« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

板室健康のゆ グリーングリーン

バス停でバスの時間を見ると後30分。お風呂に入るには短すぎるんだけど、汗だくのまま帰りたくない。しかし、次のバスは5時台にはなく、6時台になってしまい、帰るのが夜遅くなってしまう。ということで意を決して温泉に強行突入することにしました。

2007082509

入浴料は500円と安価。受付で直接支払います。お風呂は内湯と露天風呂があります。単純温泉で柔らかいお湯。循環もしているし、普通のお湯っぽいんですが、ここのお湯は結構嫌いじゃないんです。のんびりしたいし、バスを遅らせようかな、とも思いましたけど、からすの行水にして、さくっとわずか20分で施設を出ます。しっかりバスにも乗れて、温泉入浴の最短記録でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

那須南月山から沼原、板室温泉へ

子供の頃、夏の避暑と言えば軽井沢か那須と言われていました。今まで夏には那須付近の山には出掛けたことがなかったので、涼しいかと出掛けてみました。

2007082501

黒磯駅からパスに乗り、ロープウェイ駅で下車すると、えっ、クーラー入っているの???と思うぐらい本当に涼しい。ロープウェイの中で山麓駅は21度、山頂駅は19度と案内してました。やっぱり涼しいね。やっぱりたくさんの人がいましたが、みなさん山頂を目指すので、少し登り、牛ヶ首への道に入ると静かになります。本当は山頂も行きたいけど、時間が遅くなってしまうので割愛します。

2007082502

牛ヶ首から日の出平へ。振り向くと茶臼岳が大きいです。左は無限地獄からの噴煙。

2007082504

南月山はちょうど茶臼からも反対側からも人がやってきて混雑。なので、さっさと山頂は辞退して白笹山に向かいます。伸びやかな稜線がなんとも言えないいい感じ。草原のように見えますが登山道は意外と上の開けた低木の中や樹林です。

2007082518

白笹山の山頂。標識があるだけでこじんまりした山頂。近くにはホツツジがたくさん咲いていました。

2007082505

下っていきます。ガスがときどき来ますが、標高を下げるので暑くなります。

2007082506

沼原湿原はやはりいい所。ちょっとだけ見ようと思ったのですが、かなりの 時間を掛けてしまい、完全に予定オーバー。車で来た観光客も多いですけど、三倉山の稜線がなかなかです。あそこを歩きたいなぁ。

2007082508

下りは板室温泉へ。普通は乙女の滝へ下りますが、途中から直接板室温泉に下る廃道に入ります。覚悟はしていましたが、やっぱり途中で道がなくなり、トラバースしたり、沢を渡ったり、地形を判断して下ります。時間も遅くなったし、失敗したかなとかなり不安になりました。途中にはもうほとんど見る人もいないと思われる古い道標を見掛け、ホッとして下ると源泉の近くを通り、板室温泉に出ることができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白馬岳付近のお花達

白馬岳近辺では、たくさんのお花を見掛けました。

2007081920

ミヤマシャジン。キキョウ系の花はやっぱりいいですね。

2007081921 

こんな群生がたくさんあるんですよ。

2007081922

エゾシオガマもたくさん。

2007081923

リンネソウ。ハイマツの下にたくさん群生していました。やっぱりかわいいお花ですね。

2007081924

ミヤマコゴメグサも咲いてます。

2007081925

タカネシオガマ。密集したお花がいいですね。

2007081926

ミヤマツメクサ。

2007081927

イワギキョウも大きめ。

2007081928

イブキジャコウソウもきれい。

2007081929

コマクサ~~~。もっときれいな株もありましたが写真を撮れませんでした。

2007081930

クルマユリもたくさん咲いてましたよ。群落に近づけなかったのが残念。

2007081931

やっぱりハクサンコザクラ!!!

2007081932

タテヤマウツボグサの群落。これだけ咲けばいいでしょう。

2007081933

ヤマルリトラノオのでしょうか。

2007081934

ヤマホタルブクロはシロバナばかりでした。

2007081935

ツリガネニンジンも咲いてます。

2007081936

シモツケソウ。アカバナシモツケソウだと思ってますけど、違うのかな。

とにかくたくさんのお花に出会えました。やっぱり白馬岳は花の山ですね。また行きたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みみずくの湯

白馬の最後はみみずくの湯へ。

2007081911

白馬駅へ出て、徒歩で向かいました。10分くらいでしょうか。歩いていくと、森の先にありました。

入浴料は500円です。内湯と露天風呂があります。泉質はアルカリ単純泉です。柔らかいお湯は疲れた肌にぴったり。露天風呂からの眺めは素晴らしく、歩いてきた白馬岳の眺めを楽しむことができます。風も爽やかで、露天風呂の少し熱めのお湯とぴったり。時間が11時前と早かったせいか、他に人はおらず友人と二人で独占。長くなったヒゲもそって、気持ちよく帰れました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白馬鑓温泉

白馬鑓温泉はやっぱりいい所でした。

2007081908

20張と少ないので、ちょっと心配してましたが、テントは空いていてのんびり張れました。人はやっぱり多くて、小屋は混んだだろうなぁ。

2007081910

お湯はかなり熱いです。入ったらピリピリとしてヤケドするかと思うぐらいでした。でも、きっと泉質がそういうお湯なんでしょうね。含硫黄-マグネシウム・カルシウム・炭酸水素塩泉ということです。マリンブルーの透明なお湯です。(写真のせいで、だいぶ青色が強くなってます。実際はもう少し普通の色ですよ。)左に少し見えますが、お湯が注がれています。しかし、流れ出ているお湯はこんな量じゃなかったので、別にお湯が注がれているようです。

露天風呂が混浴、内風呂が女性用になってます。8時~9時は女性専用ですが、山登りだと寝ている人が多そうな。露天風呂からの眺めは素晴らしく、気持ちいいお風呂です。囲っているものは何もなく、そのまま山々を眺めることができます。

2007081909

自分は入りませんでしたが、露天風呂の下には足湯もあります。こちらは白濁していました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

白馬大池から白馬鑓温泉

だいぶ更新が遅くなってますけど、先週は白馬大池から白馬鑓温泉に友人と行ってきました。

2007081901

新宿から特急でもいいのですが、金額的にあまり変わらないので長野新幹線で長野へ。白馬行きの特急バスに乗って栂池高原で下車しました。先週に比べるとだいぶ涼しいです。ゴンドラ、ロープウェイを乗り継ぎます。栂池自然園は見学したかったですが、片道切符では別料金だし、時間を考えて止めました。乗鞍岳までは意外と登らされます。その先は岩の多い道で歩きにくい道です。

この日はテントを張りましたが、さすがに金曜日では張っている人も少なく、静かなサイトでした。しかし、夕方から天気が悪くなり、雨も降る天気になってしまいました。

2007081902

次の日は小蓮華山経由で白馬岳へ。しかし、天気が悪く、ガスガスの天気。さらに吹き付ける風がひどく、雨も少し混じる中で、とにかくひたすら登るだけ。お花をたくさん見たのに、とても写真を撮れる状態ではありませんでした。ということで白馬山頂の滞在時間はわずか1分。見える山の書かれた金属板を恨めしく思いながら、山頂を後にしました。

頂上山荘に着いて、中に入り、しばらく休憩。この天気だとお昼も食べられなさそうなのでまだ10時でしたが食堂でカツカレーを頼み、昼食にします。しばらく休んでましたが、このままいてもしょうがないので、出発します。雨は止み、風も多少は収まって落ち着いて歩けるようになりました。やはりお花畑が多く、ようやく写真を撮れました。

2007081903

きつい登りの鑓ヶ岳を過ぎ、分岐から鑓温泉に向かって下ります。途中にも御花畑が多いです。ガスの中、子供1羽を連れた雷鳥も見掛けました。大出原も良いところ。天気が良ければなぁとちょっと思います。

2007081904

こんなマークを見せられたら、気分はすっかり温泉モード。(笑)

2007081905

結構きつい下りになります。だいぶ下ると雲の切れ間から町並みが遠望できました。やっぱり山だけ天気が悪くて、下界は天気がいいのね。

2007081906

鑓温泉はたくさんの人でしたが、土曜日なのにテント場は意外に人が少なく、ノンビリできました。

2007081907 

鑓温泉からの下りは雪渓を横断したり、トラバースの片斜面あり、など結構疲れます。標高を下げるので暑さも加わって猿倉までの道は大変でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

立山から薬師岳のお花達3

さらに、続きます。

2007081471

ウラジロタデかな。結構密集して咲いていました。

2007081472

イワギキョウ。上へ向かって咲いていると雨が降ったとき水がたまっちゃうけど大丈夫かなと余計な心配。

2007081473

トウヤクリンドウ。写真の縦横を間違えたのではなく、岩の隙間から横に向かって生えていました。植物の生命力は強いですね。

2007081474

コバイケイソウだらけ。広角で撮っているので小さく写り、たいしたことないように見えますが、実物はすごい多かったですよ。

2007081475

イワイチョウとチングルマの群落。

2007081476

そしてハクサンコザクラ。群落に近づきたかったけど、遠くから眺めるだけでした。

2007081477

ツガザクラの群落。

2007081478

クルマユリもこれだけ咲くとなかなかですね。

2007081479

ゴゼンタチバナももちろんあります。

2007081480

最後の締めはミヤマツボスミレ。8月なのでもうスミレは見られないと思ってましたが、やっぱりあるんですね。

ということで、予想以上にたくさんのお花を見ることができました。目で見たけれど写真には撮れなかった花もたくさんあります。これらの花々、温暖化の影響をかなり受けそうですが、いつまでも咲いていて欲しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

立山から薬師岳のお花達2

   お花の続きです。

2007081460

チシマギキョウはたくさん見掛けました。高い山に来たな、という気になる花ですね。

2007081461

ミヤマリンドウかな。今年はたくさんリンドウを見たなぁ。

2007081462

ハクサンイチゲ。

2007081463

イワカガミ。

2007081464

イワツメクサ。これもよく咲いていたなぁ。細い感じがいいんですよね。

2007081465

ヒメクワガタかな。小さいお花ですね。

2007081466

ハクサンフウロ。群落で咲いている所が多いですね。

2007081467

トリカブト。ヤチトリカブトっぽいけど、自信ないです。

2007081468

アオノツガザクラ。かわいいお花で好きです。

2007081469

コバイケイソウの群落。当たり年とまではいかないのかもしれませんが結構多かったです。

2007081470

エゾシオガマ。上から見ると風車みたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

立山から薬師岳のお花達

  立山から薬師岳への山行では、たくさんの高山植物やお花に会うことができました。

2007081450

シナノナデシコ。

2007081451

ヤナギランは、やっぱり大きめ。

2007081452

カラフトマンテマかな?

2007081453

タテヤマアザミ(たぶん)

2007081454

タテヤマウツボグサ。

2007081455

ヤマハハコ。

2007081456

チングルマの群落。

2007081457

ヨツバシオガマもこんなにたくさん!

2007081458

クガイソウは雪の残る山に似合います。

2007081459

マルバダケブキはやっぱり夏の花ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

越後湯沢温泉 江神温泉浴場

北アルプスの帰りになんで越後湯沢温泉なの?って、声が聞こえて来そうですが、富山からの帰りは越後湯沢温泉に立ち寄りました。

帰りのルートはいくつもありますが、鉄道で帰ろうと思うと、1.糸魚川から大糸線松本経由、2.直江津から信越本線長野経由、3.直江津からほくほく線経由、4.柏崎、長岡経由とあります。今は地震の影響で4は使えない(バス代行)ですし、一番早いのが直江津からほくほく線経由なのです。(ほくほく線はJRではなく、北越急行という別路線なので料金別ですが安いです。)

さすがに富山から普通列車で帰ると温泉は無理かなぁと思ってましたけど、越後湯沢で2時間待ちになることが分かり、しっかり温泉に浸かれました。

2007081433

江神温泉浴場は駅から歩いてわずか3分程度の所にあり、とっても近いです。いつも上越の山歩きの帰りなんかによく使っています。お湯は越後湯沢の共同配湯ですし、混合泉ですので、温泉の効能的には今ひとつではありますが、アルカリ単純泉のとっても柔らかいお湯がたっぷり注がれていて、山でかいた汗を流すには十分です。入浴料は400円ですが、リンスインシャンプーとボディシャンプーの使い捨てセットをくれました。石鹸を忘れても大丈夫です。

結局、温泉を出るときにはまたたっぷりと汗をかいてました。でも、さっぱりしたのと、長くなりすぎたヒゲを剃れたのが気持ちよかったです。(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

立山から薬師岳 その3

遅くなりましたが、続きを。

2007081421

夕方のテント場からの眺め。歩いてきた稜線はきつかったなぁ。ガスのかかっているところが越中沢岳で、右のコブがスゴの頭。いずれも歩いてきたのです。テントに入るとあっという間に寝てました。

2007081422

さすがに行程を考えて早朝に出発。風が少し強い感じでしたが、日差しがきついのでちょうどよく感じます。途中にはタテヤマウツボグサやキヌガサソウ、ツマトリソウなどを見掛けますが、写真を撮る余裕はありませんでした。ようやく登り着いた所からは眼下に有峰湖が望まれました。

2007081423

まだ登りは続きます。

2007081424

長い登りを経て、北薬師岳の山頂へ。もう立山はかなり遠くなっていました。

2007081425

大きなカール。天然記念物だそうです。あの先のてっぺんが薬師岳なのです。

2007081426

ようやく薬師岳の山頂に。たくさんの人が休んでいます。素晴らしい展望が広がり、普段は10分もすれば立ち去ろうかと思うのに、いつの間にか30分も経ってました。

2007081427

立山、後立山連峰の山々ももちろん一望です。

2007081428

とりあえず、記念写真。みなさんこれを入れて写真を撮ってましたよ。

2007081429

下りは砂地からがれきの下りです。薬師岳山荘は意外に近くて、予想外でした。

2007081430

これまでたくさんのチングルマを見たなぁ。この日は薬師峠で最後のキャンプ。まだ11時でしたから、十分に折立まで降りられたと思いますが、暑い下界に降りたくなくて、泊まることにしました。

2007081431

四日目は折立へ下る軽い行程。立ち去りがたい思いを胸にアルプスの眺めとお別れ。折立へ向かう道はのんびりした景色が広がっています。

2007081432

朝日を浴びたチングルマの果穂がきれいでした。タッチの差で折立からの8時のバスは逃し、富山行きの直通バスで富山に出て帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

立山から薬師岳 その2

2日目も快晴。

2007081410

 のんびりしていたら、皆さん出発が早いこと。あれだけあったテントは、ほとんどなくなってました。まあ、今日の行程を考えれば、大丈夫ですね。ゆっくりお花などを撮ってから出発。

2007081411

朝の気持ちいい稜線歩き。日差しは強いですが、風が少し強いのでまだ涼しいです。

2007081412

振り返るともう立山が少し遠く感じます。少し見にくいですが、真ん中右に小屋も見えます。

2007081413

稜線に咲くクルマユリ。風が強いので花が揺れて少しぶれ気味。

2007081414

鳶山付近からみる薬師岳。まだまだ今日の宿泊地は遠いです。真ん中左のピークが越中沢岳。あれを越えれば、いいだけかと思っていましたが、それはあまーーーい。(笑)

2007081415

今日も槍ヶ岳がしっかり見えますね。

2007081416

また振り返るともう五色ヶ原はほとんど見えなくなっていました。

2007081417

越中沢乗越へは結構登らされます。かなり暑くなってきて、グロッキーになりつつあります。それでもなんとか越中沢岳に着きます。山頂からの薬師岳はでかいです。右手前が間山、真ん中が北薬師岳、左が薬師岳です。北薬師岳の方が高く見えますね。

2007081418

ずいぶん歩いてきました。

2007081419

下っていくと標高を下げるので暑い暑い。左を見ると笠ヶ岳でしょう、まるでミニ富士山のようなきれいな山を見ることができます。

この先、ものすごく下ってから登り返して、スゴノ頭を過ぎ、さらに下ってスゴ乗越へ。この乗越がまたものすごく暑い場所。とても写真なんか撮ろうという気にならず、休んでいたら熱射病になりそうでした。バテバテ状態で小屋に向かって登りますが、途中で休憩しちゃいました。それでも12時30分前に着いたので、テント場は良い場所を確保できました。後から後から人がやってきて、石がゴロゴロしている道まで張られてました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏のアルプステント泊縦走 立山から薬師岳 その1

やっぱり夏と言えば高い山へ。ということで、立山から薬師岳への縦走に行ってきました。

2007081401_2 

久しぶりのアルペンルート。トロリーバスもケーブルカーも普通より早い時間から動き出しました。ロープウェイは時間待ちがありました。快晴の素晴らしい天気。

2007081402

立山から歩き始め、一ノ越に向かいます。観光客もたくさん歩いていて、やっぱり雄山は混みますね。

2007081403

一ノ越山荘前からの眺め。槍ヶ岳も見えますね。

2007081404

人だらけの雄山の山頂へ。途中は人で渋滞中。待っているといつになっても着かないので、適当にショートカットして登ります。鳥居から先は登拝料が必要だし、待つのも嫌なので、神社で打ち止め。交通安全のお守りを買ってから下ります。

2007081405

一の越から登っていくと、これから歩く稜線が見えます。薬師岳は遠いぞ。この写真だと小さすぎて見えないですが、真ん中には五色ヶ原の小屋が肉眼でも見えていました。

2007081406

もちろんお花畑がたくさん。チングルマはとにかくたくさん咲いています。もう果穂になっているのも多いです。

2007081407

五色ヶ原へは、結構アップダウンの激しい道。登って、下って忙しいです。雪渓も何度も渡って歩きます。

2007081408

コバイケイソウがたくさん咲いてます。

2007081409

長い道のりもようやく終わり、もう五色ヶ原の一角へ。お花畑がたくさんあり、楽しみながら下ってテン場へ。広いテン場はずいぶんたくさん張られていたけど、まだまだ余裕でした。チングルマやハクサンコザクラなどたくさん咲いていました。

その2へ続く。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

三頭山付近で見つけたお花達

先日の山で見つけたお花。

2007080551

花の名前が分からなかったが、どうやらイチヤクソウらしい。比較的暗い感じの樹林の下で咲いていたためシャッタースピードが上がらず、手ぶれしかかった写真しか撮れなかった。一輪だけ咲いていて、明るさの中に何か少し寂しげな感じがして、つい、いろいろと思いを巡らせてしまう花である。

2007080550

シュロソウは茶色の花である。自分は花に興味を持ったのがごくごく最近なのでほとんど気にも留めたことがなかった。茶色の花で知っているのはミヤマクロユリと前にかずさんに教えてもらったハシリドコロくらいである。なんとなく親しみが湧くのはあまり気取らない感じの雰囲気があるからだろうか。こちらも林の下に咲き、大きくもなく、小さくもなく、それほど目立つこともないが、それでいて、しっかりと存在感のあるお花だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三頭山から月夜見山

本日は三頭山から月夜見山を歩いてきました。

2007080501

武蔵五日市駅から都民の森まで急行バスに乗ります。初めて乗ったけど、バス停が少なくていいですね。歩き出し、三頭大滝に向かうとツリガネニンジン ソバナがたくさん咲いています。(8/6修正)

2007080502

ちょっと魅せられてしまいました。

2007080503

まだ蕾が多かったりします。

2007080504

三頭大滝はなかなかの滝ですね。橋がありますが、大滝を見るためだけに使われています。

2007080505

タマガワホトトギスが咲いていました。

2007080506

三頭沢沿いにはたくさんのギンバイソウが咲いています。

2007080507

三頭山から月夜見山に向かいます。途中にはやっぱり咲いていました。

2007080509

ようやくレンゲショウマが見られましたが、虫に食べられていて今ひとつでした。

2007080512

月夜見山は静かな山頂、と言いたいところでしたが、車の騒音が聞こえている山頂でした。

2007080513

小河内峠まで来ると空が少し暗くなってきて、雷の音が。ということでここで打ち切り。奥多摩湖に下っていくと、さらに雷が近づいた感じだったので急ぎました。林道を歩いていると少し雨が降りましたが、たいしたことはなかったです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

蓼科温泉共同浴場(プール平)

北八つの帰りはプール平で途中下車。蓼科温泉共同浴場は入浴料400円と安価な温泉です。山帰りの一浴にはもってこい。残念ながらバスが以前より減ってしまったので、若干立ち寄りにくくなっています。

ボディシャンプーはありますが、シャンプーはありません。洗髪するなら別途用意が必要です。お湯は混合泉で酸性、ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉だったかな。記憶が曖昧ですが、含硫黄だったかも。浴場は結構熱いのでたっぷり汗をかかされます。窓が小さいのはやっぱり山の近くで普段は寒いからなんでしょうね。外にはもう使われなくなったプールがあったりします。お湯自体は普通のお湯に近いもの。でも、とってもさっぱりして、いいお湯でした。

目の前には喫茶店もあるので時間潰しに入って、アイスコーヒーで体を冷ましました。

残念ながら施設の写真は撮り忘れたのできれいなウツボグサの写真でも。(^^;

Dsc_0827

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »