« 暑さバテの景信山 | トップページ | ほんのり硫化水素の香り 瀬音の湯 »

御岳山散歩

昨日7日(土)は私の散歩登山コース、御岳山から日の出山を歩いてきました。

Dsc_0670

ケーブルカーに乗って御岳山駅で降りたら、ザーザー降りの雨。ありゃ、くもりじゃなかったの?雨具も持ってたけど、どうせ汗をかくので傘で歩き出します。アカショウマが咲いていました。普通はブレ写真はボツなんですけど、傘を差しながら写したこの一枚。なんとなく雰囲気が出ているのでアップしちゃいます。

Dsc_0671

雨で閑散とした土産物屋の中の道を行き、御岳神社へ。工事で下部の門までは右の舗装路を歩くことになります。写真は御岳神社の拝殿の彫刻。真ん中のはオオカミ?

Dsc_0672

そんなに雨は強くなく、ぱらぱらと降る程度。日の出山への道もいつもと違って霧の中だと新鮮です。日の出山はこんな日でもいつもよりは少ないものの、しっかり人がいます。

Dsc_0673

雨も止み、休んでいたら少し明るくなってきました。山頂横に濃い紫のアジサイ。実際は写真よりももっと色が濃かったです。

Dsc_0676

下りに入ってもドクダミとアカショウマは多いです。林道途中でストロボを使ってみました。周りが見えなくなって、不思議な世界に。細かい花の集まりなんですね。

Dsc_0679

ホタルブクロの袋の先には細かい毛がありました。

つるつる温泉に降りて、いつものお湯に入浴。人が少ないせいか、お湯がとてもきれいで、ぬるぬる度はいつもと同じ。バスは1時間に1本。30分じゃ短いから、1時間30分後のバスにして、何度も入っては出てを繰り返しました。さすがに疲れて、帰りの電車は爆睡でした。

« 暑さバテの景信山 | トップページ | ほんのり硫化水素の香り 瀬音の湯 »

登山(奥多摩)」カテゴリの記事

コメント

リブルさん、こんばんは。

この日、私は久しぶりに奥多摩に行ってみようかなんて考えていたのですが、朝、天気予報をチェックしてみたら、9時の欄が曇りから雨に変更になっていて、中止にしたのですよ。

結局それで日曜日に予定変更して中央線沿線にチョロっと行ってきました。

今度の週末はどうも天気はかんばしくなさそう…でも、雨だと山も温泉も空いていて、かえっていいこともあるのですね。出掛けてみようかな…。

ゴン太さん、こんにちは。

天気予報、変わっていたのですね。
軽い雨ぐらいは降りそうだと思って、雨具は入れておいて良かったです。

普通の雨なら出掛けますけど、どうやら台風が近づいてますね。
さすがにもう諦めムードで、随分前に買ったのに、読んでない山の古書が何冊もあるので、ゆっくり読もうかと思ってます。

と言いつつも、台風が急に曲がって行ってしまわないかと実は密かに願ってたりして...。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 御岳山散歩:

« 暑さバテの景信山 | トップページ | ほんのり硫化水素の香り 瀬音の湯 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ