« 久しぶりに尾瀬その1 | トップページ | 久しぶりに尾瀬その3 »

久しぶりに尾瀬その2

その1からの続きです。まだまだ尾瀬ヶ原を歩きます。

Dsc_0279

燧ヶ岳がいいですね。

Dsc_0290

ちょっと風が強くなりました。

Dsc_0291

お魚。

Dsc_0293

ヤマドリゼンマイ。取っちゃだめよ。最近は湿原が草原化しつつあるので、増えているみたいです。

Dsc_0295

竜宮を過ぎると、だいぶ人が少なくなりました。

Dsc_0299

やがて見晴の小屋が見えてきます。

Dsc_0303

おっと忘れちゃいけないイワカガミ。こっち向いてくれないのは、私が来たからかな?

Dsc_0304

白いヒメシャクナゲもありました。

Dsc_0306

見晴らしで少し休憩。美味しい清水をたっぷり飲んで、疲れてきたけど、これから尾瀬沼へ向かいます。オオカメノキがたくさん咲いてます。

Dsc_0309

ミネザクラがまだ咲いてました。

Dsc_0316

そして広い尾瀬沼。人気のなさがいいですね。

Dsc_0319

ショウジョウバカマも見ました。

Dsc_0326

これ、何のお花か分からないんです。知っている方がいたら教えてください。

Dsc_0334

もう小屋に着くと思って気を抜いていたら、樹林の下にひっそりとサンカヨウが咲いてました。

Dsc_0337

終わりかけのミネザクラ。

Dsc_0339

ようやく長蔵小屋に到着。空いていて、土曜日なのにお風呂にも入ることができ、12人部屋貸切でした。(ちょっと寂しかったけど。)夜はビジターセンターで尾瀬の話や花の写真などの解説があり、楽しい一時でした。

その3へ続く。

« 久しぶりに尾瀬その1 | トップページ | 久しぶりに尾瀬その3 »

登山(尾瀬・日光)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりに尾瀬その2:

« 久しぶりに尾瀬その1 | トップページ | 久しぶりに尾瀬その3 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ