« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

湯村温泉

湯村山からは駅に向かうのが普通ですが、やはり今年最後の温泉に入っていきたい、ということで湯村温泉に降りました。大きな旅館が多いですが、小さめの旅館を選び、弘法湯という旅館にしました。

2007122411

温泉はナトリウム-塩化物泉ということです。さすがにクリスマスということもあって誰もおらず温泉を独り占め。掛け流しのお湯ががんがん流されています。湯温が少し低いらしく、冬は加温しているとのことでしたが、それでも、柔らかないいお湯でした。

お風呂を上がって帰ろうとしたら、お茶を用意してくれ、お茶菓子まで頂きました。気分よく宿を後にしました。調べたところ、団体さんがいるときや、人の多い時は日帰り入浴を断られることもあるようです。

終わりよければすべてよし。いい温泉で今年を締めくくることができました。来年もいい温泉巡りがしたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

淡雪山から南アルプスを

24日は今年最後の山行。興因寺山から淡雪山、湯村山を歩いてきました。

2007122401

積翠寺バス停で下車し、穴口峠に向かいますが、取り付きが難しくて、あっちこっち行ったり来たり、それでもなんとか穴口峠への道へ入り、静かな登山道を登ります。穴口峠は反対側から林道が来ていて興ざめ。そのあとはヤブっぽい道を歩いて、しまった鉄塔巡視路に入ってしまったと思ったら、そこが興因寺山でした。ヤブの間から南アルプスを眺めるだけ。

2007122402

鉄塔に小さな札が付けられていました。地元の山の会なのかなぁ。

2007122403

淡雪山に向かうと、広がる下界の眺め。

2007122404

途中のピークからも素晴らしい眺め。鳳凰三山がきれいです。

2007122405

右は甲斐駒が雲をなびかせていました。

2007122406

甲府市内のビルがまるでジオラマの作り物のような感じに見えました。

2007122407

これはどこの山かな?右は北岳あたりで、左は農鳥あたりかなぁ。

2007122408

白砂と松の組み合わせがいい雰囲気の道です。

2007122409

金子峠を過ぎるとだいぶヤブ道。道自体もかなり踏み跡薄く、ときどきトレースを外してしまいます。それでも、尾根に従って歩いていけば、踏み跡が見つかり、里へ下りられました。ここからも南アルプスの眺めがいいところ。この先降りていったら、下帯那のバス停まで下ってしまったので、元の道まで戻って千代田湖へ。

2007122410

湖のそばから取り付き、白山へ。山頂には休憩舎があるので、ここからも湖と山々の眺めを楽しめます。

2007122412

のんびり歩いて、湯村山へ。途中はずっと逆光だったので、ようやく富士山の眺めを楽しむことができました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

鈴ヶ尾山北西尾根から大桑山北尾根

15日(土)は前道志の藪山を歩いてきました。

猿橋駅から歩き出し、朝日小沢方面に向かい、幡野入口バス停のあたりから取り付きます。

2007121501

幡野山へ向かうと木にキノコが張り付いていました。

2007121502

ほとんど葉は落ちてますが、わずかに残ったモミジがありました。

2007121503

返り咲きのつつじ。こんなに咲いちゃうの?道志のあたりは特に多いみたいですね。

2007121504_2

少し藪っぽい尾根を歩き、640mも過ぎて、尾根がきつくなるので右から回って730mのピークへ。二つ盛り上がっているのは、大桑山と高畑山かな?

2007121505

きれいな赤い実が付いていました。

2007121506

静かな鈴ヶ尾山を過ぎ、右手が開けている所に出て、右後ろを振り返ると、木の間から富士山が見えました。ちょっと雲がかかっていたけど、なかなかのもの。

2007121507

林道を過ぎて大桑山に向かいます。このあたりはなかなかきれいな樹林。

2007121508

大桑山は静かなピーク。眺めもありません。

2007121509

まだ11時と時間が早かったけど、下山にします。北尾根に向かい少し下った所からは悪くない眺めでした。

2007121510

ルートファインディングもうまくいき、正しい尾根を下降します。最後の踏み跡は左に行ってみたら、踏み跡はあるものの、ひどい藪。ずいぶん踏まれた感じはあったし、ビールビンも落ちているのを見掛けたので、昔は使われていた山仕事用の道だったのでしょう。とてもそのままの藪の踏み跡の中を進めるような状態ではなかったので、右の沢に逃げました。写真がその沢。 なんとか、津成の集落に出られました。

2007121511

春日神社の鳥居は結構大きいですね。無事に降りられたので、お参りしていきました。

2007121512

ちょうどバスの時間でしたが、まだ時間も早いし、ノンビリ歩こうと思ったので誰も乗っていないバスを見送り、鳥沢駅へ向かいます。途中には大きな木がありました。いつ頃からある木なのでしょうか。いろいろな生活を見守ってきたのでしょうね。いつまでも立っていて欲しいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

林試の森公園から国立自然教育園

たびたびblogデザインを変更して、見やすいレイアウトをお試し中です。ころころ変わるかもしれません。

本日は用事があったので、山はなし。公園散歩に出掛けました。

2007120801

武蔵小山駅から歩き、林試の森公園へ。結構きれいに紅葉している木がありました。

2007120802

何の木か分からない低木だけど、結構赤いですね。

2007120803

目黒不動尊にお参り。きれいな黄色だったのですが、レンズを交換していたら、急にくもってしまって、いまいちでした。

2007120804

庭園美術館を散策しましたが、モミジの色づきはいま三つぐらいで、やっぱりだめなのかな。国立自然教育園を散歩すると、なかなか悪くない木がありました。都内の紅葉はもう12月が当たり前になりつつあるのですかね...。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

湯郷 白寿

桜山温泉センターから歩いても良かったのですが、バス停に行くと後5分ほどで鬼石方面行きのバスが来るので、それに乗り、新町バス停で本庄駅行きに乗り換えて下渡瀬で下車します。少し戻れば湯郷白寿がありました。建物は質素な雰囲気。

2007120121

ここはとても濃い温泉で、埼玉の温泉の中でもかなり上位に入る濃さなようです。

入浴料は700円と普通のお値段。浴室は2階で上に上がります。浴室に入り、床を見るとやっぱりすごい堆積物で、千枚皿みたいな感じになっています。足で踏むと痛いぐらい。たくさんのお湯が贅沢に掛け流されています。内湯はわずかにぬるめのお湯。黄褐色で足下は見えません。匂いはわずかに鉄系の香り。本当にわずかなので、体に香りが残るような感じではありません。意外と体に対する負担は少ない感じです。

露天風呂に出てみますが、こちらもやっぱり床が千枚皿状態。露天風呂のお湯はくぼみに従って建物の中へ流れています。こちらもそんなには熱くない感じ。常連さんらしき人が話をしていた所によると、この日はやはりぬるかったようです。それでもあまり長湯はできない感じ。すぐに温まってしまいます。

泉質はナトリウム-塩化物強塩温泉ということでした。浴室にあった成分表を見てびっくり。なんと30gを越えています。本当に濃い温泉で温まりました。いい温泉でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜山温泉センター

桜山から八塩温泉方面へのハイキング道を降りていくと、バイパス道のような広い道に出ます。しばらく左へ歩くと、桜山温泉センターがありました。

2007120120

入浴料は3時間600円でした。浴場は2階にあります。

お湯はちょうどいい温度のお湯。露天風呂はわずかに熱めになっていました。泉質はナトリウム・カルシウム-塩化物・炭酸水素塩泉ということです。成分量は3g以上あるようで、結構濃い源泉は悪くないと思われますが、湯量がそんなには多くないらしく、残念ながら加水です。循環で塩素臭もあり、普通のお湯のような感じなのが残念。それでもしこしこした感じはあります。そんなに長くは居なかったのですが、思ったよりも温まりました。

施設を出て、道を下っていくと、国道に出ます。バス停があり、「桜山温泉センター入口」でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬桜を見に桜山へ

2日(土)は群馬の桜山へ冬桜を見に行ってきました。桜も良かったけど、紅葉も良かったですよ。

2007120101

高崎線本庄駅からバスに乗って鬼石(おにしと呼ぶようです)郵便局前で下車します。12月半ばまではシャトルバスがあります。藤岡市のホームページに情報がありました。でも、それには乗らずに歩くことにしました。久々沢に向かって歩いていると素晴らしい黄葉のコントラスト。写真よりも実物は本当にはっとするような色です。

2007120102

久々沢の近くまで来るとしっかり冬桜が咲いていました。

2007120103

静かな登山道に入ります。しばらく歩くと農園があり、子犬くんが先導してくれました。公園近くまでついてきたのですが、お祭りの空砲がどんどんと鳴ったら、怖がって走って戻っていきました。

2007120104

青空の下、紅葉が素晴らしいです。

2007120105

山頂の近くまで来ると、たくさんの冬桜がありました。

2007120106

紅葉をバックに。でも、なんか不思議な組み合わせですね。

2007120108

青空と冬桜。この時期はやはり空の青さが気持ちいいものです。

2007120109

真っ赤なモミジ。今年はやっぱり赤がいいなぁ。

2007120114

山頂から下っていきます。向こうに見えるのは御荷鉾山らしいです。

2007120111

下ると日本庭園に出ますが、ここのモミジも真っ赤っか。

2007120112

車道をしばらく下り、途中から八塩温泉への道に入ると、桜山の喧噪から離れて静かな道になります。

2007120113

弁財天がありました。この先には展望台もあり、町並みを眺めることができました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »