« 桜山温泉センター | トップページ | 林試の森公園から国立自然教育園 »

湯郷 白寿

桜山温泉センターから歩いても良かったのですが、バス停に行くと後5分ほどで鬼石方面行きのバスが来るので、それに乗り、新町バス停で本庄駅行きに乗り換えて下渡瀬で下車します。少し戻れば湯郷白寿がありました。建物は質素な雰囲気。

2007120121

ここはとても濃い温泉で、埼玉の温泉の中でもかなり上位に入る濃さなようです。

入浴料は700円と普通のお値段。浴室は2階で上に上がります。浴室に入り、床を見るとやっぱりすごい堆積物で、千枚皿みたいな感じになっています。足で踏むと痛いぐらい。たくさんのお湯が贅沢に掛け流されています。内湯はわずかにぬるめのお湯。黄褐色で足下は見えません。匂いはわずかに鉄系の香り。本当にわずかなので、体に香りが残るような感じではありません。意外と体に対する負担は少ない感じです。

露天風呂に出てみますが、こちらもやっぱり床が千枚皿状態。露天風呂のお湯はくぼみに従って建物の中へ流れています。こちらもそんなには熱くない感じ。常連さんらしき人が話をしていた所によると、この日はやはりぬるかったようです。それでもあまり長湯はできない感じ。すぐに温まってしまいます。

泉質はナトリウム-塩化物強塩温泉ということでした。浴室にあった成分表を見てびっくり。なんと30gを越えています。本当に濃い温泉で温まりました。いい温泉でした。

« 桜山温泉センター | トップページ | 林試の森公園から国立自然教育園 »

温泉(関東)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 湯郷 白寿:

« 桜山温泉センター | トップページ | 林試の森公園から国立自然教育園 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ