« 楽天地天然温泉 法典の湯 | トップページ | 藤尾からの笹尾根 »

小野上温泉

先日、風邪なのに小野上温泉に行ってしまいました。

2008011901

小野上温泉駅を降りたら、この状況。ええっ、やってないの!?電車は1時間に1本しかないし、どうしよう???

って、ちょっと思いましたが、左に通路が出来ていて、それを通ると、しっかり営業していましたのでほっとしました。新しい施設を建設中なのです。今年の夏頃には出来る予定のようです。ここには随分通っているので、あのお風呂が変わってしまうのは少し寂しい気もしますが、新しい施設もこじんまりとしている方がいいなぁ。

お湯は何度も紹介していますが、ナトリウム-塩化物泉です。飲泉所のお湯はわずかに硫黄の香りを含んでいますが、お風呂では飛んでしまっているようで香りはありません。それでも、ぬるぬるになるいいお湯です。入浴料も2時間400円と安価です。

2008011902

小野上温泉の駅舎。以前は民間委託の駅員さんがいたのですが、今は無人になっているようでした。

結局、帰った後、風邪をこじらせ寝込むことに。温泉は慢性の病気には効きますけど、急性の病気は悪化させることがありますので、避けた方が無難ですね。

« 楽天地天然温泉 法典の湯 | トップページ | 藤尾からの笹尾根 »

温泉(関東)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小野上温泉:

« 楽天地天然温泉 法典の湯 | トップページ | 藤尾からの笹尾根 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

無料ブログはココログ