« 霧の三つ峠山 | トップページ | のんびり双子池テント泊その1 »

高尾山と甲州古道

  すっかり高尾山フリークと化して本日も歩いてきました。

Dsc_0744

少しでも涼しい道をと思い、蛇滝コースを選択。やっぱりいい選択で、沢沿いは涼しい風が吹いてました。でも、離れると暑いです。花はなく寂しいな。高尾山で休んだ後、城山に向かうとオオバギボウシが咲きかけています。かなり育っていますが、まだもう少しというところ。

Dsc_0746

オカトラノオはたくさん咲いています。

Dsc_0747

ヘビイチゴとはちょっと違う実。ナワシロイチゴあたりなのかなぁ。

Dsc_0748

白いキノコ。毒キノコなのかな。

Dsc_0749

少し赤いチダケサシはまだ咲き始めという感じでした。

Dsc_0750

城山山頂付近はたくさんのアジサイが咲いてます。

Dsc_0753

ノアザミ。

Dsc_0754

暗い林の中にあったお花。まさか高尾のこんな所にツバメオモトがあるとは思えないし、何の花なんでしょうか。ご存じの方がおりましたら、教えてください。

Dsc_0758

相模湖への道を下っていくと、またキノコ。今年は雨が多いから、キノコもたくさん生えそうな感じですね。

Dsc_0760

相模湖駅へ向かう途中で小原宿本陣屋敷を見学。見学は無料でした。

« 霧の三つ峠山 | トップページ | のんびり双子池テント泊その1 »

登山(高尾・中央線沿線)」カテゴリの記事

コメント

昨日の夕方、高尾山のお天気カメラ見てたんですよ~^^;
霧だったから、お花見行かなくて正解だったかな~って自分に言い聞かせてました(笑)
出端くじかれたので、畑にも行く気になれず、家でゴロゴロしてました(笑)

ツバメオモト似のお花は、ジャノヒゲ(またはリュウノヒゲ)っぽいねぇ。
青い実がなるやつなんだけど…高尾はこの花多いからなぁ。。
違ったらゴメンネ~調べてみてね^^;

れれちゃん、こんにちは。

高尾山駅に着いた時は霧がかかっていましたけど、だんだん天気は良い方向に向かって、小仏峠から下るときには晴れ間も見えたぐらいです。そのせいで蒸し暑かったですけど。早朝は雨が降っていて、さすがに遠くに出掛ける気にはならなかったけど、雨も止んだしちょっと出掛けたくなりました。

花の件、ありがとうございます。
図鑑でジャノヒゲは見たのですが、なんとなく違うなぁ、と思っていました。再度いろいろ調べてみたら、ようやく見つかり、オオバジャノヒゲであることが分かりました。7月中旬頃までらしいし、ちょうど花も終わりかけている感じでした。日当たりの悪い林の中に咲くようなので、生育地もぴったりでした。ちなみに青い実が成るのは冬頃ですよね?

端境期の高尾ですけど、やっぱりそれなりにありますね。今までこんな夏場に花を探して登ったことなかったからなぁ。

来週は今ひとつ天気がパッとしなさそうですけど、雨はなさそうなのでまた高い山で高山植物に会いに行きたいです。。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高尾山と甲州古道:

« 霧の三つ峠山 | トップページ | のんびり双子池テント泊その1 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

無料ブログはココログ

カウンタ