« 三ノ沢尾根と茅倉尾根 | トップページ | 桜山温泉センター »

冬桜を見に桜山へ

2日(土)は群馬の桜山へ冬桜を見に行ってきました。桜も良かったけど、紅葉も良かったですよ。

2007120101

高崎線本庄駅からバスに乗って鬼石(おにしと呼ぶようです)郵便局前で下車します。12月半ばまではシャトルバスがあります。藤岡市のホームページに情報がありました。でも、それには乗らずに歩くことにしました。久々沢に向かって歩いていると素晴らしい黄葉のコントラスト。写真よりも実物は本当にはっとするような色です。

2007120102

久々沢の近くまで来るとしっかり冬桜が咲いていました。

2007120103

静かな登山道に入ります。しばらく歩くと農園があり、子犬くんが先導してくれました。公園近くまでついてきたのですが、お祭りの空砲がどんどんと鳴ったら、怖がって走って戻っていきました。

2007120104

青空の下、紅葉が素晴らしいです。

2007120105

山頂の近くまで来ると、たくさんの冬桜がありました。

2007120106

紅葉をバックに。でも、なんか不思議な組み合わせですね。

2007120108

青空と冬桜。この時期はやはり空の青さが気持ちいいものです。

2007120109

真っ赤なモミジ。今年はやっぱり赤がいいなぁ。

2007120114

山頂から下っていきます。向こうに見えるのは御荷鉾山らしいです。

2007120111

下ると日本庭園に出ますが、ここのモミジも真っ赤っか。

2007120112

車道をしばらく下り、途中から八塩温泉への道に入ると、桜山の喧噪から離れて静かな道になります。

2007120113

弁財天がありました。この先には展望台もあり、町並みを眺めることができました。

« 三ノ沢尾根と茅倉尾根 | トップページ | 桜山温泉センター »

登山(西上州)」カテゴリの記事

コメント

リブルさん、こんばんは。
リブルさんの紅葉写真、ホントにきれいでうっとりしてしまいます。
天気、よかったですね!東京の日曜はなんとなく薄日で洗濯物も乾かない感じでしたよ。
ちょっと前の記事ですが、高尾山の紅葉もきれいでしたね。
やっぱり私は早く行き過ぎたかな~。
まだ平地と山の紅葉の時期がうまくつかめないあたりが初心者ですね^_^;来年こそはドンピシャの紅葉目指します!

cyu2さん、こんにちは。

紅葉の写真はなかなか難しいですね。カメラのセッティングをいろいろ試していますが、まだ迷ってしまいます。

紅葉の一番の時期に当たるのは本当に難しいですよ。今回は冬桜の一番の時期を目当てに行っただけで、紅葉は終わりだと思ってました。

やはりいろいろな方の書き込みを見て、すぐに行く、というのが一番信頼性が高いみたいです。先週あのぐらいの標高なら、もう少し下が一番かなとか、そんな感じですよ。山域が異なると紅葉の進み具合も異なるので、行こうと思っている山域の情報を確認するといいですよ。あとは天気がいいこと。ちょっとぐらい紅葉が今ひとつでも、最高の天気だととってもきれいに見えますよ。本当に。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬桜を見に桜山へ:

« 三ノ沢尾根と茅倉尾根 | トップページ | 桜山温泉センター »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

無料ブログはココログ