« 長い登りの太郎山 | トップページ | 久しぶりに尾瀬その1 »

草津温泉

久しぶりに草津温泉に行ってきました。やっぱり何度行ってもいいものですね。

Img_0607

湯畑前の湧出地。ポコポコと空気が湧いています。

Img_0609

ちょっと天気が悪かったですが、それでも湯畑にはたくさんの観光客。

Img_0611

西の河原公園に行って、少し登ると、レンゲツツジが見頃でした。

草津温泉ホテルリゾートという宿に泊まり。こちらは万代鉱の引き湯。しかしトロトロのお湯はやっぱり最高です。成分量は3.7gとものすごく濃いわけではありませんが十分ですね。pH1.5と強酸性のお湯はちょっと腰のあたりがむずがゆくなりました。

次の日は万座温泉に行こうと思っていたのですが、雨と霧となので諦め、草津温泉内を巡ることに。大滝之湯の合わせ湯で熱いお湯に。雨が小やみになったので西の河原露天風呂の大きなお風呂を満喫。最後の締めは白旗の湯で。もちろん熱いお湯に入って足が焼けて痛くなるぐらいでした。たっぷり硫黄の匂いが体に染みつきました。

なんとなく、帰りは行ってみたくなった軽井沢へ。軽井沢と横川の間のバスは乗ったことが無かったので、一度乗りたいと思っていました。

Img_0612

以前の駅舎が記念館になっていました。横川駅行きのバスまでに時間があったので立ち寄ってみます。

Img_0614

貴賓室は椅子に座ることができます。

Img_0617

もう使わなくなったホーム。皮肉なことに、ホームの先にきれいなレンゲツツジが満開でした。

期待していた横川へのバスはバイパス経由で面白くなく、寝ているうちに横川駅に着きました。

« 長い登りの太郎山 | トップページ | 久しぶりに尾瀬その1 »

温泉(関東)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 草津温泉:

« 長い登りの太郎山 | トップページ | 久しぶりに尾瀬その1 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

無料ブログはココログ