« 栗駒山その1 | トップページ | 栗駒山その2 »

須川温泉

栗駒山から下山して泊まったのは須川温泉。2軒の宿がありますが、そのうちの須川高原温泉に泊まりました。

Img_2935

これは湯の川。使われていない源泉がそのまま流されていて、ベンチが置いてあり、足湯になってます。好きな所で入ることができます。

Img_2939

源泉湧出地。かなりの量が湧出しているようです。

露天風呂はとても大きいもの。だいぶぬるめでしたが、長く入っていると体の芯から温まり、後から後から汗が出てきます。さすがです。酸性泉でPh2ぐらいなので、強酸性ですが思ったよりもまろやかな湯。硫黄もそれほど強くはなく、ゆっくり入れて気持ちいいお湯でした。

内湯も木造の作りで硫黄分が木に染みこんでます。こちらは露天風呂と違い、かなりの熱めのお湯。そんなに長くは入れないと思いましたが、少し体が慣れると長く入れます。これはやっぱり湯治に向くお湯ですね。ちょっともったいない気もするけど、何日も泊まって湯治をしたい気分になりました。

« 栗駒山その1 | トップページ | 栗駒山その2 »

温泉(東北)」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

私は栗駒山は3回とも秋で、いつも展望にはあまりめぐまれなかったのでした。初夏から夏の栗駒も行ってみたいと思っていました。
花はさすが東北の名山、種類も多く色もいいですね。

須川温泉は私も泊まりたいです。お湯は本当に酢のよう?で酸味が強かったですよね。自炊場も登山者に使いやすい、とのことなので、やっぱり日帰りだともったいないから泊まりがいいですかね。

金森さん、こんにちは。

もう3回も栗駒山に登られているのですか!
秋の紅葉は素晴らしいみたいですね。須川温泉の食堂にも写真が飾られていたので、しばらく眺めていました。周りに山がないのでやはり霧が湧きやすいのでしょうね。

この時期は本当に花が素晴らしいですね。イワカガミが目当てでしたが、まさかこんなにも咲いているとは思いませんでした。ヒナザクラやその他たくさんのお花を見られて大満足です。

須川温泉は私は思ったよりも酸性が強くないなと思いました。この時期は雪解け水が多いから、温泉もまろやかなのかな?去年、玉川温泉やつい先日は草津にも行っているので、体に耐性ができたのかもしれません。

今回は自炊にしようかどうしようか迷って、食事付きにしてしまいました。ここも温泉プールがあるので、ぜひどうぞ。酸性が強くて目に染みそうですけどね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 須川温泉:

« 栗駒山その1 | トップページ | 栗駒山その2 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ