« 印西七福神巡り | トップページ | 伊香保温泉露天風呂 »

武尊山を見に戸神山

5日は武尊山を見に群馬の戸神山に行ってきました。

沼田駅から迦葉山行きのバスに乗り、岡谷上バス停で下車します。しばらく歩いて登山道に入り、岩っぽい鉱山道を登ると、約1時間で山頂に着きました。

2008010501

山頂には石祠がありました。

2008010502

武尊山の素晴らしい眺め。

2008010504

望遠レンズを最大にすると、ファインダーには山頂近くにオレンジ色の点が見えました。登山者がいたのでしょうね。さすがに写真には写らなかったようです。

2008010503

三峰山に邪魔されているようで、谷川連峰はあまり見えないのが残念です。

2008010505 

高王山に向かうと少し雪があり、久しぶりの軽いスノーハイクになりました。写真は下発知への分岐付近。

2008010506

高王山頂は広場になっていますが、テレビ局のアンテナが占拠しています。眺めはなく、案内版があるので読んで見ると、昔は城があったようです。一般的にはここから林道へ戻って、下発知へ下りますが、テレビ局の巡視路を発知新田に下りました。

2008010507

バスが来るまで1時間もあったので歩いていると、下発知に利根錦の酒蔵がありました。せっかくなのでお酒を買い込み、結局、岡谷下バス停まで歩きました。

« 印西七福神巡り | トップページ | 伊香保温泉露天風呂 »

登山(谷川・榛名・群馬)」カテゴリの記事

コメント

リブルさん、こんばんは~。

またまた、同じような風景を、今度は一日違いで見ていましたね。

6日は雲ひとつ無く、上州武尊はもちろん、谷川連峰もクッキリでしたよ。西高東低だと谷川は雲の中ということが多いのですが、六日は関東甲信越がすっぽり高気圧におおわれて、谷川岳までよく見えました。

戸神山は私も18きっぷで行きたいと思っていたところです。次回の北関東はまたリブルさんの追っかけになっちゃうかもしれません(笑)。。。

ゴン太さん、こんにちは。

ゴン太さんも群馬だったんですね。この日も谷川連峰は真っ白で、写真は撮らなかったですけど沼田駅から素晴らしい眺めでした。あんなにも真っ白でくっきり見えたのは初めてでした。

この山だけだとちょっと物足りないのが残念です。最初は川場の後山(ヤブ山)と合わせて歩こうかと思ってましたが、温泉に行きたくなって止めちゃいました。下って下発知のバス停へ行ったら、迦葉山行きのバスも来たので、セットで歩けると思いますよ。迦葉山を先にした方がよさそうですけど。自分は迦葉山は前から計画しているルートがあるので、まだ行ってないのですが、このあたりはヤブ山がたくさんあるし、計画するのも楽しいですね。後はバスがもう少し使える時間だといいんですけどね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 武尊山を見に戸神山:

« 印西七福神巡り | トップページ | 伊香保温泉露天風呂 »

フォト

山の本

  • 冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集

    冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集
    元の本は冠松次郎氏の山行記録が五冊に分かれ、八十八編も収録されているようですが、この本はそのうちの主要な二十二編を収録しているようです。それでも600ページ以上あり、読むのにもかなり骨が折れました。たっぷりと冠氏の世界に浸れる本だと思います。

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

無料ブログはココログ

カウンタ