« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

ロウバイを見に宝登山へ

27日(日)はやはりロウバイが見たくなって、秩父の宝登山へ行ってきました。

2008012704

朝は普段起きている時間と同じで山にしては、ゆっくりの出発。長瀞駅で下車して歩き出します。右の方から登りますが、林道みたいですね。ところどころショートカットもありますが、あんまり早く登ってしまうともったいない気がして、そのまま広い道を歩きました。

山頂らしき所に着くと神社があります。その先へ行けば、もうそこはロウバイ園。

2008012701

やはりいいものですね。向こうの山はきっと両神山ですね。

2008012702

蕾も多く、4分咲き~5分咲きくらいでしょうか。まだしばらくは楽しめると思います。

2008012703

やはり天気のいい日はいいですね。ロウバイの独特の香りも楽しむことができました。

2008012705

しばらく楽しんだのち、下山にかかります。そのまま下るのも面白くないので、野上峠への道を下り、林道に出た所で左に歩きます。廃屋の前を通って、もう使われていなさそうな道を歩いていくと、とても人の来そうもない所に小さな社がありました。戻ろうかと思いつつ、なんとなく道が続いているので、探索気分でこの先も歩いていけば、着いた所は諏訪平のバス停。

2008012706

皆野行きバスを待ってもいいけど、どうしようかなと地図を見ると、出牛峠を越えるのがよさそう。車道をしばらく歩き、西福寺の横あたりから出牛峠に向かいます。出牛峠の手前にはそれなりに古そうな倒れた道標がありました。出牛峠は舗装道路が通っていて気分マイナス。この先はウオーキングコースらしく整備されたようで、ビニールテープなどで竹林の中をうまく通り抜けられました。

2008012707

最後はこれまたいい雰囲気の野上駅へ。やはり秩父鉄道の駅はどこの駅も良いですね。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

藤尾からの笹尾根

  26日(土)は南面からの笹尾根を歩いてきました。

2008012701

上野原からのバスを藤尾で下車し、歩き始めます。山上集落はもちろん今でも住んでいる人達がいます。なぜわざわざこんな不便な所にと思いますが、明るい集落はやはり先祖代々からの土地を離れたくないのでしょうね。

2008012702

道標に従って登山道に入ります。さすがに雪が出てきますが、靴底程度なので、それほどではありません。やがて笛吹峠と数馬峠の分岐。左の数馬峠への道を取ると、さすがに少し雪が増えました。

2008012703

雪があるので、少し登りがきついですが、なんとか笹尾根に出ます。やはり雪がかなりあり、15センチはあったのではないでしょうか。

2008012704

明るい雪の尾根を歩いていきます。

2008012706

丸山は巻き、土俵岳で昼食。日原峠に着くと、やはり石仏がありました。いつ頃のものなのでしょうか。少し斜めになっているのも、年代を感じさせていい感じでした。

2008012707

明るい尾根を浅間峠へ。

2008012708

浅間峠の祠。さすがにこの時間、誰もおらず静かで、休憩舎の屋根からポタポタと垂れる雪解けの音。一人でしばらく佇んでしまいました。

2008012709

上川乗のバス停は風情のあるバス待合所。地元の人が置いたのでしょう。梅干しの無人販売もありました。小さな待合所が寒い時期にはとても嬉しいものでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

小野上温泉

先日、風邪なのに小野上温泉に行ってしまいました。

2008011901

小野上温泉駅を降りたら、この状況。ええっ、やってないの!?電車は1時間に1本しかないし、どうしよう???

って、ちょっと思いましたが、左に通路が出来ていて、それを通ると、しっかり営業していましたのでほっとしました。新しい施設を建設中なのです。今年の夏頃には出来る予定のようです。ここには随分通っているので、あのお風呂が変わってしまうのは少し寂しい気もしますが、新しい施設もこじんまりとしている方がいいなぁ。

お湯は何度も紹介していますが、ナトリウム-塩化物泉です。飲泉所のお湯はわずかに硫黄の香りを含んでいますが、お風呂では飛んでしまっているようで香りはありません。それでも、ぬるぬるになるいいお湯です。入浴料も2時間400円と安価です。

2008011902

小野上温泉の駅舎。以前は民間委託の駅員さんがいたのですが、今は無人になっているようでした。

結局、帰った後、風邪をこじらせ寝込むことに。温泉は慢性の病気には効きますけど、急性の病気は悪化させることがありますので、避けた方が無難ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

楽天地天然温泉 法典の湯

すっかり体が冷え切ってしまい、温泉に立ち寄ることにしました。武蔵野線で西船橋から一駅乗った、船橋法典駅から徒歩5分くらいにある、法典の湯にしました。

2008011410

入浴料は750円と思ったよりも高くありません。いわゆるスーパー銭湯プラスアルファぐらいだろうとあまり期待はしていませんでした。さすがに連休最後でかなり混んでいました。内湯は普通のお風呂やミルク風呂のようなお風呂になっていました。

外へ出ると、天然温泉の浴槽があります。中に入ると、茶色で結構鉱物臭のするお湯。かなり濃そうです。この手のお湯は、熱めは避けて、ぬるめにゆっくり浸かるのがいいですね。熱めに入ると、すぐに体が熱くなってしまいます。お湯で顔を洗ったら、ひりひりします。肌の弱い人は避けた方がいいでしょう。やはりよく温まるお湯でした。

寝湯はお湯がほとんどなく、下の石が熱くなっています。その上に寝るのですが、結構気持ちいい感じ。この日は寒い日だったので、熱い天然温泉のお風呂から出て、クールダウンするのにぴったり。これは、ちょっと気に入りました。

お湯から出て、成分表を見ると、ナトリウム-強塩化物泉で、成分総計はなんと32gを越えています。十分に療養ができる温泉です。埼玉の百観音温泉と少し似た感じのお湯ですね。加水しているものの、これが掛け流しのお湯なのですから、なかなか素晴らしいお湯です。

自分はわざわざ2回乗り換えないといけないので、再訪するかは?ですが、近くの人にとっては比較的安価で入れる、いい温泉施設でしょう。なかなかの素晴らしいお湯でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

すいせんの香りに誘われて

14日は水仙の香りに誘われてちょっと天気が悪かったですが、水仙ロードを歩いてきました。

2008011401

安房勝山駅から歩き出します。天気は今ひとつ。もう少し明るくなってくれたら、と思いますが、無理みたいです。

2008011402

川沿いに歩いていると、もうこのあたりから水仙が咲いています。中が白いのはあまり見掛けないですね。

2008011403

普通に道の脇に咲いています。でもかなり寒そう。このあたりへ来て、こんなに寒いのは初めてです。

2008011404

水仙をたくさん眺めながら、のんびり江月へ向かいます。

2008011405_2

おっと菜の花もありました。天気がもう少し良くて明るければなぁ。残念。

2008011406

登っていくと、水仙がさらに増えます。

2008011407

水仙ロードに出ると、この寒いのにかなりの人出。天気が良ければ、もっと人が多かったでしょう。水仙は1束200円から300円くらいで売っていました。

2008011408

やはり本当に多いですね。香りもよく、短いけれど、楽しい花見でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

不意の浅間尾根

13日(日)は浅間尾根でした。

2008011301

本当は笹尾根を歩くつもりで早朝の電車に乗り、寝ぼけた頭でなにげなく武蔵五日市駅からバスに乗ったのですが、案内放送で藤倉行きって言うではありませんか!あっと思った瞬間バスの扉は無情にも閉まり、そのまま乗る羽目に。まあ、雪の笹尾根を目当てだったのに、ほとんど雪の雰囲気がないので、まあいいかと地図を広げて、行く先を探します。そういえば、払沢の滝に行ったことがないな、ということで浅間尾根に決定。

バス停で降りると意外に暖かく、払沢の滝はこの日は凍結度0%。昨日とか寒かったから少しは凍ったかな?

2008011302

久しぶりの茶屋からの眺め。御前山は雲がかかってますね。

2008011303

大岳山はよく見えていました。こっちから見ると、結構のっぺりしているんですね。

2008011304

雪も場所によっては残っていて、多少は降ったようですが、どちらかというと少しまぶした程度の所が多いです。

2008011305

浅間嶺からの遠望は雲取山でした。少し雪があるようですね。

2008011306

その先にはもう溶けかかっていましたが、霧氷だったようです。

2008011307

途中からの御前山の眺め。

2008011308

だいぶ文字が消えかかっていますが、馬頭観音がひっそりとありました。

2008011309

こちらは数馬分岐にあったもの。やはり石仏が多いですね。いつまでも見守っていて欲しいものです。

このあと、仲の平分岐まで歩き、中の平から数馬へ行ったら、なんとバスは2時間30分待ち。温泉でのんびり、ということも頭に浮かんだものの、さすがに2時間以上は潰せないなぁ、と結局歩くことにしました。車道を延々と歩いて、笹平まで歩いた所で足が痛くなったのでギブアップ。久しぶりに随分歩いた一日でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

山の本を探して

冷たい雨の降る本日は久しぶりに古書店巡り、といっても、神田の本屋さんをいくつか回っただけでした。

神田で山の本と言えば、外せないのが悠久堂書店。2階が山岳図書、植物図鑑などが置いてあります。新書と古書の両方があります。何ヶ月かに1回、見に行くのですが、そのたびに本が入れ替わっているので、結構売れているのでしょうね。レア本は見掛けたら買わないと次行くときはきっと無くなってますよ。自分は横山厚夫さんの本が好きなのですが、今日は前から買いたかった「一日の山・中央線私の山旅」を買ってきました。やはり、手離せない一冊になりそうです。

これまた小さな本屋さんで、お茶の水の駅から徒歩数分のギター屋の3階にある、茗渓堂に寄ってきました。今日は山田哲郎・横山厚夫「青空と輝く残雪の山々」を買いました。

ここは古書店ではなく、新書の本屋さんです。しかし、山の本しか置いてません。新書で買いたい山の本が近くになければ、ここへ行けば、ほとんど置いてあるはずです。かなりマイナーな地方出版の山の本や高山植物の図鑑などもあります。

出版社でもあり、昔からの名著も売ってます。最近の新刊をのぞけば、在庫のみなので、手に入れたい本があれば、すぐに買いましょう。買うとくれる案内には「静かなる山続編」が載っているのですが、お店の方に聞いたらもう売り切れとなっています。

冬の長い夜には、山の本を読んで過ごすのも、またいいものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊香保温泉露天風呂

せっかく早く下山したので、久しぶりに伊香保温泉に立ち寄ることにしました。

2008010509

ここはとても有名なので、伊香保に行かれたことがあれば、一度は入ったことがあるのではないでしょうか。露天風呂のみの源泉掛け流しの施設です。450円と安価でいいお湯に入れます。

伊香保のお湯と言えば、やはり、鉄臭い香り。でも、鉄泉はとっても温まるんですよね。この日はかなり寒く、外に立っているとすぐに体が冷えて凍える感じでしたが、ぬるめのお湯に浸かっていると、ぽかぽかと温まりました。湯口の近くはすぐに熱くなってしまうので、体が冷えている最初は湯口の近くに入り、温まったら、端の方のぬるめの所に長く浸かるのがお勧めです。ただし、土日だと、垣根越しにでかい声で何時に出るとか話をするカップルがいるので、ちょっとうるさいです。(^^;

いつもだと石段の湯のはしごをするところですが、久しぶりに1時間も浸かってしまったので、ふやけた体で人の多い石段街を下ってバス停に出ました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

武尊山を見に戸神山

5日は武尊山を見に群馬の戸神山に行ってきました。

沼田駅から迦葉山行きのバスに乗り、岡谷上バス停で下車します。しばらく歩いて登山道に入り、岩っぽい鉱山道を登ると、約1時間で山頂に着きました。

2008010501

山頂には石祠がありました。

2008010502

武尊山の素晴らしい眺め。

2008010504

望遠レンズを最大にすると、ファインダーには山頂近くにオレンジ色の点が見えました。登山者がいたのでしょうね。さすがに写真には写らなかったようです。

2008010503

三峰山に邪魔されているようで、谷川連峰はあまり見えないのが残念です。

2008010505 

高王山に向かうと少し雪があり、久しぶりの軽いスノーハイクになりました。写真は下発知への分岐付近。

2008010506

高王山頂は広場になっていますが、テレビ局のアンテナが占拠しています。眺めはなく、案内版があるので読んで見ると、昔は城があったようです。一般的にはここから林道へ戻って、下発知へ下りますが、テレビ局の巡視路を発知新田に下りました。

2008010507

バスが来るまで1時間もあったので歩いていると、下発知に利根錦の酒蔵がありました。せっかくなのでお酒を買い込み、結局、岡谷下バス停まで歩きました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

印西七福神巡り

ここ数年、正月のウォーキングは七福神巡りがマイブーム。ということで今年は千葉の印西七福神巡りに行きました。(新ハイの記事を参考にしました。)

2008010201

木下(きおろし)駅から歩き、まずは弁財天の厳島神社へ。お祈りしたら、お払いをしてくれました。寒い風の吹く道を歩き、布袋尊の最勝院跡へ。

2008010202

農地の広がる風景を見ながら、かなり遠い弁財天の浦辺観音寺へ。立派なお寺です。そのあとは毘沙門天の泉倉寺へ。

2008010203

宝珠院観音堂はかなり古い建物。茅葺きの屋根がなんともいい趣でした。

2008010204

すぐ先の泉倉寺で毘沙門天をお参り。さらにずいぶん歩いて大黒天を祭る長楽寺へ。さらにまた随分歩きます。

2008010205

足が痛くなった頃、福禄寿の宝泉院に着きます。ここまでくればもうあと少し。静かな雰囲気の恵比寿神を祭った三宝院にお参りし、車の多い道を歩いて上町観音堂の寿老人を最後に拝み、ようやく木下駅に戻ったときには、4時間20分もかかっていました。

2008010206

番外編ということで、最後は成田山にお参りし、締めくくりました。

これで今年もいい年になるといいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »