火帯の登りは思ったよりもきつくて、いくつか偽ピークもあり、最後は笹の少しかぶった所を登ります。山頂は小さく、三角点と木彫りの看板がついてました。

Dsc_0092

斜面に乱れ咲くタチツボスミレ。アケボノスミレなんかも咲いてました。

犬切峠に戻って、石保戸山に向かいますが、防火帯の尾根はスミレとフデリンドウの天国。これでもかと乱れ咲いています。

Dsc_0105

かずさんが珍しいスミレを発見します。確かにこれは見たこと無いぞ!かなり大型のスミレでした。

Dsc_0109

アカネスミレですね。

Dsc_0116

うーむ、やっぱり種類が分かりません。

Dsc_0140

気持ちがいい防火帯の歩きが続きますけど、登って下って、思ったよりもきつい山です。えー、こんな斜面登るの???なんて所もありました。

Dsc_0143

かなりグロッキーな状態で石保戸山の山頂に着きます。静かなヤブ山でした。

Dsc_0145

また防火帯を下っていきます。

Dsc_0149

かずさん、待ってよー!足が速いので追い付けません。

Dsc_0150

小さな沢でまたまたかずさんが発見。ネコノメソウですかね。

Dsc_0154

白沢峠に登り返し。思ったよりも広い場所でした。

Dsc_0160

白沢へ下ります。今年初めてのヤマツツジを見掛けました。

Dsc_0161

新緑が本当に目にまぶしかったです。

« リベンジ長作尾根 | トップページ | 酉谷山とタワ尾根 »

登山(大菩薩)」カテゴリの記事

コメント

タチツボの群生うまく撮れてるじゃ~ん!
さすが一眼デジカメだね~。
僕は失敗でしたよ。
そっか~角度も重要なんだね。
勉強になりました。

でかいスミレは、図鑑を見たけどわかりませんでした。
なんだろね~?
わかったら教えてけろ~。

リブルさん、こんばんは。

昨日はタクシー相乗り、ありがとうございました。

私の行った笠取山も気持ちのいいところでしたが、こちらも気持ちよさそうな径ですね。もうちょっと藪っぽいところだとばかり思っていましたが、全然違うのですね。

花は私の方もタチツボと思われるスミレがそこらじゅうに咲いていましたが、ほかはこれといったものはなかったです。
それでもあんな素晴らしい好天のもと、遠くまだ白き山塊を飽きるぐらい眺められて、闊達な尾根とあいまって大満足の山行でした。

それもこれもリブルさんが誘ってくださったからです。
どうもありがとうございました~♪

リブルさんおはようございます。
「女王」にお会いになったようですね、いがりまさしさんは桜菫
をこう言っています。ヒナスミレはスミレのプリンセスです。

プリンセスは見かけるけど女王は見る機会が少ないです。
文字情報の(大型)と三角形の葉で判断しました。自信度8

かずさん、こんにちは。

あの写真、タチツボの色はしっかり出てますね。ボケ方がやっぱり一眼らしい感じにできました。
残念なのはタチツボスミレの姿が今ひとつ分かりにくいこと。もうほんの少しカメラを上げて、一つでもきれいなタチツボスミレの姿が写せると良かったかな。それにもう少し斜めにして斜度を減らしても良かったかも。
まあ、にわかカメラマンはこんなもんです。(^^;

しかし、カズさんは花見つけるのすごいですね~。私一人だったら、きっと見落としてますよ。

ゴン太さん、こんにちは。相乗りに参加して頂いて、本当にありがとうございました。

笠取山は2回ほど雁峠から行ってますが、結構人が多い山だったりします。GWの次の週だから、そんなでもなかったのかな?もう少し経つとシャクナゲもあったような気がします。

また、ぜひ、タクシー相乗りや一緒に山に行きましょうね。

takigoyamaさん、こんにちは。

なんと、サクラスミレですか。
ちょっと検索して見ましたが、確かにあの葉の形がそっくりですね。情報ありがとうございました。

リブルさん、こんばんわ。

行ったんですねっ!良かったぁぁぁε~( ̄、 ̄;)ホッ
なんだぁ~私2人で行ったのかと思ったわ。
4人のウチお2人さんは其々思い思いの山に行ったのか。
なるほど~みんな頭良いねぇ^^

白沢峠のトラックを見た感想は?どうだった?
これタイヤが埋まってる様に見えるね。松浦本のもそーだったよね。
カラマツの新緑キレイ。防火帯って好きだな~
トップの富士山の写真良いね^^

れれちゃん、こんにちは。

峠まで一人だと8千円近くしたみたいですから、それが2千円で済んで本当に良かったです。スミレなどの花も最高でしたし。かずさんにたくさん花も教えてもらいました。

防火帯の山がいいでしょ。写真で見て、一度は歩いて見たかったのです。白沢峠のトラックは確かに埋まってますよ。掲示板の方に近くから撮った写真を上げておきました。新緑は本当に良かったです。記憶に残る山の一つとなったようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タクシー相乗りで石保戸山:

« リベンジ長作尾根 | トップページ | 酉谷山とタワ尾根 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ