« 高尾山と甲州古道 | トップページ | のんびり双子池テント泊その2 »

のんびり双子池テント泊その1

土日は北八ヶ岳にテント泊してきました。

2007072901

親湯入口で下車します。こんな所で下車するようなひねくれ者は私一人。久しぶりの大きなザックが重いです。 ホテルの先から橋を渡って登山道に入ります。ウツボグサがきれいに咲いていました。

2007072907

長い林道歩きです。キバナノヤマオダマキはちょっと清楚な感じですね。

2007072905

歩いていてふと脇を見るとアサギマダラがとまっているではありませんか。あわてて撮影。もう少し大きく撮ろうかと後から近づきましたが、気づかれたのか、優雅に飛び去っていきました。

2007072903

天祥寺原に出ると、右の横岳が大きいです。ロープウェイで簡単に登れる山だけど、こうして見てみると、なかなかです。

2007072904

左にはもちろん蓼科山。下ってきた人達に何組か会いました。

2007072906

ハクサンフウロ。高い山へ行けば、よく見掛けますが、こんなにじっくりと観察したことはなかったな。なかなかきれいですよね。

2007072910

ニガナがたくさん咲いていたので撮ってみたら、やんわりした、いい雰囲気になりました。

2007072908

ISOを増感しすぎて明るくなりすぎ、失敗してしまいました。リンネソウ、かわいいお花ですね。

2007072909

大河原峠へ出ると、マルバダケブキが咲いていました。でも、まだこれからみたいです。

2007072911

双子山の山頂は広い草原が広がっています。こんなときに限って、霧雨が降り出しました。三角点もしっかりあるんですね。しかし、下っていくと、雨が止み、山頂にいさせたくない力が働いたのかと思うぐらいでした。

この後は双子池へ下って泊まりました。

« 高尾山と甲州古道 | トップページ | のんびり双子池テント泊その2 »

登山(八ヶ岳)」カテゴリの記事

コメント

リブルさん、こんばんは。

わぁ、八ヶ岳~♪ いいなぁ。やっぱりこれだけ気温が上がったら、2000m以上に泊まりたいですよね。

私も、八ヶ岳で予定していたのですが、根性なしなので、日曜の予報を見て、あっさり近場の日帰りにしてしまいました。

日曜は雨に降られなかったですか?

その2、楽しみにしてますね。

ゴン太さん、こんにちは。

本当は晴れの予報だったら、別な山を予定していたのですが、そっちの方面は雨の予報でした。ということで、こういうコロコロ変わる天気予報のときは、雨でも晴れでもどちらでも対応できるような山にしちゃいます。いざとなったら、さっさとロープウェイで下って温泉浸かって帰ろうかと思って、予備プランを用意して出掛けました。

泊まりたかった双子池、本当に静かなテント場でした。これこそ北八つの良い雰囲気です。池と森しかないけど、これがまたいいですね。夜になっても野鳥の声が聞こえていました。

天気はどうせだめだと思ってましたが、日曜日も朝起きたらいい天気。結局、家まで全く降られずに済んでよかったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: のんびり双子池テント泊その1:

« 高尾山と甲州古道 | トップページ | のんびり双子池テント泊その2 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ