« 西船橋から本八幡の池 | トップページ | 夏の終わりは美ヶ原 »

見頃は終わりでも御岳山

昨日2日(日)はやっぱりレンゲショウマを見ておこうと御岳山に行きました。

2007090201

古里駅から歩き始めます。ヤマジノホトトギスを結構見掛けました。

2007090202

霧の中の道は幻想的でもあります。

2007090203

まだまだ咲いてます。レンゲショウマ群生地にも多かったです。

2007090204

レンゲショウマ群生地へ行けば、やっぱり咲いてます。

2007090205

紫色の付き方がいいですね。

2007090206

こんなに咲けば十分です。

2007090207

途中にはツユクサもたくさん見掛けました。

2007090208

ツリフネソウかな。

2007090212

七代の滝へ下ります。水量はそれほどではないかな。

2007090209

ロックガーデン、綾広ノ滝経由で大岳山へ。途中、白髪の早いおじさんがいて、自分も釣られてスピードモードに。息を切らせながら山頂へ。今日はたくさんのランナーがいて、マラソンの試走しているんでしょうね。下りは鋸尾根にしました。あまりにも霧が濃いので不安になります。

2007090210

だいぶ下ると、突然一本だけレンゲショウマがあって咲いていました。なんで一本だけポツンと咲いているのでしょうか。植栽したとも思えないし、不思議な感じでした。

2007090211

鋸尾根の最後はもちろんこの斜度の強烈な階段。これは登りも下りも大変です。昔の人はすごいなと思いながら歩きました。

« 西船橋から本八幡の池 | トップページ | 夏の終わりは美ヶ原 »

登山(奥多摩)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 見頃は終わりでも御岳山:

« 西船橋から本八幡の池 | トップページ | 夏の終わりは美ヶ原 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ