« 白馬岳付近のお花達 | トップページ | 板室健康のゆ グリーングリーン »

那須南月山から沼原、板室温泉へ

子供の頃、夏の避暑と言えば軽井沢か那須と言われていました。今まで夏には那須付近の山には出掛けたことがなかったので、涼しいかと出掛けてみました。

2007082501

黒磯駅からパスに乗り、ロープウェイ駅で下車すると、えっ、クーラー入っているの???と思うぐらい本当に涼しい。ロープウェイの中で山麓駅は21度、山頂駅は19度と案内してました。やっぱり涼しいね。やっぱりたくさんの人がいましたが、みなさん山頂を目指すので、少し登り、牛ヶ首への道に入ると静かになります。本当は山頂も行きたいけど、時間が遅くなってしまうので割愛します。

2007082502

牛ヶ首から日の出平へ。振り向くと茶臼岳が大きいです。左は無限地獄からの噴煙。

2007082504

南月山はちょうど茶臼からも反対側からも人がやってきて混雑。なので、さっさと山頂は辞退して白笹山に向かいます。伸びやかな稜線がなんとも言えないいい感じ。草原のように見えますが登山道は意外と上の開けた低木の中や樹林です。

2007082518

白笹山の山頂。標識があるだけでこじんまりした山頂。近くにはホツツジがたくさん咲いていました。

2007082505

下っていきます。ガスがときどき来ますが、標高を下げるので暑くなります。

2007082506

沼原湿原はやはりいい所。ちょっとだけ見ようと思ったのですが、かなりの 時間を掛けてしまい、完全に予定オーバー。車で来た観光客も多いですけど、三倉山の稜線がなかなかです。あそこを歩きたいなぁ。

2007082508

下りは板室温泉へ。普通は乙女の滝へ下りますが、途中から直接板室温泉に下る廃道に入ります。覚悟はしていましたが、やっぱり途中で道がなくなり、トラバースしたり、沢を渡ったり、地形を判断して下ります。時間も遅くなったし、失敗したかなとかなり不安になりました。途中にはもうほとんど見る人もいないと思われる古い道標を見掛け、ホッとして下ると源泉の近くを通り、板室温泉に出ることができました。

« 白馬岳付近のお花達 | トップページ | 板室健康のゆ グリーングリーン »

登山(那須・栃木)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 那須南月山から沼原、板室温泉へ:

« 白馬岳付近のお花達 | トップページ | 板室健康のゆ グリーングリーン »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ