« 那須南月山から沼原、板室温泉へ | トップページ | 那須のお花達 »

板室健康のゆ グリーングリーン

バス停でバスの時間を見ると後30分。お風呂に入るには短すぎるんだけど、汗だくのまま帰りたくない。しかし、次のバスは5時台にはなく、6時台になってしまい、帰るのが夜遅くなってしまう。ということで意を決して温泉に強行突入することにしました。

2007082509

入浴料は500円と安価。受付で直接支払います。お風呂は内湯と露天風呂があります。単純温泉で柔らかいお湯。循環もしているし、普通のお湯っぽいんですが、ここのお湯は結構嫌いじゃないんです。のんびりしたいし、バスを遅らせようかな、とも思いましたけど、からすの行水にして、さくっとわずか20分で施設を出ます。しっかりバスにも乗れて、温泉入浴の最短記録でした。

« 那須南月山から沼原、板室温泉へ | トップページ | 那須のお花達 »

温泉(関東)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 板室健康のゆ グリーングリーン:

« 那須南月山から沼原、板室温泉へ | トップページ | 那須のお花達 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ