« 檜枝岐温泉 | トップページ | 須川温泉 »

栗駒山その1

先週は栗駒山と秘湯を堪能してきました。

東北新幹線でくりこま高原駅へ。いわかがみ平行きのバスは10人程度の乗車。駐車場横から歩き始めますが、東栗駒コースを取りました。

Dsc_0431

やっぱりタムシバ。

Dsc_0433

イワカガミが出てきました。

Dsc_0434

歩きにくい道を登っていくとサラサドウダンの木にたくさん花が咲いていました。

Dsc_0437

マイヅルソウなのかな。

Dsc_0440

ツマトリソウは写真を撮るのが難しいですね。白トビ寸前。しかし、この名前は妻を娶るのか、妻を(奪い)獲るのか、どっちなんでしょうね。個人的には前者であって欲しいですけど。登山道脇にたくさん咲いていました。

Dsc_0444

沢沿いは雪渓が埋めているところもあります。天気が今ひとつ。

Dsc_0451

東栗駒山のあたりは暴風状態。そんな中でキジムシロでしょうか。よく咲いていました。

>7/1追記 キジムシロではなく、ミヤマキンバイでした。栗駒山ではこのあたりのみなぜか咲くそうです。

Dsc_0454

ゴゼンタチバナですかね。

Dsc_0455

イワイチョウでしょうか。ところどころに咲いていました。ミツガシワに少し近い感じがするなと思っていたら、後で図鑑で見るとミツガシワ科なんですね。

Dsc_0467

山頂に向かうと大量にイワカガミが!!!

Dsc_0472

とにかく、そこいらじゅうに咲いています。本当にイワカガミの多い山ですね。

Dsc_0474

タテヤマリンドウもありました。今度は晴天じゃないから色も出てます。

Dsc_0492

ショウジョウバカモありますね。

Dsc_0494

そしてヒナザクラ。小さいので風に揺れて撮影が難しいのなんの。

Dsc_0497

思ったよりも早く着いた山頂。ガスガスの中で何も見えない山頂でした。でも人は多し。

Dsc_0503

下りは産沼コースを選択します。残雪で遭難も発生といった注意書きがあってビビりますが、思ったよりも歩きやすいコースでした。ミツバオウレンかな?

Dsc_0506

わわわっ、明らかに咲きすぎでしょ、これは。

Dsc_0520

ハクサンチドリも咲いてます。

Dsc_0529

咲く寸前のコバイケイソウ。まるでソフトクリームみたい。素直にきれいだと思います。もう夏ですね。

Dsc_0535

下っていくとズダヤクシュがたくさん咲いていました。小さいお花ですけど、たくさん咲くといいものですね。

Dsc_0540

サンカヨウ。尾瀬でみたものとだいぶ違うなぁ。

Dsc_0546

思わず、あっと声を出してしまいました。須川コースとの合流直前に小さな草原があり、そこにはたくさんのワタスゲが咲いていました。

Dsc_0554

しばらく風に揺れるワタスゲの眺めを楽しみました。

Dsc_0558

須川温泉に近づいてきたので、そろそろ花は終わり?なんて思って歩いていると、まだまだイワカガミとともに小さなアカモノが咲いていました。去年の雨の中の北アルプス以来だなぁ。

Dsc_0564

名残ヶ原に出ると、ワタスゲ、イワカガミ、タテヤマリンドウが乱れ咲いていました。

Dsc_0581

おお、ウラジロヨウラクもありました。

Dsc_0584

キクのようなそうでないような。

>7/1追記 シロバナニガナのようです。やはりキク科でした。

この日は須川温泉に泊まりました。

« 檜枝岐温泉 | トップページ | 須川温泉 »

登山(東北)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 栗駒山その1:

« 檜枝岐温泉 | トップページ | 須川温泉 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ