« 美ヶ原のお花達 | トップページ | いずみの湯 »

雪頭ヶ岳から十二ヶ岳

三連休と言えば遠出したいけど、台風がいるせいで雨の予報ばかりです。関東近辺は悪くなさそうということで御坂に出掛けました。

天気のよい河口湖駅からバスに乗り、根場民宿で下車します。すると霧雨が降っています。道標に従って歩いていたら、鍵掛峠ではなく、雪頭ヶ岳への道に導かれてしまいました。本当は王岳から精進に歩こうと思っていたんです。でも、途中からはしっかり雨に降られ、とても王岳へ向かおうとは思わない天気でしたので、道を誤ったのも逆に好都合でした。

お花を見ながら雪頭ヶ岳から鬼ヶ岳へ。ロープの付いた所は濡れていて少し注意しながら歩きます。鬼ヶ岳から金山へ。ようやく雨は止みますが、今度は風が強くなります。一人で歩いていると風の音ほど心細くなることはないんですよね。

2007091501

金山山頂を過ぎて十二ヶ岳へ。

2007091502

十二ヶ岳の山頂にも誰もいませんでした。下山は桑留尾へ。なかなか急な道です。ロープが張ってあったりするので、そんなに危険ではありませんが、滑りやすい所もあって、注意して下りました。途中からは雲が切れて青空が見えてきました。桑留尾には1時に着いてしまいます。天気に翻弄された一日でした。

« 美ヶ原のお花達 | トップページ | いずみの湯 »

登山(御坂・天子)」カテゴリの記事

コメント

まったくね~、気象庁の言うこと信じて遠出をやめたら、この天気ですよ。絶対雨みたいなことを言っていた明日(月)も晴れそうで、昨日の山を日帰りに変更したことをちょっぴり悔やんでいます。

鍵掛への道、最初がわかりにくいですよね。あそこには鍵掛峠の道標がないのですが、雪頭ヶ岳への道標を右手に見ながら道なりにまっすぐ歩いていくと、お宮さんがあるので、そのお宮さんのところを右折すれば鍵掛峠への径なんです。

王岳~精進は私もまだなのですよ。
あのあたり、ちょっとお金かかるけれどまた歩きたいな~と思っています。


ゴン太さんはどちらへお出かけでしたか。

天気予報は台風があるとさすがに難しいですね。
だいたい、天気予報は人のいる地域が主だから、山の中までは予報をしてくれないですね。

鍵掛峠への道、どうもです。以前、鍵掛峠から下ったことがあるので、道が違うことに林道を歩いている時点で実は気が付いたのです。でも、面倒だからいいかなって、そのまま歩きました。あの雨の中、王岳に行きたいという気持ちはほとんど無かったですし。

今度行くときは根場民宿からではなくて、魚眠荘前からアプローチしようかと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雪頭ヶ岳から十二ヶ岳:

« 美ヶ原のお花達 | トップページ | いずみの湯 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ