« 桃の木温泉 | トップページ | タクシー相乗りで石保戸山 »

リベンジ長作尾根

   4日(金)は三頭山の南面の尾根。以前にチャレンジして失敗した長作尾根に再チャレンジしてきました。

上野原からのバスはさすがにGWのせいか、かなりの人。増発もどんどん出てます。飯尾行きのバスに乗りますが、坪山へ行く人が多く、結構富士急バスの宣伝が効いたみたいですね。でも、バスが無くなるよりも、どんどん乗って欲しいと思います。

Img_2796

大羽根峠を越えます。途中の木陰に白いスミレが咲いていました。

ちょっと失敗して、変な道を歩いてしまい、途中でなくなってしまいます。人が絶対に登らないような斜面を登って尾根に出ます。

Img_2802

あまり踏み跡はなく、登っている人は少なさそうです。

途中には朱色のアケボノスミレをたくさん見掛けました。登り切った所には以前見た長作尾根の入口表示。思わずヤッターと声を出しそうになりました。三頭山頂はやっぱり人だらけでした。

大沢山へ行き、そこから大茅尾根を下ります。

Akebonosumire

スミレが多いので踏まないように気を付けました。

Img_2812

フデリンドウを発見。私は今年初です。

Img_2817

下部は結構歩かれているらしく、思ったよりも踏み跡があります。

Img_2819

エイザンスミレを発見。

Akanesumire_1

伐採地のあたりにはアカネスミレを見掛けました。ちょっと失敗した写真なのでうまく色が出てません。

Img_2828

気持ちのよい最後の眺めを楽しみ、大羽根峠へ。うまく歩けて最高の気分で飯尾からバスに乗り込みました。

« 桃の木温泉 | トップページ | タクシー相乗りで石保戸山 »

登山(奥多摩)」カテゴリの記事

コメント

気になるな花より(葉)が上から三番目のアケボノスミレ風の
葉がオクタマスミレにしては切れ込みが浅くナガバノアケボノ
はこれほど鋸葉ははっきりとしていない印象です。

さてそれではアケボノとフモトの交雑種?まさかスミレとは関係
がない葉が写っていましたはなしよ

takogoyamaさん、こんにちは。
このあたり、アケボノスミレがたくさん咲いていましたが、他のスミレも咲いていました。

登っている途中でさっと撮っただけで、一枚しか写真を撮っていません。このため、写っている葉がこのスミレのものかどうかは残念ながら判断できないですね。

やっぱり人の歩かない尾根にはいい花が残っていますね。一般コースのように採取する馬鹿者がいないのが救いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リベンジ長作尾根:

« 桃の木温泉 | トップページ | タクシー相乗りで石保戸山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ