« 山伏から八紘嶺 | トップページ | 紅葉が始まった赤城山 »

梅ヶ島温泉と新田温泉黄金の湯

八紘嶺から下り着いたのは梅ヶ島温泉。もちろん入浴しない手はありません。バスで新田温泉へ行くつもりでしたが、まだ1時間もあったので、バス停の横にある梅薫楼というホテルで入浴しました。入浴料は500円です。1000円でゆっくりできるコースもあるようです。浴場は少し古めな感じがしますが、静かな山間の湯。普通はこんな感じですね。

お湯は単純硫黄泉でした。浴場に入るときにわずかに硫化水素臭が感じられましたが、お風呂のお湯自体は硫黄の香りはありません。わずかに白濁していましたが、成分表を見ると無色透明と書かれています。お湯の温度が少し低かったので、色が出たのかもしれません。ごく微量ですが、湯ノ花を見掛けました。

入るとぬるぬるのお湯。肌の角質層が解けていくような感じで、やっぱりいいお湯です。ぬるめでのんびり入れます。アルカリ度はPh9.6だそうです。バス時間がちょっと気になりますが、ゆっくり入っていたら、体の芯まで温まりました。なお、この源泉は梅ヶ島温泉の共同配湯なので、おそらくどの施設で入っても変わらないと思います。

すごくいいお湯だったので、そのまま帰ろうかとちょっとだけ思いましたが、温泉巡り派としてはやはり共同浴場は外せないでしょう。ということで、2時間に1本のバスを新田温泉黄金の湯で下車します。

2007100620

長い廊下を歩くと、黄金の湯があります。入浴料はこちらも3時間500円と安価。きれいな建物で、最近出来たようです。

お湯は、ナトリウム-炭酸水素塩泉ということで、梅ヶ島温泉のお湯とは少し違います。しかし、ぬるぬるのお湯は変わりません。PH9ぐらいで、成分は1000mgを越えていました。十分に効能あるお湯ですね。残念ながら塩素臭がしましたが、まあ、人も多いし、仕方ないでしょう。ちょうどいい温度の内湯と寝湯があります。露天風呂は若干ぬるめの感じで気に入り、ずっと入っていました。

外に食堂、土産物屋などがあります。食堂に入りますが、連休のせいか人が多く、てんやわんや状態で、お店のおばさんに文句を言っている家族はいるわ、メニューの多くが売り切れだったりしました。が、山菜そばを頼むと、しばらくして出てきたそばは美味しく、また生しいたけが入っていて、香りといい、食感といい、とても美味しかったです。

バス待ちしていると、周りの山にガスがかかり始めていました。夜には雨になるのでしょう。すっかりすべすべの体になって、あまり人の乗っていないバスに乗り込みました。

« 山伏から八紘嶺 | トップページ | 紅葉が始まった赤城山 »

温泉(中部)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 梅ヶ島温泉と新田温泉黄金の湯:

« 山伏から八紘嶺 | トップページ | 紅葉が始まった赤城山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ