« 御岳山散歩 | トップページ | 霧の三つ峠山 »

ほんのり硫化水素の香り 瀬音の湯

せっかくの連休なのに、台風の雨とは残念な。ということで、今日は日帰り温泉ということであきる野市に最近出来た瀬音の湯に行ってきました。

Img_2954

武蔵五日市から払沢の滝方面のバスに乗り、十里木バス停で下車します。テレビの取材らしく、カメラを回していました。バス停先に案内があり、それに従って歩きます。すぐに最近整備された遊歩道があり、橋を渡ります。秋川渓谷がいい感じです。

Img_2955

HPには8分とありましたが、5分ほどで到着。さすがに雨で足湯に浸かっている人はいませんでした。

Img_2956

?億円を掛けた施設らしく、とってもきれいで木をふんだんに使った建物はやすらぎを与えてくれます。入浴料は3時間800円でした。

お風呂に入ると硫化水素の香りがします。内湯は結構広く、横長のお風呂です。カランもたくさんあります。お湯は単純アルカリ温泉ですが、入るとヌルヌルするお湯で少し熱め。入ったときに感じた硫化水素臭がなんとも言えず、いいお湯。硫黄泉好きにはたまらないです。少し熱めのお湯です。アルカリ温泉は結構すぐに冷めることが多いのですが、このお湯はかなり温まってなかなか冷めないお湯でした。露天風呂もありますが、小さめ。循環のお湯で私には向かないようです。ただ、前は渓谷でその先は山。緑の雰囲気がとても良かったです。

農産物などを販売しているお店もあり、地元の喜生の生酒とコンニャクを手に入れて、帰途につきました。

とってもいいお湯でした。また何度も行くことになりそうです。

« 御岳山散歩 | トップページ | 霧の三つ峠山 »

温泉(関東)」カテゴリの記事

コメント

雨だったから、それほど混んでなかったでしょうか?
武蔵五日市駅利用の山って、最近あまり行っていなかったので、この温泉の存在を知ったのは、ここ1ヶ月のことでした。
「源泉かけ流し」・・・この言葉に弱いですよね、温泉好きは(笑)。
農産物売り場まであっちゃうと、山帰りのザックに詰め込んで帰ってきちゃいそうです。
近々行けたらいいなぁ。

chiyomiさん、こんにちは。

さすがに雨なのでそんなには混んではいなかったです。ゆっくり内湯に入れました。露天風呂は小さいので、少し待つときもあります。

掛け流しでも湯量が少ないとかなり汚れたお湯になっている施設がありますので、過大な期待はしないのですが、ここはそんなにお湯が汚れているようなことはなく、比較的きれいでした。わずかに白濁しているので多少汚れても分からないのかもしれませんが。でも、やっぱりここはいいお湯ですよ。まだ手の肌がすべすべ状態です。

朝採りのトマトやキュウリ、ジャガイモなどが並んでいて、ちょっと買おうかと思いましたが、小さなデイパックじゃ入りきらないので買いませんでした。
近くに行かれた時には、ぜひ立ち寄ってみてください。

明日は台風が抜けて天気がいいみたいなので、出掛けたいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ほんのり硫化水素の香り 瀬音の湯:

« 御岳山散歩 | トップページ | 霧の三つ峠山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

無料ブログはココログ