« 湯村温泉 | トップページ | 武尊山を見に戸神山 »

印西七福神巡り

ここ数年、正月のウォーキングは七福神巡りがマイブーム。ということで今年は千葉の印西七福神巡りに行きました。(新ハイの記事を参考にしました。)

2008010201

木下(きおろし)駅から歩き、まずは弁財天の厳島神社へ。お祈りしたら、お払いをしてくれました。寒い風の吹く道を歩き、布袋尊の最勝院跡へ。

2008010202

農地の広がる風景を見ながら、かなり遠い弁財天の浦辺観音寺へ。立派なお寺です。そのあとは毘沙門天の泉倉寺へ。

2008010203

宝珠院観音堂はかなり古い建物。茅葺きの屋根がなんともいい趣でした。

2008010204

すぐ先の泉倉寺で毘沙門天をお参り。さらにずいぶん歩いて大黒天を祭る長楽寺へ。さらにまた随分歩きます。

2008010205

足が痛くなった頃、福禄寿の宝泉院に着きます。ここまでくればもうあと少し。静かな雰囲気の恵比寿神を祭った三宝院にお参りし、車の多い道を歩いて上町観音堂の寿老人を最後に拝み、ようやく木下駅に戻ったときには、4時間20分もかかっていました。

2008010206

番外編ということで、最後は成田山にお参りし、締めくくりました。

これで今年もいい年になるといいな。

« 湯村温泉 | トップページ | 武尊山を見に戸神山 »

七福神巡り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 印西七福神巡り:

« 湯村温泉 | トップページ | 武尊山を見に戸神山 »

フォト

山の本

  • 冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集

    冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集
    元の本は冠松次郎氏の山行記録が五冊に分かれ、八十八編も収録されているようですが、この本はそのうちの主要な二十二編を収録しているようです。それでも600ページ以上あり、読むのにもかなり骨が折れました。たっぷりと冠氏の世界に浸れる本だと思います。

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

無料ブログはココログ

カウンタ