« 本間の頭境界尾根 | トップページ | 高尾山で鍋 »

八国山と荒幡富士

本日は良い天気でした。体調が今ひとつで山に行けないのがちょっと残念でしたが、軽くウォーキングに出掛けました。

2007112301

西武園駅で下車して、八国山の尾根道を歩きます。光の加減が素晴らしく、こんな日に山に行けなかったのはちょっと残念な気分。将軍塚を見てから、鳩峰八幡宮へ行き、荒幡富士へ。登ってみましたが、すぐ近くにゴルフ場があるのが残念ですけど、木がうまく隠してくれています。山々のシルエットを眺めることができました。

2007112302

赤くなった葉がなんとも言えない気分でした。

« 本間の頭境界尾根 | トップページ | 高尾山で鍋 »

ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

おっ、なつかしや、トトロの道付近。八国山下の病院がお母さんが入院していた病院のモデルと、地元では勝手に想像しているらしい。
このあたりの散歩からだんだん奥武蔵に向かい始め、ある日棒ノ折から奥茶屋に降りたのが私の奥多摩デビュー。山歩きの原点になった里歩き地域です。

hillwalkerさん、こんにちは。

やっぱり里山はとってもいいものですね。あまり良くなかった体調も歩いているうちにだいぶ良くなりました。途中見かけた地図に病院が乗っていたような気がしますが、それがそうだったのかな。あのあたりの森の一部はナショナルトラスト運動の基金で得られた土地らしいですね。

奇遇ですね。hillwakerさんも奥多摩の最初は棒ノ嶺でしたか。自分も最初の山行は高水三山のはずが岩茸石山から棒ノ嶺、そして奥茶屋へ降りて川井駅まで歩いて、結構歩けるじゃないか、と思ったのが始まりでした。

(ちなみに棒ノ嶺の話ですが、以前、酉谷小屋に泊まったときに飯能の人が、「棒の折なんかじゃなくて、あれは子供の頃から棒ノ嶺なんだ!!!」って、さかんに言っていたので、自分は地元の方の意見を尊重していつも棒ノ嶺って書いてます。)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八国山と荒幡富士:

« 本間の頭境界尾根 | トップページ | 高尾山で鍋 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ