« 東京国立博物館 | トップページ | 梅ヶ島温泉と新田温泉黄金の湯 »

山伏から八紘嶺

去年、真富士山などへ登ったのですが、やはり安倍奥の山が気になり、最上流部の山伏に登ってみることにしました。

2007100601

静岡から梅ヶ島温泉行きのバスに乗り、約1時間40分。新田で下車します。バスの車中から登山者は私一人。かなり心細い気持ちで山に向かいます。

2007100602

登山口から登り始めます。

2007100603

セキヤノアキチョウジかな?

2007100605

カメバヒキオコシでしょうね。

2007100606

蓬峠。大谷崩方面の工事の音がちょっとうるさいです。

2007100607

山伏の山頂付近は笹原が広がっています。シカの食害を防ぐためのフェンスが張られていて、山深い気分マイナス。ヤナギランを保護するためのようです。

2007100608

山伏小屋の水場。たっぷり出ています。

2007100609

山伏小屋は、だいぶ古い小屋でした。外見はちょっとやばそうと思ったのですが、中は結構普通でした。

2007100610

扇崩からは、雲海を下に見下ろせました。

2007100611

山伏山頂近くには三脚を立てたカメラマンが何人もいます。強い逆光なので写真は難しいです。

2007100612

イワシャジンがきれいです。

2007100613

リンドウもきれいです。

2007100614

大谷嶺からは南アルプスの眺めを楽しむことができました。笊ヶ岳、いつかは登ってみたいなぁ。

2007100615

アップダウンを繰り返します。八紘嶺が近づくと登山者に会うようになります。きつい登りでようやく八紘嶺へ。思ったよりは早く着きましたが、結構疲れました。眺めがないよー。

2007100616

下山は梅ヶ島温泉へ。こりゃなんだ???

2007100617

やっぱりイワシャジン。

2007100618

たくさん咲いていました。

2007100619

ようやく登山口に着いてほっとしました。

« 東京国立博物館 | トップページ | 梅ヶ島温泉と新田温泉黄金の湯 »

登山(静岡・伊豆)」カテゴリの記事

コメント

やんぶしでしたか~。私は連休中、体調崩して寝込んでました(笑)。

私の行きたい安倍奥ナンバーワンなので、この情報はありがたいです。山伏と八紘嶺を日帰りということは、静岡に宿を取られたのでしょうか。

小屋の状態が良くないと聞いていたのですが、泊まれそうでしたか? もしかして最近修復されたのでしょうかね。

小屋泊まりが一番安いのですが、行くとしたら冬の18きっぷのときになりそうなので、そうなるとやっぱり静岡ビジネスホテル泊が無難ですかね~?

ゴン太さん、こんにちは。
あれあれ、体調を崩されていたのですか。blogの更新がされないから、ちょっと心配をしていたのですが。

さすがにバス利用で山伏から八紘嶺の日帰りはかなり難しいですよ。ということで、山伏小屋泊まりでした。

小屋は写真にもあるように、かなり古そうな感じで、やばいかなって本気で思いました。もしだめだったらツェルトで山頂に泊まろうと思いました。でも、がたついた戸を開けて入ってみたら、思ったよりもきれいで、まったく問題なく泊まれましたよ。誰もこないのがかなり寂しいので、寝る前までずっとラジオを付けていました。また、書いたようにトイレは斜めって崩壊してますので使えません。鍵もかかっていたし。

また、夜中にちょっと、ねずみなのか、かさこそと音がしていたので、もそもそと起き出して食料を全部ザックに入れ、なおかつローソクランタンを付けてなんとかしのぎました。これだけは気を付けておいた方がいいかも。やはり2000m級なので、温度計がいくつも小屋の中にありましたが、朝8度くらいまで下がっているのが確認できました。薄手のスリーシーズン寝袋ではちょっと寒いぐらいでした。

水場は写真にあるように、しっかり流れているので、若干凍結の危険はありますが、大丈夫だと思います。冬季はこのあたり、やはり奥ですから結構積雪があるらしいので、12月半ば過ぎはそれなりの冬山装備が必要だと思います。ゴン太さんなら、そのあたり大丈夫だと思いますけどね。

リブルさん、ご心配いただいたとのこと。ありがとうございます。というか、心配かけてしまって申し訳ありませんでした。昨日あたりやっとネットに書き込めるぐらいの遅い回復ぶりだったものですから(まだちょっっと身体が本調子じゃなく少々だるいんですヨ)。

山伏小屋の詳しい様子をお知らせくださって、深謝です。

そうですか、泊まる分には問題なさそうですね。でも、トイレが使用不可というのが、うーん、これは冗談じゃなしに、泊まるとなると重要な問題ですからねぇ。

3連休でも泊まりがリブルさんお一人ってことは、混雑の心配はしなくてよさそうで、ちょっと安心しました。

シュラフは私、スリーシーズン用のしか持っていないのですよ。もちろん、シュラフカバーはちゃんとしたのがあるのですけれど…2000m級だとやっぱりちゃんと冬季用のを購入しないとまずそうですね。

リブルさん、こんばんわ。なんと山伏に行かれていたんですか!
ボクは7年ほど前に大パーティで一度泊まりに行ったことがあって、小屋はその時からあまり変わっていないようですね。

でもその時は天気が今ひとつで名物の山頂からの富士を見られなかったのが心残りでしたけど、シロヤシオが凄かったです。安倍奥の奥はリブルさんのおっしゃるとおり雪が多いようですので、ボクも次は雪の晴れたときに訪れたいと思っています。

ゴン太さん、こんにちは。
相当体調悪かったんですね。ゆっくり休んでください。

寝袋は一口にスリーシーズンと言っても、いろいろありますよね。今回は0度対応のシュラフだったのですが、それでもかなり寒かったです。今年は暑かったし、体が慣れていないこともあったと思います。

年によっても積雪は変わりますが、ラニーニャ現象の年は大雪になることが多いらしいので、今年は要注意です。でも、うまくすれば楽しいスノーハイキングになるでしょうね。南アルプスの眺めも冬は最高だと思いますよ。

komadoさん、こんにちは。
結構あの小屋は古い感じですね。でも噂を聞くほどは悪くないように思えました。komadoさんも泊まられたことがあるんですか。

あの山頂からの富士山、いいですね。ちょっと写真が斜めっちゃったのが失敗でしたけど。シロヤシオも多いらしいですね。夏場に保護しているヤナギランも見てみたいし。雪の頃もよさそうですね。

今回、紅葉には早いと思ったし花はないかと期待していませんでしたが、本当にイワシャジンがたくさんあって、いつまでもイワシャジンの山として記憶に残りそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山伏から八紘嶺:

« 東京国立博物館 | トップページ | 梅ヶ島温泉と新田温泉黄金の湯 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ