« 高尾山で鍋 | トップページ | 冬桜を見に桜山へ »

三ノ沢尾根と茅倉尾根

昨日25日(日)は大岳山のあたりの尾根を歩いてきました。

まずは海沢へ。白丸駅から歩き出しますが、霜が降りて風が寒いのなんの。特に海沢へ向かう途中の養殖場のあたりは道の上にかなり霜があって滑るのでちょっと怖いぐらいでした。天地沢のあたりから取り付きます。

2007112501

もう紅葉もそろそろ終わりですね。

2007112502

ずっと植林が続くので、面白みに欠けます。コウヤボウキがまだ咲き残っていました。

2007112503

オキノ岩山で尾根に出て、大岳山に向かいます。巻き道を行くと、ススキが逆光で光り輝き、とてもきれいでした。

2007112504

南尾根を登り、大岳山へ。やっぱり富士山ですね。前は樹林があって、この景色は見られなかったけど、すっかり展望の山になってしまいました。

2007112505

久しぶりの馬頭刈尾根。富士見台からももちろん富士山が見えます。写真は大岳山です。

2007112506

つづら岩からはがちゃがちゃと金属音がします。見ると3組以上のクライマーが取り付いていました。これだけ天気がいいと岩登りも気持ちいいんだろうなぁ。一般ハイカーが見学したりしてました。

2007112507

鶴脚山から茅倉尾根に入ります。最初は普通の尾根でしたが、やがて急降下。こんな下りで大丈夫か心配になります。やがて藪に突入。漕ぐほどではないですが、やがて道がなくなり、尾根を下っていきます。このあたりは比較的、雰囲気の良いところ。

2007112508

下部で岩場に出てしまい、左に行ってしまったことに気づきます。あわてて右にトラバース気味に戻りますが、植林の藪がひどい状態。それでも、なんとか下り、道に出た時にはほっとしました。振り返ると、富士見台あたりなのでしょうか、なかなか堂々たる風景でした。

2007112509

時間が早かったので、十里木で途中下車して、瀬音の湯へ。さすがに連休で人も多く、お湯も汚れ気味でしたが、それでも微妙な硫黄の香りがあり、すべすべになりました。帰りは、入場するのに待っている人も見掛けましたので、入るならば早めに行った方がいいみたいです。

« 高尾山で鍋 | トップページ | 冬桜を見に桜山へ »

登山(奥多摩)」カテゴリの記事

コメント

三ノ沢尾根は、取り付きの桟橋の写真をのっけるのがお約束です。そして急登前に天地沢沿いに延びる踏み跡が気になるなぁとか書いて、中間点付近の小広く開けた場所の広葉樹林の画像を掲載するのも、ほぼお約束。私が登ったのも昨年の紅葉時期でした。でも馬頭刈の先端近くまで行こうとは、考えもしませんでしたよ。茅倉尾根と結びたかったのでしょうね。お陰さまで茅倉尾根は候補から外れました。手間を省いていただいて感謝。

hillwalkerさん、こんにちは。
橋の写真は撮りませんでした。というより、渡るのが結構怖かったので写真を撮ることなんてすっかり忘れてました。

天地沢沿いの踏み跡には気が付かなかったなぁ。あのあたり、植林の伐採が入ったのか、だいぶ枝打ちされた枝が落ちて、踏み跡も分かりにくくなっていました。

1枚目の写真は広くなったあたりで撮ったものです。

松浦さん本の通りに歩いてみました。結構、思ったよりも歩きがいがありましたよ。最後の藪にはやられましたけど。手入れされない植林が今の里山林業の衰退を感じさせて寂しいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三ノ沢尾根と茅倉尾根:

« 高尾山で鍋 | トップページ | 冬桜を見に桜山へ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ