« いずみの湯 | トップページ | 高尾から城山へ お花ハイク »

雪頭ヶ岳から十二ヶ岳のお花達

やっぱり御坂は花の山。この時期でもたくさんのお花を見掛けました。うーん、来年は夏に行きたいな。

2007091510

まだアジサイが咲いていました。

2007091511

これは垂れ下がって咲いているところを見るとホトトギスですね。

2007091512

セキヤノアキチョウジはよく咲いていました。

2007091513

カワラナデシコもありましたよ。

2007091514

ヒヨドリバナでしょうね。

2007091515

ヤマハッカなのか、カメバヒキオコシなのでしょうか。このお花は登山道脇によく見掛けました。

2007091516

秋の花と言えば、トリカブト。やっぱりよく見掛けました。

2007091517

ハクサンフウロ。

2007091518

ヤマハハコは先日美ヶ原で見たものとちょっと違うなぁ。

2007091519

テンニンソウ。これもよく咲いていますね。

2007091520

ウメバチソウ。よく見ると空に向けたパラボラアンテナみたいですね。

2007091521

何のお花か特定できませんでした。ハグマに近い系統だとは思うのですが...。

>18日追加 どうやら山梨ではCRランクのお花のようです。貴重な写真になりました。

2007091522

トモエシオガマは二つ、三つくらいの花を付けているものがほとんどでした。そろそろ終わりなんでしょうね。

2007091523

マツムシソウ。青紫の色が落ち着かせてくれます。

2007091524

これも何のお花か分かりませんでした。ハンカイシオガマのようにも見えるけど、上の部分がちょっと違うし、ママコナではなさそうだし。

2007091525

ソバナもありましたよ。

2007091526

スポットライトを受けたアザミ。アザミの種類は突っ込み入れないでね。

2007091527

フシグロセンノウもありました。

« いずみの湯 | トップページ | 高尾から城山へ お花ハイク »

お花」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雪頭ヶ岳から十二ヶ岳のお花達:

« いずみの湯 | トップページ | 高尾から城山へ お花ハイク »

フォト

山の本

  • 冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集

    冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集
    元の本は冠松次郎氏の山行記録が五冊に分かれ、八十八編も収録されているようですが、この本はそのうちの主要な二十二編を収録しているようです。それでも600ページ以上あり、読むのにもかなり骨が折れました。たっぷりと冠氏の世界に浸れる本だと思います。

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

無料ブログはココログ

カウンタ