« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

東京国立博物館

今週は土日ともしっかり雨でしたね。ずいぶん久しぶりに山はお休み。ということで、今日は雨でも問題ない、上野にある東京国立博物館に行ってきました。

2007093001

料金は600円です。結構広くて、本館、平成館、東洋館、法隆寺宝物館などに別れています。本館と平成館を見ましたが、2時間以上かかりました。埴輪、陶磁器から甲冑、刀、アイヌの木工とかもりだくさんです。やっぱり外人さんが多いです。

午後遅い時間だったのと疲れたので、他はまた今度。ときどき特別展などもあるので、いつでも楽しめます。ちなみに、10月10日からは大徳川展だそうです。晴れた日ならば、木なども多いので、館内を散策するのも楽しいと思います。興味のある方はどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上牧風和の湯

谷川岳の帰り、全身雨に濡れて冷えたのでここは温泉に入って帰りたい。ということで、一駅だけ乗って上牧駅で下車。駅から5分ほどの距離に風和の湯があります。あわてたせいか、ちょっと写真が斜めってしまいました。

2007092218

入浴料は550円だったかな?うろ覚えです。

お風呂はそんなに大きくはなく、10人程度でいっぱいでしょうか。露天風呂はさらに小さく、4人ぐらいでいっぱいです。

カルシウム・ナトリウム-硫酸塩・塩化物温泉の無色透明なお湯は掛け流し。前入ったときは塩素臭がひどくて、あんまりいい施設じゃないなぁ、と思っていたのですが、今回入ったら、意外にも塩素臭はあまりせず、気持ちよく入れました。

露天風呂は奥まった所にあるのですが、その手前に石があり、座れるようになっています。まだわずかに霧雨が降っていたのですが、そこに座って、大変だった山行を思い返しながら、しばらく佇んでしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土合から清水峠、そして谷川岳へ

    横山厚夫さんの「ある日の山、ある日の峠」という本の中で、気になった山があり、それは茂倉岳。きつい山と書かれていて、どんな山なのだろうと登ってみたくなったのは随分前であった。下りなら比較的楽に歩けそうだが、ここはやはり登ってみたい。もちろん、厳しい谷川連峰の気象。その上、夏場はものすごい蒸し暑さ。まともに歩ける期間は実に短い。その上、水場は少ないときている。清水峠もまだ歩いたことがない場所だ。そんな山にようやくトライできた。

2007092201

まずはロープウェイ駅から旧道を行く。旧道と言っても、一の倉沢までは舗装道路で車も走る。どうせなら通行禁止にしちゃえばいいのに。さすがに岩壁の眺めはすごい。秋の空気が澄んだ時ならさらにすごいんだろうな。

2007092202

ハンカイシオガマだろうか。数本見掛けることができた。

2007092203

芝倉沢への分岐から下って新道を行く。人気はなくなり、静かな山歩きになった。ミゾソバだろうか。群落がすごかった。

2007092204

白樺避難小屋へ登るが、途中で暑さでバテる。なんとか避難小屋まで登る。十分に休憩してから清水峠に向かう。トラバース道のようで、結構歩きにくい。しかし、白毛門、笠ヶ岳方面の眺めはさすがに素晴らしかった。

2007092205

歩いて来た土合方面もよく見えた。

2007092206

今年初の紅葉した葉。

2007092207

随分歩いた頃、送電鉄塔の横を通ると、ようやく清水峠の小屋を見ることができた。しかし、あんな所まで行くんだ。

2007092208

ナナカマドの実がなっていた。

2007092209

これは葉が赤くなっていた。

2007092210

何の実だろうか。やっぱり秋が近いね。

2007092211

清水峠にようやく着いた。JRの巡視小屋はとてもきれいな小屋だ。泊まりたいね。でも、一般の人は泊まれない。

2007092212

一般の人はこちら。白崩避難小屋はしっかりした小屋。この裏手がテント場になっていて、私も張る。避難小屋は中は暗そうだった。夕方、突然新潟県側から霧が登ってきたと思ったら、あっという間に暗くなり、パラパラと雨が降り出す。7時頃だろうか、かなりの雨になり、やっぱり今回も雨山行かと気分が暗くなる。もし、このまま雨だったら蓬峠から下山しようと弱気になった。

2007092213

早朝起きるが、霧雨が降っている。やっぱりだめかな。朝食だけ取って寝ていたら、霧雨も上がったようなので、みなさん出発していく。遅れて6時に出発する。霧の中、七つ小屋山を過ぎ、蓬峠に着く。暗い中で気分も暗かったが、写真を撮ったら、明るく写ったので、気分も明るくなった。

2007092214

武能岳を過ぎ、一度大きく下ったのち、茂倉岳への登りが始まる。霧の中でどのくらい登ったのか、どこにいるのか、あとどのくらいなのか、さっぱり分からない。しかし、だいぶ登った頃、ようやく少しガスが切れてきて、先の方に稜線が見えた。あれ、意外に近いな。コブのような所を右に巻き、登っていくと、あっけなく茂倉岳の山頂に着いた。

2007092215

茂倉岳から一ノ倉岳に向かう。すると、霧がどんどん晴れて、登ってきた尾根が見渡せるではないか。あの尾根を登ってきたのか。やっぱり茂倉岳への登りはなかなかの尾根であった。

2007092216

草紅葉が始まっていた。

2007092217

一ノ倉岳からは遠くに何か小屋が見えると思ったら、清水峠の小屋ではないか。あんな所から来たのか。感慨深かった。

一ノ倉岳からはオキの耳へ。たくさんの人がロープウェイで登ってきていた。下山は西黒尾根へ。しかし、雨が降り出し、さらに本降りになって、シャレにならない道であった。それでもなんとか鎖場をこなし、樹林帯を下る。とても写真を撮る気にはなれなかった。道路に降り立った時には、本当によく歩いたということと、無事に降りられたという安堵感で一杯だった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

古書店巡り

連休最後の日。さすがにテント縦走で疲れたので、今日は古書店巡り。西荻窪、荻窪、そして阿佐ヶ谷と一駅ずつ下車して、それぞれ古書店を巡りました。

今日の収穫は2冊。1冊は「高尾の森から」(副題:平成の都民へ呼びかける 1997年)。米澤邦昌さんという元高尾ビジターセンターに勤務されていた方の本。

もう一冊は横山厚夫さんの「幾つかの山」(1980年)。日本山岳会に所属する方で、あの名著、「静かなる山」の著者の一人でもあります。

読むのはこれから。どちらも楽しみです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高尾から城山へ お花ハイク

連休最後の日は高尾山へお花探し。本当は奥多摩へ行こうとしていたのに、なぜかアラームを止めて寝てました。やっぱり日影沢からです。

2007091701

ツリフネソウがたくさん咲いています。結構大型ですね。後のクルンと巻いた尾っぽがまたいい感じ。

2007091702

正面から見ると口を開けた感じがちょっとまぬけ。でも、ここからハチが入って蜜をなめるようで、写真を撮っていても、結構入っていきました。

2007091703

こんな感じでたくさん咲いてます。

2007091704

ミゾソバ。かわいらしいお花ですね。でも、これは蕾でこれから咲くみたいです。ボケちゃってますが右下のは少し咲きかけてますね。

2007091705

シモバシラの花もよく見掛けました。冬にはあのシモバシラ現象が見られるんでしょうね。

2007091706

ようやくヤマホトトギスを見られました。下の部分が反り返っているのがヤマホトトギスの特徴のようですね。

2007091707

高尾山にもツリガネニンジンがあるんですね。ちょっとびっくり。

2007091708

ママコナも数は少ないけれど咲いています。

2007091709

そしてキツリフネ。ツリフネソウは葉の上に咲きますが、キツリフネは葉の下に咲きます。ちょっと隠れぎみの感じですね。この角度だと遊具にも似てるし、事故を起こしそうな雰囲気がありますね。(笑)

2007091710

温度が高い割に城山からの眺めは良かったです。新宿の高層ビル群も見えました。この写真では、ちょっと無理みたいですね。

2007091711

丹沢・道志方面の眺めがとても気持ちよくて、しっかり撮ってしまいました。こんなに眺めがいいということは、やっぱり秋はすぐそこまで来ているのかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪頭ヶ岳から十二ヶ岳のお花達

やっぱり御坂は花の山。この時期でもたくさんのお花を見掛けました。うーん、来年は夏に行きたいな。

2007091510

まだアジサイが咲いていました。

2007091511

これは垂れ下がって咲いているところを見るとホトトギスですね。

2007091512

セキヤノアキチョウジはよく咲いていました。

2007091513

カワラナデシコもありましたよ。

2007091514

ヒヨドリバナでしょうね。

2007091515

ヤマハッカなのか、カメバヒキオコシなのでしょうか。このお花は登山道脇によく見掛けました。

2007091516

秋の花と言えば、トリカブト。やっぱりよく見掛けました。

2007091517

ハクサンフウロ。

2007091518

ヤマハハコは先日美ヶ原で見たものとちょっと違うなぁ。

2007091519

テンニンソウ。これもよく咲いていますね。

2007091520

ウメバチソウ。よく見ると空に向けたパラボラアンテナみたいですね。

2007091521

何のお花か特定できませんでした。ハグマに近い系統だとは思うのですが...。

>18日追加 どうやら山梨ではCRランクのお花のようです。貴重な写真になりました。

2007091522

トモエシオガマは二つ、三つくらいの花を付けているものがほとんどでした。そろそろ終わりなんでしょうね。

2007091523

マツムシソウ。青紫の色が落ち着かせてくれます。

2007091524

これも何のお花か分かりませんでした。ハンカイシオガマのようにも見えるけど、上の部分がちょっと違うし、ママコナではなさそうだし。

2007091525

ソバナもありましたよ。

2007091526

スポットライトを受けたアザミ。アザミの種類は突っ込み入れないでね。

2007091527

フシグロセンノウもありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いずみの湯

桑留尾に下山すると、目の前にいずみの湯があります。

2007091503

入浴料は900円とちょっと高め。

お風呂は黒潮風呂とか真菰風呂とかあります。後でホームページを見たら、黒潮風呂はミネラル塩を入れたもの、真菰風呂は薬草風呂のようで、温泉は外の露天風呂のみみたいです。

露天風呂のお湯は柔らかい感じで悪くはありません。塩素臭もほとんどなく、気持ちよく長風呂できました。でも、成分表は掲げられておらず、本当に温泉なのかなぁ。人は少なく、静かにのんびり入れるのは良かったです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

雪頭ヶ岳から十二ヶ岳

三連休と言えば遠出したいけど、台風がいるせいで雨の予報ばかりです。関東近辺は悪くなさそうということで御坂に出掛けました。

天気のよい河口湖駅からバスに乗り、根場民宿で下車します。すると霧雨が降っています。道標に従って歩いていたら、鍵掛峠ではなく、雪頭ヶ岳への道に導かれてしまいました。本当は王岳から精進に歩こうと思っていたんです。でも、途中からはしっかり雨に降られ、とても王岳へ向かおうとは思わない天気でしたので、道を誤ったのも逆に好都合でした。

お花を見ながら雪頭ヶ岳から鬼ヶ岳へ。ロープの付いた所は濡れていて少し注意しながら歩きます。鬼ヶ岳から金山へ。ようやく雨は止みますが、今度は風が強くなります。一人で歩いていると風の音ほど心細くなることはないんですよね。

2007091501

金山山頂を過ぎて十二ヶ岳へ。

2007091502

十二ヶ岳の山頂にも誰もいませんでした。下山は桑留尾へ。なかなか急な道です。ロープが張ってあったりするので、そんなに危険ではありませんが、滑りやすい所もあって、注意して下りました。途中からは雲が切れて青空が見えてきました。桑留尾には1時に着いてしまいます。天気に翻弄された一日でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

美ヶ原のお花達

やっぱり美ヶ原もお花の山。いろいろ見掛けました。

2007090810

ツリフネソウは沢の近くにたくさん咲いていました。

2007090811

ノコンギクかな。

2007090812

ウスユキソウはもう終わりなんでしょうね。

2007090813

ヤマハハコは本当に多くて、高原にもたくさん咲いていました。

2007090814

ツリガネニンジンでしょうか。これも終わりかけなようで垂れ下がっていました。

2007090815

トモエシオガマ。これも雨に打たれたのか、ちょっとしおれ気味な感じ。

2007090816

エゾカワラナデシコでしょう。きれいなお花ですね。

2007090817

ウメバチソウ。

2007090818

オヤマリンドウは美術館の中でよく咲いていました。

2007090819

ネジバナも見掛けました。東京近辺でも見られるらしいけど、自分は山で見たのは初めてなので、ちょっと感動でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上諏訪温泉 片倉館

あれ、片倉館はもう何度も行ってるんですけど、blogにはアップしたことなかったようなので、書いちゃいます。写真はちょっとピンボケでしたが、これしかないので。

2007090808

浅間温泉に行きたかったけど、時間的に無理っぽかったので、上諏訪へ。いつもの片倉館に行きます。入浴料は500円でしたが、前はもう少し安くなかったかなぁ。単純温泉のお湯は人が多いせいか、ちょっと塩素臭がありました。でも、やっぱり気持ちいいですね。出るときは暗くなっていて涼しい風が吹き、やっぱりもう秋がそこまで来ているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏の終わりは美ヶ原

青春18切符の通用期間ももうすぐ終わり。最後の1回は遠くへ、ということで美ヶ原に行ってきました。

2007090801

三城で下車します。他に1グループ下車しました。降りたグループは広小場に向かったようです。自分は三城荘前で下車しなければならなかったことに気づき、少し戻ります。登山道に入って美岳荘を通って王ヶ頭へ。下部で山菜採りの人に会った以外は人に全く会いませんでした。特に美岳荘を過ぎると、静かな道で完全にマイナーコースです。でも刈払いなどがされているようで、道はまったく問題ありません。まだ台風の影響があるのかだいぶ蒸し暑い道でした。

2007090802

かなり登った所から三城方面が見えます。

2007090803

電波施設がたくさん立ち並ぶ王ヶ頭。風が涼しいです。

2007090804

ここへ来ると、やっぱり撮ってしまう看板。

2007090805

天気も良くなってきて、気持ちいい台地の眺め。

2007090806

美しの塔あたりからは観光客の世界。牛伏山へ。

2007090807

バスの時間までかなり余ったので、高原美術館を見学。昔来たときは霧の中でしたが、今回は上田方面がよく見渡せました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

見頃は終わりでも御岳山

昨日2日(日)はやっぱりレンゲショウマを見ておこうと御岳山に行きました。

2007090201

古里駅から歩き始めます。ヤマジノホトトギスを結構見掛けました。

2007090202

霧の中の道は幻想的でもあります。

2007090203

まだまだ咲いてます。レンゲショウマ群生地にも多かったです。

2007090204

レンゲショウマ群生地へ行けば、やっぱり咲いてます。

2007090205

紫色の付き方がいいですね。

2007090206

こんなに咲けば十分です。

2007090207

途中にはツユクサもたくさん見掛けました。

2007090208

ツリフネソウかな。

2007090212

七代の滝へ下ります。水量はそれほどではないかな。

2007090209

ロックガーデン、綾広ノ滝経由で大岳山へ。途中、白髪の早いおじさんがいて、自分も釣られてスピードモードに。息を切らせながら山頂へ。今日はたくさんのランナーがいて、マラソンの試走しているんでしょうね。下りは鋸尾根にしました。あまりにも霧が濃いので不安になります。

2007090210

だいぶ下ると、突然一本だけレンゲショウマがあって咲いていました。なんで一本だけポツンと咲いているのでしょうか。植栽したとも思えないし、不思議な感じでした。

2007090211

鋸尾根の最後はもちろんこの斜度の強烈な階段。これは登りも下りも大変です。昔の人はすごいなと思いながら歩きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西船橋から本八幡の池

すっかり寝坊したので、1日(土)はお散歩。ということで久しぶりにコンデジ持って、西船橋から本八幡を歩いてきました。

Img_2957

駅から歩き出し、途中で曲がって湯ートピア西船の先にある葛羅の井戸へ。住宅街にある大ケヤキはちょっと寂しげでした。裏手にある井戸は本当に小さな水たまりという感じでした。

Img_2958

葛飾の池は結構水量豊富に湧いているようで、しっかり流れていました。鯉も泳いでいていい池ですね。双子藤の池、双子浦の池もありますが、あまり水量がなく、たまり水に近い感じでした。

Img_2963

大きな仁王門を過ぎて、中山法華経寺へ。左右には寺院の建物が並び、ちょっと京都のような雰囲気がありました。その先には五重塔もありました。

Img_2964

裏手には大きなハスの花が咲いています。

Img_2965

メインイベントは、市川市東山魁夷記念館。入館料は大人500円です。この人の風景画が好きで、長野の美術館も行きました。原画はどうやら長野にあるものが多いようですが、それでも作品に見入ってしまいました。

最後は八幡の藪不知へ。小さな神社があるのと、かなりの竹藪でしたが、さすがに車ががんがん通る横では、もう祟りもだいぶ薄められているような雰囲気でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

那須のお花達

もう夏もそろそろ終わりが見えてきました。秋の花が咲き始めていますね。

2007082510

ウラジロタデでしょうかよく咲いていました。

2007082511

こちらは雌花かな。

2007082512

トリカブトは種類が多くて分からないです。

2007082513

ホツツジはたくさん咲いてました。風に揺れるので、なかなか写真が撮りにくいですね。

2007082514

リンドウはまだ蕾。

2007082515

アキノキリンソウがきれいに咲くと、もう秋だなって思います。

2007082516

キンレイカでしょうか。オミナエシに近いですね。

2007082517

ウスユキソウの群落。

2007082519

たぶんリュウノウギクだと思うんですけど、違うかな。アップで見るとなかなかきれいですね。

2007082520

サワギキョウもよく咲いていました。

2007082521

シモツケソウ。やっばりきれいです。

2007082522

アザミもいろいろな種類がよく咲いていました。

2007082523

樹林の中にも花はあります。キバナアキギリでしょうか。独特な形の花ですね。

2007082524

ヤマジノホトトギスだと思います。一つしか見掛けませんでした。

2007082525

レンゲショウマもしっかりありました。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »