« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

三ノ沢尾根と茅倉尾根

昨日25日(日)は大岳山のあたりの尾根を歩いてきました。

まずは海沢へ。白丸駅から歩き出しますが、霜が降りて風が寒いのなんの。特に海沢へ向かう途中の養殖場のあたりは道の上にかなり霜があって滑るのでちょっと怖いぐらいでした。天地沢のあたりから取り付きます。

2007112501

もう紅葉もそろそろ終わりですね。

2007112502

ずっと植林が続くので、面白みに欠けます。コウヤボウキがまだ咲き残っていました。

2007112503

オキノ岩山で尾根に出て、大岳山に向かいます。巻き道を行くと、ススキが逆光で光り輝き、とてもきれいでした。

2007112504

南尾根を登り、大岳山へ。やっぱり富士山ですね。前は樹林があって、この景色は見られなかったけど、すっかり展望の山になってしまいました。

2007112505

久しぶりの馬頭刈尾根。富士見台からももちろん富士山が見えます。写真は大岳山です。

2007112506

つづら岩からはがちゃがちゃと金属音がします。見ると3組以上のクライマーが取り付いていました。これだけ天気がいいと岩登りも気持ちいいんだろうなぁ。一般ハイカーが見学したりしてました。

2007112507

鶴脚山から茅倉尾根に入ります。最初は普通の尾根でしたが、やがて急降下。こんな下りで大丈夫か心配になります。やがて藪に突入。漕ぐほどではないですが、やがて道がなくなり、尾根を下っていきます。このあたりは比較的、雰囲気の良いところ。

2007112508

下部で岩場に出てしまい、左に行ってしまったことに気づきます。あわてて右にトラバース気味に戻りますが、植林の藪がひどい状態。それでも、なんとか下り、道に出た時にはほっとしました。振り返ると、富士見台あたりなのでしょうか、なかなか堂々たる風景でした。

2007112509

時間が早かったので、十里木で途中下車して、瀬音の湯へ。さすがに連休で人も多く、お湯も汚れ気味でしたが、それでも微妙な硫黄の香りがあり、すべすべになりました。帰りは、入場するのに待っている人も見掛けましたので、入るならば早めに行った方がいいみたいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

高尾山で鍋

本日は高尾山で鍋offでした。

2007112401

高尾山口から歩き出しますが、ものすごーい、人・人・人。天気はいいし、紅葉も悪くないけど、こんなに人がいるの?

2007112402

ケーブルカーの駅あたりは結構紅葉がきれいです。

2007112403

山頂は後にとっておいて、巻き道を行きます。

2007112404

モミジ平に向かいますが、やっぱりなかなかです。

2007112405

ちょっと赤黒くなっている木が多かったですね。でも、写真を撮ると見た目よりもきれいみたいです。

2007112406

少し霞んでいたものの、富士山が!!!

2007112407

前から見ると、赤黒いですが、裏から見るとなかなかのもの。

2007112408

きりたんぽ、なべ、なべ、なべ~~~。お腹いっぱいです~。

2007112409

高尾山頂も人・人・人。まるで山手線のホームみたいに人だらけでした。

2007112410

裏からみるモミジもきれいですね。日影沢に下ってバスに乗りますが、小仏方面からのバスは2台来たものの、すでに両方とも人でいっぱいでした。

参加者のみなさん、とっても美味しい鍋、ありがとうございました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

八国山と荒幡富士

本日は良い天気でした。体調が今ひとつで山に行けないのがちょっと残念でしたが、軽くウォーキングに出掛けました。

2007112301

西武園駅で下車して、八国山の尾根道を歩きます。光の加減が素晴らしく、こんな日に山に行けなかったのはちょっと残念な気分。将軍塚を見てから、鳩峰八幡宮へ行き、荒幡富士へ。登ってみましたが、すぐ近くにゴルフ場があるのが残念ですけど、木がうまく隠してくれています。山々のシルエットを眺めることができました。

2007112302

赤くなった葉がなんとも言えない気分でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

本間の頭境界尾根

去年の初冬、下った尾根を1時間も登り返す、なんていう鍋嵐山での失敗がちょっとトラウマになりかけてますが、17日(土)は久しぶりに丹沢の宮が瀬へ。今回は境界尾根を登ります。

初めて宮が瀬バス停で下車します。晴れのはずだったけど雲が多いです。

2007111701

お店の目の前にモミジが並んでいますが、結構赤くなっていました。

2007111702

虹の大橋を見ながら早戸川林道を歩きます。

2007111703

境界尾根に取り付きますが、かなりの笹藪や灌木の藪で久しぶりに藪漕ぎでした。32号鉄塔からは眺めもいいけど、天気が今ひとつだから、気分も今いち。

2007111704

下部は植林が多いので紅葉はあまり楽しめないですが、何度も鹿柵を越えていけば、広葉樹も出てきます。

2007111705

地味めですが、悪くない感じ。

2007111706

尾根にはほとんど踏み跡はなく、やはり歩く人はあまりいない様子。

2007111707

目で見るともう少しきれいなんですが、なかなかうまく写真には写らないですね。晴れていればもう少しいいんでしょうけど。

2007111708

オレンジがなかなかきれいですね。

2007111709

大きなブナが一本。丹沢のブナはだいぶ少なくなったようだけど、頑張って欲しいですね。

2007111710

本間の頭に着き、わずかに丹沢山方向に行くと、きれいに赤くなっている木がありました。

2007111711

静かな山頂。休んでいると急に冷たい空気に包まれて寒いのなんの。もう冬はそこまで来ているという感じの空気でした。冬物を用意しなくちゃね。

2007111712

一般道を三叉路に向かって下ります。このあたりも紅葉が悪くなく、ときどききれいな木を見掛けます。

2007111713

金冷シのあたりまで下ると、一時、急に晴れて素晴らしい紅葉を見せてくれました。しかし、それも少しの間でした。

2007111714

仏果山方面が見渡せる場所がありました。樹林の中を歩いていることが多いので、やはり開けた眺めはいいものだと思います。

2007111715

高畑山も立ち寄りますが、木が育ったのか眺めは今ひとつ。御殿森ノ頭に立ち寄ってみると、祠が一つ。静かな小さなピークでした。

宮の平バス停へ下り、バスの時間を見ると、なんと5分前に行ったばかり。でもバスを通るのを見掛けなかったから、その前に行ってしまったようです。仕方なく1時間バスを待つはめになりました。

境界尾根はほとんど踏み跡のない尾根でした。下部は藪や植林が多く、今ひとつですが、上部はなかなか気持ちいい自然林が多かったです。結構登ったし、十分満足できる山行でした。

今回、宮が瀬ダムハイキングパスを初めて利用しました。小田急線の往復と宮が瀬までのバス代がセットになった切符です。新宿駅から海老名あたりでも買えるようです。新宿駅ならば1710円で、宮が瀬まで往復するとバス代だけで1300円弱かかるので、かなりお得です。小田急線は往復1回限りですが、バスは乗り降り自由ですので、途中下車して温泉に浸かる、なんてことも大丈夫です。自動販売機でも買える(一部だめなのもあるみたい)ようなので、よかったらどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フォトコンテスト

今年初めてデジタル一眼を買ったのですが、撮った写真を山と高原地図web×まっぷるnetの百名山フォトコンテストに応募したところ、なんと、百名山賞を頂きました!!!

\(^o^)/

しかも対象写真は、自分が一番気に入っている「燧ヶ岳」でした。この山だけで応募100件とかなり応募倍率が高かったですから、まさか自分が賞をもらえるなんて思いもよりませんでした。確かに自分でもきれいに撮れたとは思いました。グランプリとか佳作とかそんなレベルではまったくないですけど、それでも予想外のとっても嬉しい出来事でした。これからもばしばしと撮っていきたいと思います。

対象写真を再掲しちゃいますね。朝霧の尾瀬沼と燧ヶ岳です。やっぱり尾瀬は何度行っても良いところです。またきっと行くことになるでしょうね。

2007111001

| | コメント (7) | トラックバック (0)

やまと天目山温泉

10日(土)はやまと天目山温泉に行ってきました。

2007111001

滅多に下車したことのない、甲斐大和駅で下車。駅からハイキングが予定されていたようですが、竜門峡ハイキング道は橋が落ちて通行止めのため、中止になってました。バスに乗ってやまと天目山温泉へ。途中の紅葉がきれいです。

2007111002

駅に置いてあるチケットのお陰で通常800円の所、500円でした。お風呂は内湯、露天風呂があり、内湯は加温湯とそうでないお湯に別れています。入るとかなりのヌルヌル度。PH10.3もある日本でも有数のアルカリ度の温泉だそうです。わずかに塩素臭があるものの、そんなに気になるほどではありません。それよりもやはりお湯の良さが素晴らしく、露天風呂で長く入ってしまいました。内湯の加温していないお風呂も長湯ができ、これもまたいいものでした。今日は紅葉のせいと天気が今ひとつだったせいか、休憩所はほとんど埋まってしまうような混み具合でした。

2007111003

せっかくなので、帰りは駅まで歩きます。イチョウがきれいでした。

2007111004

モミジもなかなかのもの。ハイキングコースが歩けなかったのがちょっと残念でした。

2007111005

最後の締めはもちろん笹一酒造の笹一新酒フェア。美味しいお酒を楽しみました。新酒フェアは18日までです。しっかり新酒を握りしめ、駅近くまで来たら、まだ笹子餅を売っていたので、しっかり買い求めて帰りました。

本当にやまと天目山温泉はいい温泉でした。家に帰っても、まだ肌がつるつるしています。地元の人も多く、やっぱりここのアルカリ温泉が一番だと大月の人や都留の人が言っていました。位置的に山の帰りに使うのは若干難しいですが、温泉目当てでも十分に楽しめる施設だと思いました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雲取山へ(オフ会)

4日(日)は、Hgさんシマダさん、hillwalkerさん、JJ1LBDさん、と一緒に紅葉を見に、雲取山へ行ってきました。

Hgさんの車で日原林道を行きます。途中でHgさんの定点ポイントで何度も写真を撮りながら登山口へ。ところどころきれいな木もあるものの、どちらかというと渋めの感じかな。

2007110401

それでもきれいな木はやはりきれいです。吊り橋を渡って唐松谷林道へ入ります。沢沿いの道は公式には通行止めです。

2007110403

なかなかきれいな紅葉です。道がだいぶ細いのと、落ち葉で少し分かりにくい感じの所もあります。

2007110405

素晴らしく真っ赤になっている木を発見。でも、赤い紅葉を本当にきれいに写真に写すにはやはりテクニックが必要なようですね。なかなか難しいです。

2007110406

途中、橋が何カ所が崩れてますので、それなりの経験がある方以外は、無理に入らない方が無難です。渋い紅葉も悪くないですね。

2007110407

上部も気持ちいい道が続きます。

2007110408

結構きつい所を登りきると、そこは縦走路。このあたりは唐松の紅葉が見頃です。

2007110409

奥多摩小屋のあたりはナナカマドの実がきれいでした。小屋の若い人に小屋へ避難してくださいと言われて避難したら、ヘリが来て、荷物を置いていきました。やはりすごい風ですね。

2007110410

シマダさんの先導で初めて踏んだ小雲取山。

2007110411

雲取山への道はやはり気持ちが良い歩きです。

2007110412

山頂で眺めを楽しんでいると、JJ1LBDさんは、無線で交信をするために三角点に向かいます。昼食を取って休憩後、富田新道を下ります。どんよりとした雲がかかり、暗くなって来ました。Hillwalkerさんの足の速いこと。とても追い付けません。上部はだいぶ立ち枯れが目立ちます。これも環境が破壊されていく過程なのでしょうか。Hgさんの話によると、シカのせいもあるようです。

2007110413

地味な紅葉で結構きれいです。

2007110414

だいぶ下まで降りると、やはりきれいな木を見掛けます。

2007110415

絞り開放でなんとか写りました。

2007110416

ゆらゆらと揺れる吊り橋を渡って、頑張って最後を登り返せば、もう日原林道でした。帰りもHgさんの車であっというまに駅まで送って頂きました。

最後にHgさん、シマダさん、hillwalkerさん、JJ1LBDさん、本当にありがとうございました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ハケ散歩

本日は午後からいい天気になりましたね。せっかくなので立川付近のハケの散歩に出掛けました。

南武線の谷保駅を出て、谷保天満宮へ。七五三で着飾った女の子がいて、家族で写真を撮ったりしているのが微笑ましい感じでした。裏手には池があり、錦鯉が泳いでいました。きれいな水を辿って、谷保の城山へ。民家があって一部私有地です。

2007110301

いかにも里山の雰囲気で意外と静かでした。その先には移築された古民家があります。

2007110302

いい感じの雰囲気です。

2007110303

古民家の午後。やはり昔懐かしい癒される雰囲気ですね。

ここからハケに沿って歩いていき、途中でくにたち郷土文化館なども立ち寄って、ママ下湧水へ。本当に崖の下から水がたくさん湧いていました。その後は矢川に沿って歩き、みのわ通りへ出て、西国立駅まで歩きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新地形図の合わせ方

バリハイにはやっぱり欠かせない2万5千分の1地形図のお話。

たまに買いますが、最近はだいぶ新しくなっていますね。書かれた文字が見やすいし、等高線も分かりやすい感じがします。余白が少ないのは折り方が難しいですけど。

世界測地系に合わせるのと、空白部分ができないように図幅が拡大されたので、隣と合わせるのも難しくなっています。なんか方法ないのかな、と思っていたのですが、雑誌に合わせ方の解説が載っていました。

四隅の図枠のすぐ隣に水色の記号が載っているのが見えるでしょうか?8箇所あります。それが古い地形図と合わせるための場所です。これを利用して折りたためば、古い地図と完全に合わせることができるそうです。(日本測地系の位置となります)

また、新地図どうしを合わせるには茶色の記号を使います。これを使えば、新地図どうしがずれずに合わせることができるそうです。地図の左にある説明書きなどほとんど読んでいなかったのですが、8番の説明がこれに当たります。

自分はというと、やっぱり地図の四隅で余白部分を折っちゃいます。せっかく広がった地図ですから、最大限生かしたいですよね。特に今まで四隅に埋もれていた山とか...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »