« 林試の森公園から国立自然教育園 | トップページ | 淡雪山から南アルプスを »

鈴ヶ尾山北西尾根から大桑山北尾根

15日(土)は前道志の藪山を歩いてきました。

猿橋駅から歩き出し、朝日小沢方面に向かい、幡野入口バス停のあたりから取り付きます。

2007121501

幡野山へ向かうと木にキノコが張り付いていました。

2007121502

ほとんど葉は落ちてますが、わずかに残ったモミジがありました。

2007121503

返り咲きのつつじ。こんなに咲いちゃうの?道志のあたりは特に多いみたいですね。

2007121504_2

少し藪っぽい尾根を歩き、640mも過ぎて、尾根がきつくなるので右から回って730mのピークへ。二つ盛り上がっているのは、大桑山と高畑山かな?

2007121505

きれいな赤い実が付いていました。

2007121506

静かな鈴ヶ尾山を過ぎ、右手が開けている所に出て、右後ろを振り返ると、木の間から富士山が見えました。ちょっと雲がかかっていたけど、なかなかのもの。

2007121507

林道を過ぎて大桑山に向かいます。このあたりはなかなかきれいな樹林。

2007121508

大桑山は静かなピーク。眺めもありません。

2007121509

まだ11時と時間が早かったけど、下山にします。北尾根に向かい少し下った所からは悪くない眺めでした。

2007121510

ルートファインディングもうまくいき、正しい尾根を下降します。最後の踏み跡は左に行ってみたら、踏み跡はあるものの、ひどい藪。ずいぶん踏まれた感じはあったし、ビールビンも落ちているのを見掛けたので、昔は使われていた山仕事用の道だったのでしょう。とてもそのままの藪の踏み跡の中を進めるような状態ではなかったので、右の沢に逃げました。写真がその沢。 なんとか、津成の集落に出られました。

2007121511

春日神社の鳥居は結構大きいですね。無事に降りられたので、お参りしていきました。

2007121512

ちょうどバスの時間でしたが、まだ時間も早いし、ノンビリ歩こうと思ったので誰も乗っていないバスを見送り、鳥沢駅へ向かいます。途中には大きな木がありました。いつ頃からある木なのでしょうか。いろいろな生活を見守ってきたのでしょうね。いつまでも立っていて欲しいものです。

« 林試の森公園から国立自然教育園 | トップページ | 淡雪山から南アルプスを »

登山(道志)」カテゴリの記事

コメント

鈴ヶ尾山は10月21日に行きました。11月には金森さんも行かれてます。そしてみんなが写したのが、返り咲きにも程があるヤマツツジです。アハハ。この土曜も、リブルさんと数キロ離れた地点で枯れ掛けたやつを数輪みました。リブルさんが大桑山にいた頃、私は九鬼山下の久美山分岐から東に向かい、シモバシラなどを写しておりました。降りたバス停は朝日小沢上であります。

hillwalkerさん、こんにちは。

なるほど、返り咲きのツツジはあそこだったんですか。いまだに咲いているし、蕾まであるから、連続して咲いているみたいですね。そのうち、一年中咲いていたりして。返り咲きのツツジは先日行った群馬の桜山の近くでも見掛けました。道志だけじゃないみたいですね。シモバシラは見なかったなぁ。

菊花山から九鬼山のあたり、自分も好きで何度か歩いています。九鬼山下から東というと、826mのピークの尾根でしょうか?踏み跡はありました?2年ほど前、あそこを降りようとしたのですが、藪の中に突っ込んでしまい、無理矢理下った覚えがあります。なんとか自分も朝日小沢に降りられましたが。(^^;

久しぶりに猿橋のバス営業所近くの酒店で日本酒を買いたいです。店主の薦めで買ったお酒はそんなに高くなかったけど確かに旨かったですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鈴ヶ尾山北西尾根から大桑山北尾根:

« 林試の森公園から国立自然教育園 | トップページ | 淡雪山から南アルプスを »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ