« 須川温泉 | トップページ | 湯浜温泉、湯ノ倉温泉、温湯温泉 »

栗駒山その2

次の日もまた栗駒山に登り返します。

Dsc_0585

少し登ると黄色のお花がたくさん咲いていました。ハナニガナのようです。

Dsc_0591

今度はうまく撮れたタテヤマリンドウ。

Dsc_0594

天気が良くて須川コースは、気持ちいい登り。写真だと小さいですけど、遠くに見える山は焼石岳でしょう。

Dsc_0596

やっぱりイワカガミ。

Dsc_0599

だいぶ霞んでいますが、山々を見ます。右は湯浜温泉方面への道。

Dsc_0603

雪渓などを見ながら山頂へ向かいます。山頂はかなりの人。展望もぼんやりと霞んだ眺めであまり面白くないので、休みますが、かなりの暑さ。それでもあんまり早く下ると温泉に早く着きすぎてしまうので、手持ちぶさたになってしまいます。

Dsc_0613

やっぱりスミレを見掛けました。

Dsc_0621

湯浜温泉への道は静かな歩き。日曜日ということもあり、こちらへ下るとかなり不便になるので、まず人は来ないでしょう。このあたりは雪田もあってプロムナードでした。

Dsc_0632

ヒナザクラがやっぱりたくさん咲いていました。

Dsc_0635

樹林の中に入ると湿気の多い道になります。泥道やぬかるみの多い道で閉口します。ギンリョウソウがたくさん咲いていました。

この日は湯浜温泉に泊まりました。

次の日は温泉巡りを楽しみ、温湯温泉へ。途中、白糸の滝に立ち寄ります。

Dsc_0648

水量は少ないものの、なかなか見応えのある滝でした。林道からの一番の近道は、橋が壊れていて通れないため、誰もいませんでした。

Dsc_0652

最後は仙台藩寒湯番所跡を外から見学しました。

しかし、ここからの帰りが長かった。温湯から花山小学校へは、平日のみ一日三本の市民バスがあります。しかし、バス停は存在しません。一本は早朝なのでほとんど使えない。二本目は昼2:50で、これに乗ろうと佐藤旅館の所で待っていたら、通り過ぎようとしていたので、危うく乗り逃すところでしたが、あわてて手を振ってなんとか乗れました。ちなみにこのバスは栗原市のHPになんとか乗っていました。

Img_2950

その先の花山小学校からのバス時間は事前に調べましたが、インターネットにはどこにもありません。果たして連絡があるのかどうかかなり不安でしたが、着いてみたら、なんとかこれまた平日だけの乗り継ぎが可能です。しばらく待って乗ったのは15:30発のバス。授業を終えた小学生と乗車しました。

Img_2951

終点の築館(つきだてと読みます)営業所で下車しますが、これまた乗り継ぎが考慮されてません。駅へどうやってでようかとミヤコーバス営業所の中にいた女性の方に聞いてみましたが、別会社(写真のグリーン観光バス)の路線なら、なんとか駅に出られるということでした。親切に教えてくれた方に感謝。1時間以上待って、ようやく乗った17:35の最終バスは地元の人が一人だけ乗っている状況。この路線も存続は危ういなぁ。ということで、ようやく、出発駅のくりこま高原駅に戻ることができたのは18時少し前。家に帰り着いたのは23時頃になってました。

やっぱり東北の山はいいですね。花も温泉も記憶に残る山旅になりました。

« 須川温泉 | トップページ | 湯浜温泉、湯ノ倉温泉、温湯温泉 »

登山(東北)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 栗駒山その2:

« 須川温泉 | トップページ | 湯浜温泉、湯ノ倉温泉、温湯温泉 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ