« 久しぶりに尾瀬その3 | トップページ | 檜枝岐温泉 »

久しぶりに尾瀬その4(最終回)

尾瀬シリーズも最終回です。

三条の滝から先は静かな歩きになります。お花も少し減りますが、それでも小さな花も含めてしっかり咲いています。

Dsc_0386

ムラサキヤシオツツジはやっぱり天気がいいときれいですね。

Dsc_0390

危うく通り過ぎそうになりましたが、日影に小さなお花が咲いているなと思ったらコミヤマカタバミでした。薄紅色がなんとも言えないですね。

Dsc_0392

湿原に出るとまだミズバショウが残ってます。

Dsc_0395

池塘と木道。

Dsc_0396

そして会津駒ヶ岳方面の山々。広角だとちょっと小さくなっちゃいますね。実際はもっと大きく見えます。

Dsc_0405

一番好きなのはこのあたり。実際はもっと広く感じますよ。

Dsc_0414

そろそろ御池が近づき、もう終わりだなと思って歩いていたら、またタムシバが咲いてました。

Dsc_0421

ちょっと写真だと小さいけど、タテヤマリンドウが一面に咲いてます。

Dsc_0424

そして最後は新緑の道を歩けば、すぐ先が御池の駐車場でした。駐車場には山形から地元の福島、東京はもちろん、大阪や神戸など、いろんなナンバーの車を見掛けました。

やっぱりたくさんのお花を見られて、楽しい山歩きでした。

« 久しぶりに尾瀬その3 | トップページ | 檜枝岐温泉 »

登山(尾瀬・日光)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりに尾瀬その4(最終回):

« 久しぶりに尾瀬その3 | トップページ | 檜枝岐温泉 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ