« 雪頭ヶ岳から十二ヶ岳 | トップページ | 雪頭ヶ岳から十二ヶ岳のお花達 »

いずみの湯

桑留尾に下山すると、目の前にいずみの湯があります。

2007091503

入浴料は900円とちょっと高め。

お風呂は黒潮風呂とか真菰風呂とかあります。後でホームページを見たら、黒潮風呂はミネラル塩を入れたもの、真菰風呂は薬草風呂のようで、温泉は外の露天風呂のみみたいです。

露天風呂のお湯は柔らかい感じで悪くはありません。塩素臭もほとんどなく、気持ちよく長風呂できました。でも、成分表は掲げられておらず、本当に温泉なのかなぁ。人は少なく、静かにのんびり入れるのは良かったです。

« 雪頭ヶ岳から十二ヶ岳 | トップページ | 雪頭ヶ岳から十二ヶ岳のお花達 »

温泉(関東)」カテゴリの記事

コメント

私は、この日、実に久しぶりに奥多摩でしたー(笑)。

いずみの湯、おっしゃるとおり、露天の方は結構良かった記憶があります。

真夏だったので、お風呂に入れるだけでありがたかったので、成分表までチェックしてませんでしたが...

こういう施設にしては珍しく(笑)ヱビスがおいてあったので、高い入浴料金だけど許せたのです。(^^)

ゴン太さん、こんにちは。奥多摩でしたか!
今日は奥多摩へ行こうと思っていたら、しっかり寝坊しました。(^^;

成分表がないのは、自信がないのかなぁ。ホームページには重曹泉と書かれていましたけど...。

ビールは飲みませんでしたが、エビスがあったのですか。確かにそんなに置いてあるところは多くないですよね。

リブルさん、こんにちは。
ちょっと遅い書き込みになってしまいましたが・・・。5日後に私も同じコースでした。

リブルさんは富士急の一番電車、一番バスに乗れるのですね。すごくうらやましい~!私はあれに乗れるのなら、毎週でも御坂に行きます(^^;)

雪頭ヶ岳へのアプローチですが、私も同じルートを歩いて堰堤の前まで来たのですが、5年前に歩いたときと何か違う気がしました。時間も少し余計にかかったので、どこか曲がるところがあったんですかね?

いずみの湯は私の場合、薬草風呂が好みです。ぬるい湯が好きなもので。休憩室内も何かのんびりしていていいです。混むとまた違うかもしれませんが。


金森さん、こんにちは。

おお、金森さんも同じコースを歩かれたのですね。
花がたくさんあって、いいコースですね。

はい、高尾発の一番電車に乗ることができますので、バスもしっかり間に合います。富士急は高いから、毎週乗ったら、交通費大変ですよ。

堰堤はとっても新しかったし、そのためにきれいな道になったんでしょうね。次回、鍵掛峠へは道を探さないとまた同じように登ってしまいそうです。

薬草風呂は確かにちょっと違うなと思いました。露天風呂のお湯も比較的ぬるめで、一番端のお湯の吸い込み口近くで、ずっと入ってました。でも、あの休憩所が混む事ってあるんですかね?(^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いずみの湯:

« 雪頭ヶ岳から十二ヶ岳 | トップページ | 雪頭ヶ岳から十二ヶ岳のお花達 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

無料ブログはココログ