« 雲取山へ(オフ会) | トップページ | フォトコンテスト »

やまと天目山温泉

10日(土)はやまと天目山温泉に行ってきました。

2007111001

滅多に下車したことのない、甲斐大和駅で下車。駅からハイキングが予定されていたようですが、竜門峡ハイキング道は橋が落ちて通行止めのため、中止になってました。バスに乗ってやまと天目山温泉へ。途中の紅葉がきれいです。

2007111002

駅に置いてあるチケットのお陰で通常800円の所、500円でした。お風呂は内湯、露天風呂があり、内湯は加温湯とそうでないお湯に別れています。入るとかなりのヌルヌル度。PH10.3もある日本でも有数のアルカリ度の温泉だそうです。わずかに塩素臭があるものの、そんなに気になるほどではありません。それよりもやはりお湯の良さが素晴らしく、露天風呂で長く入ってしまいました。内湯の加温していないお風呂も長湯ができ、これもまたいいものでした。今日は紅葉のせいと天気が今ひとつだったせいか、休憩所はほとんど埋まってしまうような混み具合でした。

2007111003

せっかくなので、帰りは駅まで歩きます。イチョウがきれいでした。

2007111004

モミジもなかなかのもの。ハイキングコースが歩けなかったのがちょっと残念でした。

2007111005

最後の締めはもちろん笹一酒造の笹一新酒フェア。美味しいお酒を楽しみました。新酒フェアは18日までです。しっかり新酒を握りしめ、駅近くまで来たら、まだ笹子餅を売っていたので、しっかり買い求めて帰りました。

本当にやまと天目山温泉はいい温泉でした。家に帰っても、まだ肌がつるつるしています。地元の人も多く、やっぱりここのアルカリ温泉が一番だと大月の人や都留の人が言っていました。位置的に山の帰りに使うのは若干難しいですが、温泉目当てでも十分に楽しめる施設だと思いました。

« 雲取山へ(オフ会) | トップページ | フォトコンテスト »

温泉(中部)」カテゴリの記事

コメント

リブルさん、こんばんわ。
笹一は土曜に行かれていたのですね!ちなみにボクは昨日でした。(^^ゞ

天目山温泉、温泉通のリブルさんがそこまで激賞?されるとは。。。それならそれより下の田野の湯は寄られたことあるでしょうか。利用者が少ないこともあってお湯ならあそこの方が上だとボクは思うのですが、リブルさんの感想をいつか聞いてみたいです。

ただ営業時間が16時までというのともともと老人福祉センターも兼ねているせいでしょうかアルコール類等が売られていないのが難ではあるんですけど。。。

komadoさん、こんにちは。返答が遅くなりました。

komadoさんは日曜日でしたか。土曜日も思ったよりは少なかったですよ。テーブルも奥の方が空いてましたし。

甲斐大和あたりは今までほとんど行ったことが無かったんです。去年、初めて甲斐大和駅から笹子雁が腹摺北尾根を歩いただけです。なので田野の湯も行ったことはないです。駅へ向かって歩いている途中にありましたね。komadoさんのお薦めなら、今度、行ったときに入ってみます。自分は家に帰って飲む方なので、全然問題ないかな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やまと天目山温泉:

« 雲取山へ(オフ会) | トップページ | フォトコンテスト »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ