« 紅葉の蕎麦粒山、川苔山 | トップページ | ハケ散歩 »

新地形図の合わせ方

バリハイにはやっぱり欠かせない2万5千分の1地形図のお話。

たまに買いますが、最近はだいぶ新しくなっていますね。書かれた文字が見やすいし、等高線も分かりやすい感じがします。余白が少ないのは折り方が難しいですけど。

世界測地系に合わせるのと、空白部分ができないように図幅が拡大されたので、隣と合わせるのも難しくなっています。なんか方法ないのかな、と思っていたのですが、雑誌に合わせ方の解説が載っていました。

四隅の図枠のすぐ隣に水色の記号が載っているのが見えるでしょうか?8箇所あります。それが古い地形図と合わせるための場所です。これを利用して折りたためば、古い地図と完全に合わせることができるそうです。(日本測地系の位置となります)

また、新地図どうしを合わせるには茶色の記号を使います。これを使えば、新地図どうしがずれずに合わせることができるそうです。地図の左にある説明書きなどほとんど読んでいなかったのですが、8番の説明がこれに当たります。

自分はというと、やっぱり地図の四隅で余白部分を折っちゃいます。せっかく広がった地図ですから、最大限生かしたいですよね。特に今まで四隅に埋もれていた山とか...。

« 紅葉の蕎麦粒山、川苔山 | トップページ | ハケ散歩 »

その他情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新地形図の合わせ方:

« 紅葉の蕎麦粒山、川苔山 | トップページ | ハケ散歩 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ