« 板室健康のゆ グリーングリーン | トップページ | 西船橋から本八幡の池 »

那須のお花達

もう夏もそろそろ終わりが見えてきました。秋の花が咲き始めていますね。

2007082510

ウラジロタデでしょうかよく咲いていました。

2007082511

こちらは雌花かな。

2007082512

トリカブトは種類が多くて分からないです。

2007082513

ホツツジはたくさん咲いてました。風に揺れるので、なかなか写真が撮りにくいですね。

2007082514

リンドウはまだ蕾。

2007082515

アキノキリンソウがきれいに咲くと、もう秋だなって思います。

2007082516

キンレイカでしょうか。オミナエシに近いですね。

2007082517

ウスユキソウの群落。

2007082519

たぶんリュウノウギクだと思うんですけど、違うかな。アップで見るとなかなかきれいですね。

2007082520

サワギキョウもよく咲いていました。

2007082521

シモツケソウ。やっばりきれいです。

2007082522

アザミもいろいろな種類がよく咲いていました。

2007082523

樹林の中にも花はあります。キバナアキギリでしょうか。独特な形の花ですね。

2007082524

ヤマジノホトトギスだと思います。一つしか見掛けませんでした。

2007082525

レンゲショウマもしっかりありました。

« 板室健康のゆ グリーングリーン | トップページ | 西船橋から本八幡の池 »

お花」カテゴリの記事

コメント

リブルさん、こんにちわ。
那須は…あらまっ。皇室ご用達の場所だったのね(笑)
もう秋の花が咲いてるんだね。
沼ッ原は、私も行ってみたいな。出来たら、車でピューとね(笑)

私の那須はね、悔しかった思い出だけよ。
天気めちゃくちゃ良かったのに、強風でロープウェイ動かなくて…
下から登るって話になったけど、地元の人に止められて…登れなかった山なのれす(┰_┰)
そんなこんなでトラウマになってしまって、那須に足が向きません^^;

リュウノウギクって華奢な菊よね。
菊って、個人的にはどうも好きになれない花なんですが…(^^ゞ
一番簡単な見分け方を伝授(笑)
葉っぱをこする様に触ると、あら不思議。良い匂いがするとです。
普通の菊の葉っぱは、菊臭いと言うか…良い香りとはお世辞にも言えないのよね^^;
リュウノウギクの葉がどんな香りかと言うと。
えっとね~お線香やトイレの芳香剤(爆)に近い香りかもって私の感想デス(^w^;
昔の人は、リュウノウギクの葉を香袋に入れて、それを着物の袂に入れてたんだって。昔の人ってお洒落だったのね^^

れれちゃん、こんにちは。
最近書き込みを見掛けなかったから、何かあったかと心配してました。

那須は確かに風が強いことが多いですね。以前に行ったとき、飛ばされるかと思うぐらいの風に吹かれたこともあります。今回も上の方はだいぶ風が強かったですよ。でも、止まってしまうのはそれほど多くはないと思いますから、運が悪かったんですね。

沼原までの道は結構悪路に近い砂利道が続くようです。車で行くことがあったら、いい車は止めておいた方が無難みたいですよ。

菊、こんど見掛けたら、葉っぱこすってみますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 那須のお花達:

» ◆伊吹山のトリカブト。今頃は満開だろうね [てらまち・ねっと]
 先日行った伊吹山の山頂。  山頂では蕾の株。  東の下山路沿いには念願のトリカブトがあちこちに咲いていました。  毒草として知られるトリカブト。  まだ咲き初めで、十分に堪能したとまで言えませんが、それでも、まぁまあ、今年の初のトリカブトの花に満足して帰りました。  たぶん、今頃は満開だろうなぁ・・  (ちょうど今朝の中日新聞一面にカラー写真で出ていた。「9月中旬まで」と)  一昨年、10月の中旬過ぎても3合目ではたくさん咲いていたから、頂上と3合目をハシゴすれば、トリカブトを楽しめる山。 ... [続きを読む]

« 板室健康のゆ グリーングリーン | トップページ | 西船橋から本八幡の池 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ